10月22日(木)~31日(土)開催の第28回東京国際映画祭にて特集上映される 「ガンダムとその世界」。同企画において「月刊ガンダムエース」で連載を持つガンダム“公式パロディ”漫画家大和田秀樹先生、南北先生、広瀬まど先生による東京国際映画祭とのスペャルコラボ企画が決定しました!

上映チケットの買い方、楽しみ方をそれぞれの作品世界にて解説した東京国際映画祭のためだけに作られた漫画の誕生です!

3漫画家プロフィール
① 大和田秀樹:1969年生まれ。代表作に『機動戦士ガンダムさん』『ガンダムを作った男たち』等。
② 南北:「月刊ガンダムエース」にて『シャアの日常』(脚本:本田雅也)連載中。
② 広瀬まどか;1984年生まれ。ゲームのキャラクターデザインや4コマ漫画、アンソロジーコミックで活躍中。今回のコラボ漫画もノリノリで参加♪

国民的アニメーション、ガンダムの“公式パロディ”漫画家たちと東京国際映画祭のコラボ漫画は、9月26日(土)発売の「月刊ガンダムエース」10月10日(土)発売「月刊ニュータイプ」にて掲載されます。

映画祭ビギナーの方でも迷わずチケットをご購入いただけるよう、チケットの買い方などを説明する漫画を描いてくれたのが大和田秀樹先生。

大和田先生

南北先生は、従来の六本木ヒルズに加え、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ 新宿も新会場となることを表現してくれました。
南北先生
そして、有名シェフのオリジナルメニューが手頃な価格で食せる「東京映画食堂」や、豪華ミュージシャンが六本木ヒルズアリーナにて日替わりでライブを繰り広げる「CINEMA MUSIC JAM」など実は映画鑑賞以外にも楽しみ方は多いことを表現してくれたのが広瀬まどか先生です。
広瀬先生

特集上映「ガンダムとその世界」

『ガンダム』とは何か? なぜ人の心を動かすのか? 本映画祭で一挙上映することにより、36年間におよぶ長期シリーズ、日本最大級のヒットコンテンツとなった秘密にせまります。
個性的なキャラクター、人と人がふれ合う感動のドラマ、心に突き刺さる名言、サスペンスとカタルシスに充ちたモビルスーツ戦。先の見えない絶望の中、一筋の光明を見いだそうと苦悩の戦いを続ける若者たちの姿。これらは第1作目『機動戦士ガンダム』以来、さまざまなクリエイターたちに受け継がれ、時代を超えて観客に大きな共感を呼んで、「ガンダムの可能性」を拡大させながら現在に至っています。
そのガンダムシリーズが一挙上映され、全容を把握するまたとない機会が到来です。未来の戦争を通じて“人の本質”を照らし出してきたガンダム。人が争いを乗りこえて目ざすべき革新的な地平が、上映に期待です!

第28回東京国際映画祭 開催概要
■イベントタイトル:第28回東京国際映画祭
■開催期間:10月22日(木)~10月31日(土)
■会場:六本木ヒルズ(港区)、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ 新宿他
■公式サイト:http://www.tiff-jp.net
■チケット発売 :10月10日(土)よりticket boardにて発売開始!

********************************************************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ