森田芳光監督、伝説の劇場デビュー作『の・ようなもの』。
公開から35年の時を経て、いま届けたい、優しくて温かいメッセージ。
の・ようなもの のようなもの

森田芳光監督。
2011年暮れの急逝から、4年。なんと、輝かしい伝説の幕開けとなった劇場デビュー作『の・ようなもの』の35年後を描く完全オリジナルストーリーがこの冬公開となります。

の・ようなもの

の・ようなものポスター舞台は古き良き下町、谷中。生真面目なばかりでサエない落語家・志ん田が、落語を捨て気楽に生きる兄弟子・志ん魚と出会い、悩みながらも自分らしく生きる楽しさを知っていく―。落語を続けるのが幸せ?やめて新しい道を探す?好きなあの娘との恋は?いくつもの人生の岐路に立たされた志ん田が出した答えとは?

一度は落語を辞めた男の再生。そこに、明日の見えない毎日をひたむきに生きる青年の純情が重なり、一途なひとびとの「やさしさ」が、さらりと浮かび上がる。落語家たちの世界で繰り広げられる、まるで落語のように心温まる物語・・・

主演の志ん田役には、森田監督の遺作『僕達急行 A列車で行こう』の松山ケンイチさん。志ん田を振り回しながらも優しく見守るヒロインの夕美に『間宮兄弟』の北川景子さん。そして前作と同じ役で伊藤克信さん、尾藤イサオさん、でんでんさんらも顔を揃え、さらには森田作品ゆかりの豪華キャストが「まさか」の役どころで姿をあらわします。

の・ようなもの1

では監督は?
『の・ようなもの』以降、森田作品を助監督として支え続けた杉山泰一さん。脚本は、こちらも森田作品の助監督を経て、昨年『ショートホープ』で監督デビューを飾った堀口正樹さんによるもの。

の・ようなもの3
人それぞれ違うけれど、みんな何かになりたくて、でもなりきれない、まさに“の・ようなもの”たちだらけの現代。それでも昨日より今日、今日より未来へ向かって前向きに生きていく楽しさ、素晴らしさを、すべての“の・ようなもの”の方たちに届けたい。天国の名匠も、ふんわり微笑むような、オマージュを超えた、新しい「青春映画」がここに誕生です。

の・ようなもの のようなもの
2016年1月16日(土)新春ロードショー

公式サイト:http://no-younamono.jp/

現在開催中の第28回東京国際映画祭初日のレッドカーペットに、本作から松山ケンイチさん、北川景子さん、尾藤イサオさん、でんでんさん、杉山泰一監督が登壇していました。
の・ようなもの東京国際映画祭1
の・ようなもの東京国際映画祭2
丁寧に際に応じる松山さんと北川さん。

********************************************************************

原案:森田芳光
松山ケンイチ   北川景子
伊藤克信 尾藤イサオ でんでん 野村宏伸
鈴木亮平 ピエール瀧 佐々木蔵之介 塚地武雅 宮川一朗太 鈴木京香 仲村トオル 笹野高史 内海桂子 三田佳子

監督:杉山泰一 脚本:堀口正樹
音楽:大島ミチル
主題歌:「シー・ユー・アゲイン雰囲気」尾藤イサオ/作詞:タリモ
作曲:濱田金吾(ユニバーサル ミュージック)
製作総指揮:大角正 
製作代表:高橋敏弘 佐野真之 安田猛 矢内廣
プロデューサー:三沢和子 池田史嗣 古郡真也 
キャスティングプロデューサー:杉野剛 
アソシエイトプロデューサー:竹内伸治 
ラインプロデューサー:橋本靖
撮影:沖村志宏 美術:小澤秀高 
照明:岡田佳樹 録音:高野泰雄 
編集:川島章正
衣装:宮本まさ江 スクリプター:森永恭子 音響効果:伊藤進一
落語指導:古今亭志ん丸 助監督:増田伸弥 制作担当:福井一夫
製作:松竹 アスミック・エース KADOKAWA ぴあ 
企画協力:ニューズ・コーポレイション
制作プロダクション:FILM 配給:松竹
1時間35分/ビスタ/2016年/日本
(C)2016「の・ようなもの のようなもの」製作委員会
 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ