クリムトの名画をめぐる感動の実話を描いた『WOMAN IN GOLD』の邦題が『黄金のアデーレ 名画の帰還』として、11月27日(金)より全国公開されます。

『黄金のアデーレ 名画の帰還』

この度、予告編が解禁となりました!

解禁された予告編では、オスカー女優ヘレン・ミレン演じるマリアが、家族の唯一の形見である黄金に輝くの絵画、
そして心の奥に封印した過去を取り戻す為、国を相手に正義を貫くさまが映し出されます。

辛い過去と向き合いながらも確固たる信念を持ち、常に明るく前向きでジョークを欠かさないキュートな82歳のマリアと、最初は頼りないながらもマリアや自身のために少しずつ変化し、真相を追究していく駆け出し弁護士ランディとのタッグも見所。

マリアの唯一の形見。それは、クリムトが描いた伯母アデーレの肖像画、通称「黄金のアデーレ」だった。

ナチスに奪われたその名画は数奇な運命を辿り、ウィーンのベルベデーレ美術館に展示され、オーストリアの“モナリザ”として国民から愛されていた。オーストリア政府が手放すはずがないと周囲が諭す中、マリアは一人訴え続ける。

「皆さんには国を代表するクリムトの名画でも、私には大切な家族の唯一の形見」だと。

そんな彼女の覚悟に心動かされた弁護士のランディ(ライアン・レイノルズ)とともに、マリアは一度捨てた故郷ウィーンに舞い戻る。

名画とともに奪われた、家族や友人との美しい日々を思い出しながら・・・。

実在の女性マリア・アルトマンを演じるのは、アカデミー賞®に4度ノミネートされ『クィーン』で主演女優賞を受賞、英国女王から“デイム”の称号を授与された名優ヘレン・ミレン。

『黄金のアデーレ 名画の帰還』ポスターいつも元気でかなり頑固、おちゃめな毒舌とユーモアが冴えるマリアを軽快に演じると共に、そんな彼女が故郷を捨てた時、心の奥深くに封印した怒りや慟哭までをも繊細に表した。監督は『マリリン 7日間の恋』のサイモン・カーティス。二つの国と時代をドラマティックに行き来して、判決の興奮とその予想外の余韻を見事に描いています。

また、マリアとともにオーストリア政府に立ち向かった駆け出し弁護士のランディ役を『あなたは私の婿になる』のライアン・レイノルズが、さらに、マリアと出会い、自国と父の罪を償おうとするオーストリア人ジャーナリストを『ラッシュ/プライドと友情』でゴールデン・グローブ賞にノミネートされたダニエル・ブリュールが演じ、物語にリアリティと深みを与えます。

全てを失ったマリアがクリムトの名画よりも本当に取り戻したかったものとは―?最後に明かされる真実が、前へと進む力をくれる希望と感動の実話。

黄金のアデーレ 名画の帰還

11月27日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ他で全国公開です。

********************************************************************

物語・・・
アメリカで暮らす82歳のマリア・アルトマンが駆け出し弁護士ランディと共に起こした裁判に、世界が仰天した。訴えた相手は、オーストリア政府。“オーストリアのモナリザ”と呼ばれる、クリムトが描いたマリアの伯母の肖像画「黄金のアデーレ」の返還を求めてのものだった。その名画には、ナチスに運命を翻弄されたマリアと彼女を取り巻く人々の美しい思い出と涙の記憶が詰まっていた――。

監督:サイモン・カーティス 『マリリン 7日間の恋』    
脚本:アレクシ・ケイ・キャンベル
出演:ヘレン・ミレン『クイーン』(アカデミー賞主演女優賞受賞)、ライアン・レイノルズ『あなたは私の婿になる』ダニエル・ブリュール『ラッシュ/プライドと友情』、ケイティ・ホームズ『バッドマン・ビギンズ』ほか
配給:ギャガ  
提供:ギャガ、カルチュア・パブリッシャーズ
(C)THE WEINSTEIN COMPANY / BRITISH BROADCASTING CORPORATION / ORIGIN PICTURES (WOMAN IN GOLD) LIMITED 2015
 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ