実写映画化した『パディントン』が、2016年1月15日(金)に待望の日本公開!

そして、世界中の人々に愛され、笑顔と幸せを届けてきた主人公パディントンの日本語吹き替えを松坂桃李さんが担当。本日10月26日(月)、公開アフレコ会見を都内スタジオで実施しました!

パディントンを意識して、ネクタイの色を、彼のトレードマークでもある帽子の赤色に合わせました

と、映画史上もっとも紳士なクマのパディントンに負けないくらいの英国紳士な出で立ちで登場した松坂さんが、初めてパディントンの声を披露しました。

松坂桃李アフレコ

映画『パディントン』アフレコ会見
日時:10月26日(月)
登壇者:松坂桃李(パディントン役)

『パディントンがロンドンに来て、最初にブラウン一家に出会うシーン』『謎の美女ニコール・キッドマン演じるミリセントが、パディントンを捕獲しようとブラウン家に潜入する、ハラハラ且つコミカルなシーン』と2シーンの公開アフレコを終えた松坂さん。

Q.声優発表の際、洋画の吹き替え初挑戦.で、しかも役がクマということで困惑をされて、不安だったと言われていましたが、実際にやられてみていかがでしたか?

松坂さん:本当にいろんな役をこれまで経験してきましたが、「次はクマ」と聞いて「わお!クマか」って(笑)。クマといえばやっぱり有吉さんじゃないなかと思いつつ、ありがたくお話を受けました。声のキーをあげるよう意識してやっているので、声の体力的に撮影できて一日4時間くらいだったので、少しもどかしかったです。また、クマの唇の動きが人間と違って、わかりづらいところもあって、苦労しました。

Q.パディントンの印象、魅力はいかがでしたか?また、パディントンを演じるにあたり、どんなところに気を付けましたか?

松坂さん:とにかく可愛いですよね!紳士的かつ好奇心がとても強いところがかわいい。歯ブラシやドライヤー、食べ物など見るもの全てに驚く、動き一つ一つがとても愛くるしいです。特に目が可愛いですし、クマにダッフルコートと帽子を合わせる発想も素晴らしいですよね(笑)演じるうえでも、パディントンは見るものすべてが初めてだということを意識して、自分もドライヤーや歯ブラシを初めて見た時のような新鮮な気持ちで臨むようにしました。風を生み出すこれ(ドライヤー)は一体何なんだ?!って。

Q.世界中で知られているパディントンですが、松坂さんはご存じでしたか?

松坂さん:イラストは知っていましたが、詳しい物語は知らなかったので、吹き替えを通して彼の魅力を知ることができて嬉しかったです。

Q.松坂さんの本篇でお気に入りのシーンは?

松坂さん:スリを働いている男が誤って財布を落とすシーンで、パディントンは真面目なのでスリだと気づかずに「落とし物ですよ」って追いかけていくところがあって。逃げるスリに、追うパディントンの画が本当にコミカルで、面白かったです。

Q映画の見所を含めたメッセージをお願いします!

松坂さん:年明けに観ていただくにはふさわしい映画です。ロンドンの情緒的な雰囲気と近代的な建物内のシーンがちょうど良く合わさっていて、観ていて心地良いですし、お子さんだけでなく、大人も楽しめる、自然とほっこりした笑顔になれる物語です。いろんな方々に観ていただいて、年明けに笑顔になってもらいたいです。

会見後にはロンドンから駆けつけたパディントンがスタジオに!帽子を押さえて会釈をしながら登場したパディントンを、松坂さんも笑顔で迎え入れ、“日英のパディントン” 紳士な2人による写真撮影が行われました。
松坂桃李とパディントン

映画『パディントン』

公式サイト:paddington-movie.jp
公式twitter:@eigapaddington 

********************************************************************

作品概要
映画史上一番紳士なクマに、 ハッピーと笑顔があふれ出す!
イギリス・ロンドン。真っ赤な帽子を被った小さな紳士が、家を探しにはるばるペルるペルーからやってきた。丁寧な言葉づかいで道行く人に話しかける彼だったが、なぜか誰からも相手にしてもらえない。 それは・・・彼が“クマ”だから!やっと出会った親切なブラウンさん一家に“パディントン”と名づけられ、屋根裏に泊めてもらうことになる。そうして始まった初めての都会暮らしはドタバタの連続!

果たしてパディントンは無事に家を見つけることができるのか―!?そして、そこには、もっと素敵な何かが待っていた・・・!

出演:ベン・ウィショー(声の出演)、ニコール・キッドマン、ヒュー・ボネヴィル、サリー・ホーキンス ほか
監督:ポール・キング
製作:デヴィッド・ハイマン『ハリー・ポッター』シリーズ
原作:マイケル・ボンド  
© 2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS PRODUCTION S.A.S Paddington Bear™, Paddington™ AND PB™ are trademarks of Paddington and Company Limited
    

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ