モントリオール世界映画祭に正式招待された話題作「合葬」がついに9月26日に初日を迎えました。

本日、監督&キャストによる舞台挨拶を行い、モントリオール世界映画祭に参加した瀬戸康史さんからキャストのみなさんにモントリオールならではの面白お土産をサプライズで!!!
合葬初日舞台挨拶

『合葬』初日舞台挨拶
日程:9月26日(土)
会場:新宿ピカデリー
登壇者:柳楽優弥、瀬戸康史、岡山天音、オダギリジョー、小林達夫監督

MC:一言ずつご挨拶をお願いいたします。

柳楽さん:僕にとって初めての時代劇で、素晴らしい原作で、いろいろなチャレンジが出来ました。瀬戸さんとW主演をはらせていただきました。皆さんの印象に残るシーンが1つでもあればうれしいです。

瀬戸さん:過去に犠牲になった若者たちが本作のテーマでもあると思いますが、現代を生きる僕らにも似たような境遇の方がいるかもしれません。僕が演じる柾之助は迷いフラフラしている役で、こういう人を以前はネガティブに捉えていたのですが、演じてみて、これこそ人間らしいという思いに変わりました。

岡山さん:いつもは自分の役だけでいっぱいいっぱいになるのですが、この作品は現代を生きる大勢の人に届いてほしいと思いながら演じました。なので、今日は多くのお客さんに観てもらえてうれしいです。

オダギリさん:初めて台本を読んだとき素晴らしいと思いました。撮影スケジュールは強硬でしたが、ぜひ参加したいと思いました。出来上がったものは台本以上に面白く、今までの時代劇の枠にとらわれない映画になっていて、いろんな人に観てもらえると確信しました。本日は初日なので、皆さんの力を借りて、広がってくれたらと思います。

小林監督:京都の撮影所で、ベテランのスタッフに囲まれ力を借りながら、撮影しました。伝統と新しい感性の融合が画面から表れていればと思います。

MC:極の役作りをする際、監督から言われた事、アドバイス等ありましたでしょうか?撮影中の何かエピソードがあったら教えてください。

柳楽さん:監督からカリスマ性がほしいと言われまして…意識して出せるものじゃないです(笑)いろんなカリスマをネットで検索したりもしました。みなさん不思議とにじみ出るものですよね。ちなみに僕の高校時代のカリスマはオダギリジョーさんです!近くでとても刺激を受けました。演じる上で影響も受けて、役柄での関係性としてもそのまま憧れの対象として出しても成立するので、組み合わせました。

オダギリさん:(カリスマと聞いて)目が泳いでいるから嘘でしょ?(笑)

MC:彰義隊の隊士役の三人の中で、瀬戸さんが一番お兄さんではありましたが、ほぼ皆さん同世代になります。一緒に仕事をされて知った、柳楽さん、岡山さんの意外な一面などありましたか?

瀬戸さん:天音くんは役柄ぴったりで、勢いがある。柳楽くんと木刀で戦うシーンではセットを壊してたぐらい(笑)柳楽くんはボケたがり。一見寡黙なイメージがあるのに、ボソっとボケて、「今ボケましたぜ」という顔をする、
そのギャップにキュンとします。

MC:殺陣のシーンがとても本格的でした。どの位の期間、殺陣を学んだのでしょうか?

岡山さん:殺陣の練習は当日だけだったので、テンパっていっぱい壊してしまいました(笑)彰義隊を演じるみんなからは“破壊神”というあだ名を付けられました。苦い思い出です(笑)

MC:劇中では若い隊士たちを諌めるリーダー的存在を演じられましたが、撮影現場で若いキャストのみなさんへは先輩としてアドバイスなどされたのでしょうか?また、長編映画初監督である小林監督の演出はいかがでしたか?

オダギリさん:リーダー的な部分は欠片もなかったのですが(笑)、僕は撮影に4日間参加して、それだけなのに風邪をひいて声が出なくなってしまい、あとでアフレコし直しました。その姿から、みなさんは「風邪をひいてはいけない」「体調管理に気をつける」ことを学んでくれたのではないでしょうか?(笑)小林監督は、スタッフがベテランばかりでやりにくかったことも多かったのではと思いますが、自分が撮りたいものを撮っていてすごいと思いました。ぶつかり合いも映画の良さだと思います。

MC:生と死の動乱の時代を描いた時代劇を作られた上で、一番意識したこと、苦労された点は何ですか?

小林監督:昔の名作と呼ばれる時代劇をたくさん観てきて憧れていました。いざ自分で撮ろうと思うと難しいところがたくさんありました。それでも自分にしか出来ないものを作ろうと思いました。触覚やにおいなど、現代人にも通じる感覚を入れる演出などもこだわりました。

MC:本作は今年のモントリオール世界映画祭のコンペティション部門に出品され、公式上映には瀬戸さんと小林監督が参加されました。瀬戸さんは、フランス語でスピーチをし、現地の人々とも交流され大きな反響がございましたが、瀬戸さんから共演者の御三方にお土産があるようです・・・

オダギリさん:これスタッフが仕込んだんじゃなくて、瀬戸さんが実際に歩いて探したそうですよ。

瀬戸さんから3人にお土産を渡す!!
合葬初日舞台挨拶お土産

MC:オダギリさんにはモントリオールの名物メープルシロップ、柳楽さんには最近お料理をよくされると言う事でエプロン、岡山さんには寒い冬を乗り越えて頂きたいとカナダではとてもポピュラーな動物であるラクーンをモチーフにした帽子です。みなさん、このお土産いかがですか?

オダギリさん:(瀬戸さん「カリスマに変なものは贈れないので」とメイプルシロップを渡すと)うわー甘いもの大の苦手(笑)。いやビンを飾っておきます!

柳楽さん:最近料理をするんですよ。(エプロンをつけながら)めちゃくちゃ嬉しい。こういう体を目指そうかな(笑)

岡山さん:(帽子を見て)かぶる機会があるかな?(実際かぶってみて)似合います?(ゲスト陣「かぶったらカリスマ性が出る(笑)」)

「合葬」

公式サイト:GASSOH.JP

9月26日(土)新宿ピカデリーほか全国ロードショー

********************************************************************

合葬ポスター鳥羽・伏見の戦い後、将軍の警護および江戸市中の治安維持を目的として有志により結成された「彰義隊」。高い志をもって結成され江戸の民衆からも慕われながらも、幕府の解体とともに反政府的な立場に追いやられてしまった彰義隊は、「新撰組」や「白虎隊」に比べると、これまであまり語られることがなかった。

『合葬』は、将軍慶喜に熱い忠誠心をも持ち、自らの意思で彰義隊に加わった青年・極(柳楽優弥)と、養子先から追い出され、行くあてもなく赴くままに彰義隊へ入ってしまう柾之助(瀬戸康史)、彰義隊の存在に異を唱えながらもそこに加わらざるをえなかった悌次郎(岡山天音)の、切なく揺れ動く若き青年達の数奇な運命を描いた物語。

主演:柳楽優弥 瀬戸康史
出演:岡山天音 門脇麦 桜井美南 井之脇海 高山侑子 藤原令子
隆大介 飴屋法水 峯村リエ 小市慢太郎 りりィ/オダギリジョー

原作:杉浦日向子 「合葬」
監督:小林達夫
脚本:渡辺あや(『天然コケッコー』『カーネーション』)
配給:松竹メディア事業部

©2015 杉浦日向子・MS.HS/「合葬」製作委員会

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ