ガイ・リッチー監督が新たなバディムービーを生み出した!それは1960年代の超人気TVシリーズ「0011ナポレオン・ソロ」を、新たな視点で描くスパイ・サスペンス・エンターテイメント『コードネーム U.N.C.L.E.』が11月14日(土)より全国公開となります。

本作のキーワードである“史上最強にして禁断のコンビ”にちなみ、芸能界で手を組むことなどありえないとにかく明るい安村さんと、“吉本の福山雅治” こと大山英雄さんが新コンビ「コードネーム あんぐる」を結成!
「全裸に見えるポーズ」、「福山雅治さんに見えるポーズ」と、どちらもアングルにこだわったネタをもつ2人に映画オリジナルの新ネタを披露!!

さらに見えそうで見えない禁断のアングルをもつ橋本マナミさんも登場し、映画の1シーンである女性のガーターベルトに盗聴器を仕掛けるシーンをそれぞれ橋本さん相手に再現!

コードネーム

果たしてどちらのスパイが橋本さんのハートを射止めたのか!?

『コードネーム U.N.C.L.E.』 公開直前特別試写会イベント

日程:11月5日(木) 
場所:よみうりホール
ゲスト:とにかく明るい安村、大山英雄、橋本マナミ

安村さんと大山さんが、いつものセリフで登場。

安村さん:安心してください 履いてますよ!

大山さん:サンキュー、実に面白い。安心してください。偽物ですよ。

MC:今回コンビを組んでいただいたんですよね?

安村さん・大山さん:コンビ名はアングルです!アンクルにひっかけてね。

安村さん:この角度アングルなら見えないを追及してるので。
大山さん:福山さんのどのアングルなら似るのか研究しているので。

MC:禁断のアングルネタを披露お願いします。

安村さん:音楽、カモーン!!
コードネーム_安村a
コードネーム_安村b

安村さん:安心してください。履いてますよ。
コードネーム_安村

大山さん:安心してください。大山ですよ。
コードネーム_大山a

MC:スパイ映画では美女が必要!!禁断のアングルを持つ女性が登場!

橋本マナミさんが登場!
コードネーム_橋本マナミ
橋本さん:映画が60年代なので、そのようなファッションで。とてもお洒落で。登場人物が魅力的なんです。わたしの好みはソロですね。お調子者で女性にだらしない。くすぐられます。

MC:本作劇中で、盗聴器を女性のガーターベルトに仕掛けるシーンを再現していただきます。

橋本さん:優しくつけてね。
コードネーム_橋本マナミc

橋本さん:ちぃ兄ちゃん痛くしないでね。
コードネーム_橋本マナミd

MC:どちらがスパイとして良かったですか?

橋本さん:安村さんのつけ方はアングルが良かったけど、スパイとしては大山さんの方が良かったと思います。

MC:最後にこれから映画を鑑賞する方へ!

安村さん:車やボート、バイクなどの乗り物を乗りこなすシーンやアクションの迫力が凄くカッコいいので、ぜひ注目して観て下さい!

大山さん:スパイ映画が沢山公開される今年の中で珍しいコンビもの、二人の掛け合いがとても面白かったのでそこにも注目してください。

橋本さん:めちゃくちゃオシャレで、スパイ映画というと男っぽいイメージがありましたが、とてもオシャレでカッコいい。カップルで観るデートムービーとしてもぴったりだと思います。

と見どころポイントをアピール!
とにかく明るいスッパイ舞台挨拶となりました!
コードネーム2

舞台は東西冷戦の真っただ中の1960年代前半。
コードネームアンクル_ポスター米中央情報局(CIA)エージェントのソロと、ソ連国家保安委員会(KGB)エージェントのクリヤキンは、長年の敵対感情をひとまず忘れ、謎の国際犯罪組織撲滅の合同任務に乗り出す。その組織は、核兵器と技術の拡散によって、世界の勢力バランスを揺るがし、破壊へと導こうと企んでいた。ふたりにとっての手がかりは、その犯罪組織に潜入するための鍵となる失踪したドイツ人科学者の娘だけ。彼女を守りながら、彼らは時間切れになる前に科学者本人を捜しださなければならない。

考え方もやり方も何もかも正反対の2人。果たして彼らは核爆弾大量生産の危機から世界を救えるのか!?

コードネーム U.N.C.L.E.

2015年11月14日(土) 全国ロードショーです。

公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/codename-uncle/

********************************************************************

監督:ガイ・リッチー 

脚本:ガイ・リッチー&ライオネル・ウィグラム
製作:ジョン・デイビス、スティーブ・クラーク=ホール、ライオネル・ウィグラム、ガイ・リッチー 

製作総指揮:デイビッド・ドブキン
キャスト:ヘンリー・カビル、アーミー・ハマー、アリシア・ヴィキャンデル、エリザベス・デビッキ 、ジャレッド・ハリス、ヒュー・グラント

配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC ALL RIGHTS RESERVED.
  

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ