9月11日より公開となった『内村さまぁ〜ず THE MOVIE エンジェル』。

初日、翌日と舞台挨拶が行われ、翌々日の13日にも特別舞台挨拶が角川シネマ新宿で行われ、本編上映後に、さまぁ〜ずの三村マサカズさん、大竹一樹さん、そしてヒロイン役の藤原令子さんが登壇しました。

事前に公式サイトで募集したお悩み相談に三村、大竹、藤原の3人がお答えするコーナーもあり、映画鑑賞後の満員の客席は大いに盛り上がりました。

0913舞台挨拶

映画『内村さまぁ〜ず THE MOVIE エンジェル』
9/13(日)舞台挨拶 
日時:2015年9月13日(日)
会場:角川シネマ新宿
登壇者:三村マサカズ、大竹一樹、藤原令子
    

公開3日目の超満員のお客様の大きな拍手にむかえられ、主演の三田村マサル役の三村マサカズさん、大島耕作役の大竹一樹さん、ヒロイン夕子役の藤原令子さんが登場!

三村さん:朝早くから劇場に足を運んでいただいて、本当にありがとうございます。三村マサカズと申します。いったん大竹さんにお渡しします。

と後にトークショーが控えている事もあり、短めに切り上げ、大竹にバトンタッチ。

大竹さん:本日はおだやかな拍手、ありがとうございます(笑)大人のお客さんなんでしょうか。映画館は音とか声が吸収されちゃうんでしょうね、(拍手も)パラパラと・・。わざわざ、この早朝に、お金を払って来てくれて、ゲスの極み!

と後輩のネタをアレンジして挨拶。つづいてヒロイン役の藤原さん。

藤原さん:本日はお越しいただきありがとうございました。

と挨拶。

映画が公開され、色々な反響があることを受け、

三村さん:心が温かくなりましたとか、色々とありがたいお言葉を頂戴しまして。お客さんも意外と感動したんじゃないかと。だから上映後すぐに笑いに転換できないのかなと言うか・・

と話し、会場がしっとりとした雰囲気になっているのはその余韻のせいではないかと分析。

さらに、内村さんに共演NGと言われてしまったきっかけとなった、三村さんが大竹さんの台詞を言ってしまったシーンのことや、隣り合わせの楽屋で藤原さんが着替え時に間違えてカーテンを開けてしまったなど、撮影時のエピソードを明かしました。

そして話題は、2度観ないと気がつかないところ!になり、有吉弘行の猫男爵のポスターが、笑福亭鶴瓶と三村のトイレのシーンに貼ってあったことや、バナナマンのポスターが居酒屋のシーンに貼られていたことなど、三村や大竹たちも今まで気づいていなかったことが判明。ダチョウ倶楽部の上島竜兵やかもめんたるに気づくかどうかなどの話で、多いに盛りました。

続いて、劇中で3人が所属するエンジェル社が、お客からの悩みを芝居で解決する、ということにちなみ、事前に募集したお悩みに3人がお答えする、というコーナーに。
最初のお悩み上司の小言がうるさい。シュンとさせずに黙らせる方法を教えてください。ちなみに嫌いではないです。(20代女性)

大竹さん:上司の小言をボケてるように聞いたら? 心の中で突っ込みの練習をする。

三村さん:小言を言われたら、その理由を1つ1つ長々と言うと、“もういいよ!”ってなる。

とそれぞれアドバイス。

医者からラーメン食べたらだめだと言われました。さまぁ〜ずの2人は色々ある欲をどんな感じで抑えるのでしょうか?(40代男性)

三村さん:ラーメンを断っちゃいけない。半分残す勇気をもつ作戦で。40代は腹八分目にしないと成人病になるから。

大竹さん:ラーメン食ってからすぐに寝てみなさいよ。胸焼けがすごいから。逆流性食道炎になっちゃうから。もうやめようってなるよ。

と、自身の体験からアドバイスした後、三村と大竹が食べた後で吐いてしまえば食べたことにならなくて、でもラーメンの味はわかるからいい、と悪ノリ回答で盛り上がり、藤原がひいてしまうシーンも。

藤原さん:食べて後悔するくらいなら我慢して、私エライってほめてあげたほうが(いい)。でもたまにはご褒美で食べてもいいですよね。

最後のお悩みは、「朝から妻がぴりぴり、イライラしているときの対処法を知りたい。中学3年男、中学1年女のこどもがいて、だいたいスマホやゲームの時間や勉強をしないことで怒っている。(40代男性)」

三村さんと大竹さん:朝ぴりぴりしてない家なんてない。それが共同生活、暮らしということで、我慢と思いやりしかない。

と意見が一致。

三村さん:娘が高3で息子が小6でスマホをやっているが、もっとやって達人になってくれ、と思うから、俺は止めたことはないです。それの達人になる可能性があるから。俺たちは、テレビでお笑い番組をずっと観てたからその世界の人になれたんだしね。
大竹さん:俺もそうだったけど親は止めなかった。だから、無理して止めなくてもいい。でもその意見はかみさんには言えないけどね。

その後、会場の皆さんに、三村、大竹、藤原からサインボールのプレゼントがあり、オフィシャル写真の撮影時には、来場された一般のお客様も写真がOKとなり会場全体でのフォトセッションに盛り上がりました。

最後の挨拶で、
藤原さん:観た後にほっこりして、元気がもらえる映画だと思います。ぜひまた観に来てください!

大竹さん:85分という、すごくいいサイズです。もう1回観ていただけたらありがたいです。

三村さん:もう一度最後の、教室で(三村が父親のふりをした少年)広太を見ているシーンを観てほしい。

と言うも、実際には広太はいなかった現場での撮影だったことが明かされ、最後まで笑いにあふれた舞台挨拶が終了した。この後3人は新宿の後、横浜ブルク13、TOHOシネマズ川崎でも舞台挨拶を行いました。

ゆる~い笑いとその裏にあるストーリーの伏線としっかり感を是非劇場で。

『内村さまぁ〜ず THE MOVIE エンジェル』

は、9月11日から全国ロードショー

公式サイト
http://uchisama-movie.com/

過去記事:
映画 内さま初日舞台挨拶!三村暴走!大竹子供の名前発表!
ウンナンは解散はしません!内村さま2日目舞台挨拶で

********************************************************************


関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ