映画情報どっとこむ

11月 14日(土)より新宿シネマカリテ他にて公開の映画『ムーン・ウォーカーズ』。

「アポロ11号の月面着陸映像は捏造で、実はスタンリー・キューブリック監督が撮影したものだった…?!」という有名な都市伝説の裏側を描いた、最高にスノッブでブラックなドタバタコメディのメイキング映像が、公開日の今、日本に到着しました!
ムーンウォーカー

本作の着想から、ロン・パールマンやロパート・グリントの起用についての監督インタビュー、そして捏造映像を作るスタジオの美術についてのプロダクションデザイナーのこだわり、偽キューブリックを演じたロバート・シーハンが語る撮影現場のエピソードや映画の見所について、映画の「ウラ情報」が盛りだくさんのメイキング映像です。

もし仮にアポロ 11号の月面着陸計画が失敗していて、実際はアメリカ政府の依頼でスタンリー・キューブリック監督が月面着陸の映像を撮影していたとしたら…。

この人類史上最大の陰謀説を大胆に脚色したノンストップコメディアクションが誕生。60年代の「スウィンギング・ロンドン」と呼ばれた若者カルチャー全盛のロンドンを舞台に、キューブリックを見つけられず挙げ句の果てに借金まみれのダメ男(ルパート・グリント)とタッグを組んで世紀の捏造計画に挑まざるを得なくなった CIA諜報員(ロン・パールマン)のドタバタ活劇を描いています。

プロデューサーはミシェル・ゴンドリー作品のジョルジュ・ベルマン、監督には CM界の巨匠アントワーヌ・バルドー=ジャケがついにメガホンを取った。

ベトナム戦争帰りのヤバい CIA諜報員と、借金まみれのダメ男。世紀のアポロ”捏造”計画は、コイツらに託された!!
1969年、なかなか月面着陸を成功出来ない NASAを見かねた米政府は、映画「2001年宇宙の旅」のキューブリック監督に月面着陸映像の捏造を依頼するため、CIA諜報員・キッドマン(ロン・パールマン)をロンドンに送り込んだ。しかし、ベトナム戦争帰りで映画に全く詳しくないキッドマンは、偶然キューブリックのエージェントオフィスにいた借金まみれのダメ男・ジョニー(ルパート・グリント)に莫大な制作費を騙し取られてしまう。すぐに自分が騙されたことに気づき奪い返しに向かうがー。次第にロンドンのギャングやヒッピー、そして CIAまでもが入り乱れ修羅場と化していく中で、果たして彼らは世紀の”捏造”計画を成功させることができるのかー?

映画『ムーン・ウォーカーズ』
原題:MOONWALKERS

********************************************************************

製作:ジョルジュ・ベルマン『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』
監督:アントワーヌ・バルドー=ジャケ
出演:ルパート・グリント『ハリー・ポッター』シリーズ/ロン・パールマン『パシフィック・リム』『ヘルボーイ』シリーズ/ロバート・シーハン
「Misfits/ミスフィッツ」(TVドラマ)
【2015/フランス・ベルギー/英語/94分/シネスコ/カラー/】
提供:日活、バップ
配給:日活、CAMDEN
宣伝:CAMDEN
(c)Partizan Films-Nexus Factory -Potemkino 2015
  

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ