ファッションデザイナーのアニエスベーの長編初監督作品『わたしの名前は…』が、10月31日(土)の公開にさきがけ、京都国際映画祭で上映。上映後にはタレントで、ファッションブランド『PUNYUS』のプロデューサーの渡辺直美さんによる舞台挨拶が行われました。 

watashinonamaeha_naomi

アニエスベー長編初監督作品『わたしの名前は…』上映舞台挨拶
場所:京都国際映画祭
登壇者:渡辺直美

本作は父親から虐待を受けている思春期の少女が家出し、言葉の通じぬスコットランド人のトラック運転手と旅をするロードムービー。上映後にはタレントの渡辺直美さんが登壇。

ファッションブランド『PUNYUS』でプロデューサーも務める渡辺さん。
渡辺さん:デザイナーが映画を創るなんてこと、あるんですねえ!やはりアニエスベー監督ということで、かわいい、とかオシャレな映像とか想像しますよね。確かにすごく綺麗でした!!あと不思議な気持ちになる映画でしたね。

と絶賛。

また、恥ずかしがり屋だった過去を回想しつつ・・

渡辺さん:映画を観て、不安定だった思春期の頃を思い出して苦しくなったりしました。家出もしたことあります。私の母はすごく厳しくて、芸人になるのにすごく反対していたんです。だから身の回りの必要なものだけゴミ袋二つぶん持って上京しました。それでそのままずっと東京に住んでる。だから、実は今も家出中(笑)

と、映画のストーリーと自身の体験をダブらせながら衝撃の告白。

最後に

渡辺さん:この映画には結構な問題が出てきます。観終わると、すごく考えちゃうと思います。でもとても素敵な映画です。私は“あーどうしよう、と苦しくてどうしようもない”という行き詰った状況でも、一歩踏み出せば道は開けるんだよ、と思いましたね。

とコメントしました。

映画『わたしの名前は… 』

は10月31日(土)、渋谷アップリンク、角川シネマ有楽町ほか、全国順次公開です。

公式サイト:www.uplink.co.jp/mynameis/
公式Twitter:https://twitter.com/mynameis_movie
公式Facebook:https://www.facebook.com/mynameis.jp

『わたしの名前は…』
アニエスべーわたしの名前は...家を飛び出した少女と、トラック運転手。奇妙なふたりのロードムービー。
映画は、あっと驚く結末へ向かって進んでいく。主人公の12歳の少女は父親から虐待を受けていた。ある日、学校の遠足で出かけた海辺で偶然停まっていたトラックに乗り込んだ彼女は、スコットランド人のトラック運転手と共に逃避行に出る。フランス語と英語、言葉が通じない2人は、次第に心を通わせていくが…。10年以上前に新聞で読んだとある事件の記事をきっかけに、アニエスベー自身が脚本を書いた、瑞々しいロードムービー。

********************************************************************

監督・脚本・撮影・美術:アニエス・トゥルブレ(アニエスベー)
ゲストカメラマン:ジョナス・メカス
音楽:デビッド・ダニエル、ソニック・ユース
オリジナル音楽:ジャン=ブノワ・ダンケル(Air)
出演:ルー=レリア・デュメールリアック、シルヴィー・テステュー、ジャック・ボナフェ、ダグラス・ゴードン、アントニオ・ネグリ
提供:アニエスベー  
配給、宣伝:アップリンク
2013年/フランス/126分/カラー、一部モノクロ/16:9/DCP
原題:Je m’appelle Hmmm…
©Love streams agnès b. Productions

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ