第28回東京国際映画祭オープニング作品として上映される『ザ・ウォーク』。

この度、その開催にあわせてロバート・ゼメキス監督が来日することが決定!

映画祭のオープニングセレモニーとなるレッドカーペットイベントに参加致します。ゼメキス監督は2013年の『フライト』のキャンペーンで来日して以来2年ぶりの来日です。

ゼメキス監督1

本作は、1974年 NYのワールド・トレード・センター間をワイヤーロープ一本でつなぎ、高さ411m、地上110階の道なき空間に足を踏み入れて命綱なしの空中闊歩に挑んだ実在の人物フィリップ・プティが、フランスからニューヨークに渡り、誰もが思いつかなかった未知の世界にチャレンジするまでを描いたヒューマン・エンタテインメント。

『ザ・ウォーク』

常に“最先端のVFX技術”を活かした映像で世界中を驚きと感動で魅了してきた監督の“集大成”であり“最高峰”となりうる作品といえます。迫力あるビジュアルは監督曰く、
ゼメキス監督2
ゼメキス監督:1974年 当時世界一の高さを誇るツインタワーの間を渡ろうとするなんて、誰も考えない。前人未到のチャレンジをした男だけが味わえる外界から遮断された孤独。生と死のドラマ。高所恐怖症にはあまり気持ちのいいものではないかもしれないがね(笑)

と語っています。

9月26日(土)に行われたニューヨーク映画祭ではこちらもオープニング作品としてプレミア上映が行われ、上映後の映画評ではTHE TELEGRAPHの“★★★★★”(五つ星)のように高評価を多数獲得し、今後の賞レースを盛り上げる期待作のひとつとして大きな注目を集めています。

過去記事:『ザ・ウォーク』ニューヨーク映画祭オープニング上映レポ

1974年、当時世界一の高さを誇ったワールド・トレード・センター、NYにそびえ立つ摩天楼の中でも王者と呼ぶにふさわしい荘厳なツインタワー。

この間をワイヤーロープ一本でつなぎ、命綱なしの空中闊歩にある男が本当に挑んだ。その男とはフィリップ・プティという。

この伝説の男プティ役には「インセプション」で注目された若手実力派俳優、ジョセフ・ゴードン=レヴィットが演じる。不可能にも思えるこの男の挑戦は紛れもない実話であり、記録としても残っているが、なんと映像には残されていない。

まさに実話を完全映像化したといえる本作、そう、この映像は、誰もが<100%未体験>である。なぜなら、この体験をした人間はフィリップ・プティ、世界でたった一人だけなのだから。

ザ・ウォーク

2016年1月23日(土)全国ロードショー
上映も決定!

公式サイト:http://www.thewalk-movie.jp/

********************************************************************

原題:The Walk
原作:「TO REACH THE CLOUDS」by フィリップ・プティ
監督:ロバート・ゼメキス
出演:
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ベン・キングズレー、
シャルロット・ルボン、ジェームズ・バッジ・デールほか
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
 
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ