2016年GWに全国公開予定の『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』。

現代劇初挑戦の野村萬斎が、残留思念(物や場所に残った人間の記憶や感情など)を読むことができる元・お笑い芸人で人間嫌いの仙石和彦を熱演。宮迫博之が口は悪いが仙石が唯一、本音でぶつかれる元相方の丸山竜司を演じています。

そして今回、本作の野村萬斎さんと宮迫博之さんの2人が、かつて組んでいた芸人コンビ・マイティーズの衝撃の初ビジュアルが解禁!!

野村さん、宮迫さんのコメントも到着しています!

■これが伝説の芸人コンビ・マイティーズのポスタービジュアル!!
一つは劇中にも登場するマイティーズのポスター。
マイティーズポスターそこには、仙石の残留思念の能力を使い、日本中を湧かせていた“かつて”を彷彿とさせる派手な紫色のギラギラのスーツを着た丸山と、まるで探偵のような服装に分厚い手袋をはめている仙石の姿が。丸山を演じた宮迫博之は芸人のイメージと変わらぬ飄々とした表情を浮かべ、一方、仙石を演じる野村萬斎は独特な髪型に違和感たっぷりの雰囲気を漂わせる・・・。初の現代劇の挑戦である野村だが、それ以上に、今にまで見たことのない衝撃的なビジュアルを披露しています。ド派手なインパクトにどのような芸風なのか、これまでにないコンビの化学反応に期待が集まります。

■日本中が熱狂!?マイティーズの十八番ネタ披露中!?
もう一つは劇中の場面の一コマ。“笑撃エンタ共和国”と書かれた看板を背に、マイティーズが舞台でネタ披露中しているワンシーン。マイクを手にいきいきとした表情の丸山とは真逆に、浮かない顔をしている仙石。

観客の方へ指を指す丸山と、右手の分厚い手袋を外している仙石の姿を見るに、マイティーズの十八番ネタである仙石の“能力”を披露しようとしていることがわかります。果たして、残留思念を読み取るという特殊能力を使った芸風はどのようなものなのか、そして、どのように観客の心を掴んでいたのか…。さらに、このステージで仙石が読み取るものは一体何なのか・・・?今ではその能力の代償に精神をすり減らし、コンビ解散していることから貴重な場面らしい・・・

マイティーズ劇中ビジュアル

<野村萬斎さん コメント>
宮迫さんの漫才の呼吸と僕の狂言の呼吸が同じテンポの良さを持ったり、時には間をもってひゅって投げたり、そういうキャッチボールの面白さを感じながら、息の合った漫才ができたと思っています。また、正直言って台本がないシーンも多く、基本アドリブでやってました。(笑)彼は本業ですからどんどんツッコミを入れて来て、僕がぼけたりしながらやっていったのは面白かったですね。そのシーンは、エキストラの方しか観ていないのですが、その場にいた皆さんは楽しんで下さったようです。
(今までにない衣裳について)ハロウィンのようなコスプレ感を楽しみました。普段の私とのギャップをご期待ください。

<宮迫博之さん コメント>
(野村萬斎さんと舞台で漫才をされて)本当のコンビ(雨上がり決死隊)と同じ立ち位置でしたので、違和感なく役に入ることができ、初めてとは思えない程、自然に演じることができました。ギラギラした派手な衣裳を着て、昭和初期の漫才師の気分になれて、新鮮な気持ちでした。
もし、マイティーズのような能力を持ったコンビがいたら、日本のみならず世界をまたにかけた活躍も夢ではないと思います!

実は本作人気の製作スタッフが集結してます!!

●『ALWAYS 三丁目の夕日』など、ヒット作を生み出し続ける人気脚本家・古沢良太、渾身の書き下ろし!
●常にエンターテインメントの前線で抜群の演出力を魅せる金子修介監督がメガホンを握る!

●企画は『相棒』『探偵はBARにいる』の生みの親・須藤泰司!

映画『スキャナー 記憶のカケラをよむ男』

2016年GW全国ロードショーです。
公式サイト:scanner-movie.jp

(C)2016「スキャナー」製作委員会

********************************************************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ