ボカロ発、卒業ソングの映画化。
2016年春に公開「桜ノ雨」。

本作は第28回東京国際映画祭で “パノラマ部門”の上映作品に選ばれ、生合唱イベントと舞台挨拶が行われました。
IMG_9665

◆六本木ヒルズアリーナ生合唱イベント
日時:10月30日(金)
場所:六本木ヒルズアリーナ
登壇:山本舞香、広田亮平、久松郁実、halyosy、ウエダアツシ監督、合唱部員

山本舞香さん、広田亮平さん、久松郁実さんは劇中の学生服で登場。

山本さん:原作を読もうかとも思ったのですが、自分なりな感じにしたかったんです。初めて内気な役だったので演技の振れ幅が出来て楽しめました。ただ、歌が苦手だったのに、ソロパートを歌うことになって・・・で、この映画で歌が好きになりました。自信が付きました。ちょっと前進できました。この曲を歌うと、自然と涙が出てくるんですよ。本当にいい歌なんです。
IMG_9485

広田さん:曲は、音源をもらって、涙があふれるようないい曲だなと思いました。人前で歌うのが初めてだったので緊張して。でもすごい経験になりました。
IMG_9560

久松さん:とっても素敵な曲だなと。練習の時も歌うたびに感情が入って。楽しかったです。
IMG_9507

MC:監督が苦労したところは?

監督:僕がそんなに譜面が読めない。でも譜面を観ながらカット割りして撮影して。スタッフに助けてもらいました。キャストには2か月ほど歌の練習をしてもらい。僕は、高校の合唱部をリサーチしました。
IMG_9556

Halyosy:部屋の中でこもって作った曲がこんな晴れ舞台に。凄く嬉しいです。
IMG_9530

最後にキャストと劇中の合唱部員、総勢40人で「桜ノ雨」生合唱を披露しました!
IMG_9601

すると、桜ノ雨を歌うと泣いてしまうという山本さんは目に一杯の涙が!
リアルなのか?それとも凄い女優を目の当たりにしているのか・・・
IMG_9647

その後、屋外アリーナから劇場に移動して舞台挨拶が行われました。

◆舞台挨拶
日時:10月30日(金)
場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ
登壇:山本舞香、浅香航大、広田亮平、久松郁実、halyosy、ウエダアツシ監督

舞台挨拶は、思い思いな自前のハロウィン衣装で登場!
そして浅香航大さんもここから合流しました!
IMG_9726
IMG_9828

主演の未来役は、山本舞香。未来が想いを寄せるハル役を、浅香航大が演じます。広田亮平が蓮役を、CanCam専属モデルの久松郁実が瑠華役を演じ、フレッシュな新世代キャストが集結!監督は、青春映画『リュウグウノツカイ』(13)で劇場デビューを果たした新鋭・ウエダアツシ。四季折々のオール静岡ロケを敢行し、雄大な自然を背景にした抒情的な映像美で、郷愁を呼び起こす温かな物語を紡ぎました。

映画「桜ノ雨」は2016年春に公開です。

********************************************************************

出演:山本舞香 浅香航大
広田亮平 久松郁実 三浦透子 井上由貴 中村大樹 きそひろこ
田畑智子 奥貫 薫
原作・原案:halyosy
製作総指揮:吉田尚剛
脚本:小林弘利
監督:ウエダアツシ
製作:『桜ノ雨』製作委員会
制作プロダクション:デジタル・フロンティア
企画・配給:AMGエンタテインメント
(C) 2015 halyosy、藤田遼、雨宮ひとみ、スタジオ・ハードデラックス/PHP研究所/『桜ノ雨』製作委員会
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ