先ほど行われました第39回モントリオール世界映画祭(会期:8/27~9/7現地時間)「Focus on World Cinema」部門に出品し、大きな話題となりました映画『忍者狩り』。

海外マーケット向けに派手目に演じて、海外で観る人たちに面白く観てもらうことを意識した作品になっています。第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭(2015)にも正式出品されることが決定していて、特集上映企画「シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション」史上初、本場からの逆輸入上映も話題となっております。

この度、公開に先駆け本作のキャスト三元雅芸、黒川芽以と千葉誠治監督が登壇した舞台挨拶付きプレミア試写会を実施いたしました。
忍者狩り_プレミア試写会

『忍者狩り』プレミア試写会舞台挨拶概要

日程:10月5日(月)
登壇者:三元雅芸、黒川芽以、千葉誠治監督

千葉監督:やっと皆さんに観ていただく機会ができました。初めて観ていただくことになり大変光栄です。今回かなり時間をかけて作ったので、ぜひ楽しんでください!

MC:三元さん。忍者役で、激しいアクションでしたが、演じるにあたって苦労された点、難しかったシーンなどありましたら教えてください。

忍者狩り三元:約二週間の撮影期間の中、アクションシーンの撮影がなかったのは、たった一日だけだったんです。それだけアクションシーンが多く、アクション好きな方には本当に楽しんでもらえる作品だと思います。また、今回は日本だけでなく海外に作品を出すことも考えていたので、だからこそ原点回帰しようと監督が考え、キックボクシングなどの流行の軍隊格闘術でなく、日本古来の古武術を使ってのアクションをメインにやっています。立ち方や、刀の握り方、足運びなど、今までとは違う新たなアクションに挑戦しています。

MC:今回くノ一の役を演じられ衣装もとても似合っていらっしゃいましたが、演じられていかがでしたか?

黒川:くノ一の衣装を着るのは、この撮影が初めてでした。衣装についてはかなり話し合いまして、女性が私一人しか出てこないこともあり、派手めなくノ一の衣装になったなと思います。今回、私自身はアクションが多かった訳ではなく、千葉さんにも「私アクションやりたい」といったんですけど(笑)。

千葉監督:こらこらこら(笑)。

黒川:アクションだけでなく謎解きの部分もあるので、私はそっちを軸にやらせていただきました。

MC:『忍者狩り』をつくろうと思ったきっかけなどありましたら教えてください。

千葉監督:忍者モノは今までたくさん撮ってきたのですが、それにタイムループという要素を入れてやってみたかったんです。それに加え、今回アクションが出来る俳優さんが集まったこともあり、お腹いっぱいアクションをやってみたかった。「忍者」、「タイムループもの」、「アクション」の三つを合わせてやりたかったので、この脚本を書きました。

MC:39回モントリオール世界映画祭「Focus on World Cinema」部門に出品されました。“ニンジャ”は海外でもとても人気があるとおもいますが、反響はいかがでしたか?

千葉監督:“ニンジャ”は世界中で大人気です。三元君が忍者の衣装で映画祭に行くと、写真を撮ってくれとよく言われます。作品の反響も大きいですね。

MC:少なからず海外のマーケット、映画祭を気にかけてつくられたところもあるかと思います。演じる際に監督から指示や気を付ける点などの演出・指導はありましたか?

三元:ネタバレになるので詳しくは言えないんですけど、あるシーンだけ大げさに演じて欲しいと言われました。通常ではそういうリアクションをしないんですけど、監督を信じて演じました。

黒川:私も三元さんと同じように大げさに演じて欲しいと言われました。それは海外で観る人たちに面白く観てもらう為だと思いましたし、海外に作品を持って行っている監督だからこそだと信じて演じました。

MC:そして『忍者狩り』は今年行われる第48回シッチェス・カタロニア国際映画祭にも出品されます。ブリュッセル、ポルトと並ぶ世界三大ファンタスティック映画祭の代表格でもある映画祭に出品ときいて、いかがでしたか?感想と意気込みをお聞かせください。

三元:老舗の映画祭に出品が決まって大変光栄です。最初から世界に向けて作って作りましたし、みんなで日本のアクション映画史を塗り替える思いで臨みました。日本の底力を向こうの方が感じてもらえたらなと思います。

黒川:映画って撮ってから観られるまですごく時間がかかるんですけど、こうやって映画祭に出品されたりすると、改めて映画界に携われていることに幸せを感じます。映画祭にノミネートされることで、たくさんの人に作品を観てもらえることができるので、何より意味があることだと思います。

千葉監督:もともと海外向けに作った脚本だったんですけど、松竹さんのおかげでこうやって海外の映画祭に出品することができ、目標を達成したのでとても感謝しています。そしてモントリオール映画祭とシッチェス映画祭、両方に関わっているというのはアクションとドラマ両方で評価されたことなのかなと思い、とても光栄です。

MC:最後に一言ずつこれから作品をご覧になる方に。

黒川:アクションの部分はもちろんですが、終盤まで絡んでくる謎解きの部分、ドラマにも注目して観ていただけると嬉しいです。

千葉監督: 今までアクションについてたくさん語ってきましたが、この二人の関係だったり、裏切り、恋愛、友情といったドラマの要素もしっかり入っています。外国に持っていくとどうしてもアクションの部分に注目されますが、皆さんにはアクションとドラマをバランスよく楽しんでもらいたいです。

三元:世界に殴り込みをかけるために一致団結して作った作品なので、ただただ皆さんに楽しんでもらえたらなと思います!

********************************************************************

◆シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクションとは??

シッチェス2015_6ichi
スペイン・バルセロナ郊外のシッチェスで毎年開催されているシッチェス・カタロニア国際映画祭はシッチェス映画祭の略称で知られるホラーやファンタジー、SFなどジャンル映画の祭典。

今年のラインアップでとりわけ注目したいのが、『ハウリング』、『ピラニア』、『グレムリン』などの鬼才ジョー・ダンテ待望の最新作『ゾンビ・ガール』。2014年本場シッチェス映画祭のクロージングを飾った元カノのゾンビに襲われるという王道コメディホラーは盛り上がり必至。

他にも第27回東京国際映画祭に出品されたSFスリラー『ミッドナイト・アフター』、頭脳は人間ながら見た目が狼の警官が自らの変貌の謎を解こうと暴れまわる『ウルフ・コップ』、『屋敷女』のジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バリチェロ監督が手掛ける美少女ホラー『恐怖ノ白魔人』、汚職警官と最強ギャングの争いが息をもつかせぬ緊張感をうみだす『ハイエナ』
など粒ぞろいの作品が揃っています。

そしてこの度発表となりました最後のラインアップは新感覚忍者アクション・サスペンス『忍者狩り』。

堂々本場シッチェス映画祭に乗り込む新感覚忍者アクション・サスペンスが特集上映を一層盛り上げます!

公式HP:http://www.shochiku.co.jp/sitgesfanta/
Twitter:@sitges_fanta
Facebook:https://www.facebook.com/sitgesfanta
  

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ