10月10日より岩波ホールで好評上映中の『真珠のボタン』が山形国際ドキュメンタリー映画祭2015において最優秀賞受賞の栄冠に輝きました!!

監督のパトリシオ・グスマンは前作『光のノスタルジア』(現在、岩波ホールにて公開中)で2011年度の同映画祭最優秀賞を受賞しており、『真珠のボタン』は前作に続き2度目の受賞となります。

真珠のボタン

今回、来日がかなわなかったパトリシオ・グスマン監督はメールにて以下のようなコメントを寄せています。

グスマン監督:『光のノスタルジア』と『真珠のボタン』は2部作で、その両方が山形国際ドキュメンタリー映画祭で最優秀賞を受賞したことを大変嬉しく思います。

山形国際ドキュメンタリー映画祭は、ドキュメンタリーに特化した国際映画祭。あす10月15日[木]まで開催!!

公式サイト:http://www.yidff.jp/home.html

『真珠のボタン』作品紹介

光のノスタルジア真珠のボタン_新ポスター_s水には記憶があるという。ならば、私たちは失われた者の声を聞くことができるのだろうか。さまよえる魂たちも、安らげるのだろうか。

全長4300キロ以上に及ぶチリの長い海岸線。その海の起源はビッグバンのはるか昔まで遡る。そして海は人類の歴史をも記憶している。チリ、西パタゴニアの海底でボタンが発見された。--そのボタンは政治犯として殺された人々や、祖国と自由を奪われたパタゴニアの先住民の声を我々に伝える。火山や山脈、氷河など、チリの超自然的ともいえる絶景の中で流されてきた多くの血、その歴史を、海の底のボタンがつまびらかにしていく。

2015年ベルリン国際映画祭銀熊賞脚本賞受賞
2015年山形国際ドキュメンタリー映画際インターナショナル・コンペティション部門

岩波ホールほか全国順次公開

公式サイト:http://uplink.co.jp/nostalgiabutton/
公式Twitter:https://twitter.com/nostalgiabutton

********************************************************************

監督・脚本:パトリシオ・グスマン 
プロデューサー:レナート・サッチス 
撮影:カテル・ジアン 
編集:エマニエル・ジョリー
写真:パズ・エラスリス、マルティン・グシンデ 
製作:アタカマ・プロダクションズ
(2014年/フランス、チリ、スペイン/1:1.85/82分) 
(c) Atacama Productions, Valdivia Film, Mediapro, France 3 Cinema – 2015

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ