『シャーロック・ホームズ』シリーズのガイ・リッチー監督が、「0011ナポレオン・ソロ」を、新たな視点で描くスパイ・サスペンス・エンターテイメント『コードネーム U.N.C.L.E.』がいよいよ、今週11月14日(土)より全国にて公開となります。

今回、公開直前試写会に政治学者で安全保障研究を専門とし、インテリジェンス研究にも精通、「CIA 失敗の研究」の著者でもある落合浩太郎先生を迎えたマル秘スパイ講座付きの試写会を実施されました!

落合先生から繰り出すスパイあるあるに観客は興味深々!質問コーナーも大盛り上がりのイベントとなりました!

落合浩太郎コードネームUNCLEa

『コードネーム U.N.C.L.E.』
スパイ講座付き公開直前特別試写会イベント

日程:11月10日(火) 
ゲスト:落合浩太郎  
場所:ワーナー・ブラザース試写室

2015年はスパイ映画の当たり年!『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』、『キングスマン』が公開され、12月には『007 スペクター』の公開も控えています。

落合先生:2001年に起こった同時多発テロが起きてから、スパイを題材とする作品は多くなった気がします。実際のスパイ活動も頻繁になったし、なにより世間の関心も増えましたよね。

と言及。

MC:CIAとKGBが力を合わせて世界を救う!というストーリー展開となっている本作。実際にアメリカとロシアが手を組むことはあり得るのか?

落合先生:互いの情報や人材の奪い合いはあるかもしれないけど、普通はあり得ないでしょうね。

と断言。

落合先生:アーミー・ハマー演じるKGBのスパイ、イリヤ・クリヤキンが一番リアル。その理由は元KGBプーチン大統領のように眼が笑っていない殺気だっているところはそっくりですね。

MC:ヘンリー・カビル演じる、ナポレオン・ソロのようなイケメンスパイは?

落合先生:いないだろでしょうね。スパイは目立ってはいけないものなので、基本的に美男美女はNGという規定があるんです。例外もあります。その例として、ゾルゲ事件で有名なリヒャルト・ゾルゲは、イケメンでバイクを乗り回し、奥さん、愛人、恋人も何人もいたというプレイボーイであったといいます。

MC:『ミッション:インポッシブル』のトム・クルーズ演じるイーサン・ハントのようなスパイはいるのか?

これに対しては、実際にCIAで働いたことのある女性の経験談を踏まえて説明。

落合先生:トム・クルーズのような愛国心に溢れるスパイはいなかった。ランチや休憩時間などに、みんな給料や昇進の話ばかりして、いかにも官僚的だったそうですよ。

MC:CIAとKGBの違いは?

落合先生:CIAはハイテク、KGBの方がプロフェッショナル。冷戦ではアメリカが勝ったけど、スパイに関しては、KGBの方が上手ですね。美人すぎるスパイで有名なアンナ・チャップマンが捕まったとき、元KGBが「いつから我が国はこんな素人を使うことになったんだ。僕は6カ国語しか使えないけど。」とコメントしたんです。プライドの高さが上手である理由なのではないかとおもいます。

MC:“スパイ”はジャンルとして定着するほどたくさんの作品がありますが、そもそもスパイは身近にいるものなのか?大抵の国ではスパイ組織は存在するといいますが、日本はスパイ組織がない珍しい国なんだそうで、

落合先生:実際にいるとしたら、例えば病院に勤める看護師が政府のお偉いさんのカルテ情報を盗むとかでしょうか。あとは、日本は技術大国なので、産業スパイはいるのではないですかね。

落合浩太郎コードネームUNCLEb

質問コーナーでは多くの観客から手が上がり、

Q:実際のスパイは家族にも身分を隠すのか?
落合さん:公務員って言っていたけど、亡くなるときに、実はスパイだったと明かすことは実際にあったそうです。

Q:お給料は?
落合さん:基本公務員だから安いですよ。でも、技術スパイは2倍違うでしょね。

Q:本作のようにスカウトはされるものですか?

落合さん:あります。大学の新卒を採用することもありますが、転職組も多く、警察、軍人が一番多いといわれています。身体もつくられているし、技術も長けているでしょ。

と説明、観客は興味深々の様子で聞き入る様子が伺えました。

最後に本作について、

落合さん:この作品はわかりやすく、しっかりエンターテイメントなのに、シリアスな部分もあり、リアルなスパイの世界が描かれている。2時間全く飽きなかったです。ガイ・リッチー的な粋なセリフと音楽もとにかく最高で、とても楽しめました。

と太鼓判!スパイ研究家も認める作品であることが証明されました。
コードネームアンクル_ポスター

そんな先生が楽しんだ物語は・・・

舞台は東西冷戦の真っただ中の1960年代前半。米中央情報局(CIA)エージェントのソロと、ソ連国家保安委員会(KGB)エージェントのクリヤキンは、長年の敵対感情をひとまず忘れ、謎の国際犯罪組織撲滅の合同任務に乗り出す。その組織は、核兵器と技術の拡散によって、世界の勢力バランスを揺るがし、破壊へと導こうと企んでいた。ふたりにとっての手がかりは、その犯罪組織に潜入するための鍵となる失踪したドイツ人科学者の娘だけ。彼女を守りながら、彼らは時間切れになる前に科学者本人を捜しださなければならない。考え方もやり方も何もかも正反対の2人。果たして彼らは核爆弾大量生産の危機から世界を救えるのか!?

『コードネーム U.N.C.L.E.』

2015年11月14日(土) 全国ロードショー

公式サイト: http://wwws.warnerbros.co.jp/codename-uncle/

********************************************************************

監督:ガイ・リッチー 
脚本:ガイ・リッチー&ライオネル・ウィグラム
製作:ジョン・デイビス、スティーブ・クラーク=ホール、ライオネル・ウィグラム、ガイ・リッチー 
製作総指揮:デイビッド・ドブキン

キャスト:ヘンリー・カビル、アーミー・ハマー
アリシア・ヴィキャンデル、エリザベス・デビッキ 、ジャレッド・ハリス、ヒュー・グラント

配給:ワーナー・ブラザース映画 
(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ