『エベレスト 3D』来日記者会見@東京国際映画祭


遭難した気になると話題の体感型、世界最高峰サバイバル映画

標高8,848M そこは、人間が存在できない《死の領域》

映画『エベレスト 3D』11月6日(金)より全国公開となりますが、

現在行われている第28回東京国際映画祭で『エベレスト 3D』が特別招待作品として上映されることを受け、バルダザール・コルマウクル監督と唯一の日本人登山参加者、難波康子役の森尚子さんが来日され、来年3月に公開を予定している『』と共に、2作品合同での「EVEREST フレンドシップ会見」が行われました。

エベレスト3D会見
『エベレスト 3D』EVEREST フレンドシップ会見 
日程:10月25日(日) 
場所:六本木ヒルズ49F タワーホールA

第一部 『エベレスト 3D』来日記者会見
ゲスト:バルダザール・コルマウクル監督、森尚子 

第二部 『エヴェレスト 神々の山嶺』製作過程報告会見
ゲスト:角川歴彦製作代表、平山秀幸監督、夢枕獏様、駐日ネパール大使:マダン クマール バッタライ大使

第三部 2作品合同会見
ゲスト:バルダザール・コルマウクル監督、森尚子、角川歴彦製作代表、平山秀幸監督、夢枕獏様、駐日ネパール大使:マダン クマール バッタライ大使

第一部 『エベレスト 3D』来日記者会見にバルダザール監督と森さんが登壇。

MC:今回東京国際映画祭で上映されることについて、

監督:本当に光栄に思っています。尚子とも再会できてとても嬉しいです。僕はアイルランド出身ですが、今回の滞在で日本のことをいろいろ勉強したいと思っています。

森さん:素晴らしい監督とキャストと共演できたこと、今回の上映を通して、みなさんにお会いできることを
とても嬉しく思っています。

とコメント。

実際にエベレストでの撮影を行った本作。リアルに描くことを目標としていたバルダザール監督は撮影時を振り返り、

監督:保険会社が保障してくれる限界のところまでいきました(笑)カトマンズで市内の撮影を行い、次にルカラという
世界で一番危険な空港と言われている場所で撮影をしました。ここは崖の上にある空港で、ロケ班をしたときに事故が起りました。

エベレスト3D会見②
MC:ネパールでの撮影時は、撮影場所にたどり着くためにキャストも基本はアシスタントはつけず自分の荷物は自分で運んだそうですね。

エベレスト-3D監督:キャストにはここから嫌われましたね(笑)。早く家に帰りたいなど文句がでてきました。撮影していくうちに高山病にかかるスタッフもでてきたので、最後のほうはだんだん少なくなってきましたね(笑)その後は、イタリアの山でも6週間撮影していましたがそこも-30℃で、ここでは、毎日雪崩が起きていました。

と過酷な日々を明かしました。

監督:演技とは反応することだと思っています。今回は人間対自然ということで、本当に命の危険に近い状況にもっていきました。

森さん:監督には演技をするな、できるだけリアルにと本読みやリハーサルのときから言われてました。実際にそのような環境に置かれたわけですが、睫毛や髪の毛が凍ってしまったりしていました。スタッフ、キャスト共に本当に素晴らしかったですし、撮影を通して、家族のように仲良くなりましたね。

主にロンドンを拠点として活躍する森さんですが、今回日本人の難波康子さんを演じたことについて

森さん:とても嬉しかったです。日本で仕事をすることは一種の憧れなので、是非お願いできればと思います。

と日本での活動に意欲を見せました。

エベレスト-3D
『エベレスト 3D』(原題:Everest)

11月6日(金)TOHOシネマズ 日劇ほか全国公開
公式HP: http://everestmovie.jp/
twitter: http://twitter.com/eigafan_com
facebook: https://www.facebook.com/everestmovie.jp

続いて、第二部 『エヴェレスト 神々の山嶺』製作過程報告会見を実施した後、第三部 2作品合同会見が行われました。

同じEVERESTを題材にした『エベレスト 3D』(11月6日公開)、『エヴェレスト 神々の山嶺』(2016年3月12日公開)。両作ともに、実際にエベレストでの撮影を行うなどネパールとの深い縁がありました。

ネパールでの撮影で強く印象に残ったエピソードについて

監督:ネパールに入り、ベースキャンプでみた山々の美しさに圧倒されました。そしてこの素晴らしい山々をどう撮るかとても悩み、苦労しました。

森さん:ネパールでの景色に圧倒されました。エベレスト街道を歩いているとき、人生観が変わったような感じがしました。
また、ネパールの方々、特にシェルパたちは本当に素晴らしい方が多かったです。ナムチェバザールでは子供たちとサッカーをして遊びましたが、笑顔が本当に可愛らしかったです。


また、バルタザール監督は日本でも同じエベレストを題材とした『エヴェレスト 神々の山嶺』にいて、

監督:今後シェルパを題材とした作品もあるそうなので、合わせて是非観てみたいですね。

とコメント。

本作を鑑賞したという角川歴彦会長は、

会長:本作についてとても素晴らしい作品でした。3Dというとてもスケールの大きい作品でしたね。『エベレスト 3D』は5000以下からドラマが始まりますが、『エヴェレスト 神々の山嶺』は5000以下から事件が起こります。両作とも5500mにあるアイスホールという難所がポイントのひとつなっていますので是非注目してみてください。どちらの作品も観終わった後、エベレストに行きたいという方と絶対行きたくないと思われる方と意見が分かれるかと思いますが(笑)是非両作ともご覧ください。

と両作合わせてアピールしました。

エベレストをテーマにし、本国で撮影された2作品が公開されることについて、

大使:両作でエベレストの良さを紹介してくだっており、素晴らしいと感じております。両作を観ることでよりエベレストのことがわかると思います。エベレストには、最高齢の登頂者は三浦雄一郎さん、最高齢の女性登頂者は渡辺玉枝さんなど、日本とネパールにはつながりを感じます。

ぜひ復興のためにもネパールの観光にきていただけますと幸いです。

とコメントを寄せました。

********************************************************************


『エベレスト 3D』来日記者会見@東京国際映画祭

物語・・・・

1996年に起きた実話を基にした本作は、ニュージーランドで登山ガイド会社を営むロブ・ホールの率いる登頂ツアーがネパールに到着したところから始まる。

エベレストのベースキャンプ(標高5334メートル)で約1カ月間入念な準備を整えたあと、はるか3500メートル上の頂上を目指す4日間の冒険に出発した一行は、別のツアーと協力体制を組みながら順調に第4キャンプ(標高8000メートル)まで登っていく。

しかし、ついにやって来た頂上アタックの日、固定ロープの不備や参加者の体調不良などでスケジュールが狂い、下山が大幅に遅れてしまう。さらに未曾有の嵐の接近で急激に天候が悪化。

デス・ゾーンで散り散りになった登山家たちは、ブリザードと酸欠との過酷を極めた闘いの中で個々の生き残りの能力を試されることになる。果たして全員が無事にキャンプまでたどり着けるだろうか?


監督:バルタザール・コルマウクル 

出演:ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、ジョン・ホークス、ロビン・ライト、エミリー・ワトソン、キーラ・ナイトレイ、サム・ワーシントン、ジェイク・ギレンホール、森尚子 他

配給:東宝東和
(C) Universal Pictures
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ