アントニ・ガウディ世紀のプロジェクト「サグラダ・ファミリア」にまつわるドキュメンタリー映画『創造と神秘のサグラダ・ファミリア』(2015年12月12日(土)、YEBISU GARDEN CINEMA他にて公開)の予告編が完成です!

ガウディが構想し、完成までに300年かかるとされた未完の建築プロジェクト「サグラダ・ファミリア」。
2026年の完成を目指し、現在も建築が進められています。

創造と神秘のサグラダ・ファミリア

この度解禁する予告では、1978年よりサグラダ・ファミリアに携わり、ネスカフェゴールドブレンドCMで一躍活動が日本中に知れ渡った彫刻家の外尾悦郎さんをはじめ、サグラダ・ファミリア・ファンデーション元会長のジョアン・リゴールさんの「生誕の門を作っておけば、次の世代が完成させるだろう」といった発言など、関係者たちしか知ることの出来ないインタビューや、現在建設中のキリストの塔の工事現場、技術者たちのアトリエや設計室など、スタッフしか入れない内部の映像が映し出され、これまで目にしたことのないサグラダ・ファミリアの裏側が描かれています。

■外尾悦郎(そとお・えつろう)プロフィール
1978年よりサグラダ・ファミリアに携わり、多くの苦労を重ねながら手掛けた「生誕のファサード」が2005年に世界遺産として登録される。サグラダ・ファミリア作品以外にも、ルイ・ヴィトン150周年記念モニュメントを製作し、著書も多数出版。現在サグラダ・ファミリアに携わりながら、京都嵯峨芸術大学客員教授として日本でも多岐に渡り活躍している。
創造と神秘のサグラダ・ファミリア外尾悦郎

『創造と神秘のサグラダ・ファミリア』

2015年12月12日(土)YEBISU GARDEN CINEMAほか、全国順次公開

概要
かつて、完成までに300年かかると言われていた、アントニ・ガウディ世紀の一大プロジェクト「サグラダ・ファミリア」は、いかにして2026年完成予定となったのか。
スペイン、バルセロナ。2005年に世界遺産に登録され、年間3百万人を超える世界中からの観光客を魅了するバルセロナのシンボル、サグラダ・ファミリア。カタルーニャ州の建築家アントニ・ガウディが構想し、1882年の着工から133年経った現在に至るまでいまだ完成していない建築プロジェクトを、スタッフしか入れない内部の映像と建築関係者らのインタビューによって解明するドキュメンタリー。
創造と神秘のサグラダ・ファミリアs6

********************************************************************

映画『創造と神秘のサグラダ・ファミリア』ちらしA監督:ステファン・ハウプト 
出演:ジャウマ・トーレギタル、外尾悦郎、ジョルディ・ボネット、ジョアン・リゴール、ジョアン・バセゴダ、ライモン・パニッカー、ルイス・ボネット
原題:SAGRADA: El misteri de la creació  
配給・宣伝:アップリンク
2012年/スイス/スペイン語、カタルーニャ語、ドイツ語、英語、フランス語/94分/16:9/カラー

© Fontana Film GmbH, 2012

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ