国内最終上映や特別先行上映など、小さな配給会社が届けたお宝映画の数々を、感謝の気持ちをこめてスクリーンで。

ムヴィオラ15周年特集上映 はしっこでも世界。
2015年11/7(土)~11/20(金)まで新宿K’s cinemaにて

配給会社のムヴィオラさんは、今年で15周年。

それを記念し、新宿K’s cinemaのご好意で、11/7 (土)~11/20 (金)の2週間、“ムヴィオラ15周年特集上映<はしっこでも世界>”を開催しちゃうそうです!

アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ、日本から“ほぼ30本”の一挙上映。

アピチャッポン・ウィーラセタクン、ジャファール・パナヒ、ツァイ・ミンリャン、バフマン・ゴバディ、ワン・ビン、アルノー・デプレシャン、クシシュトフ・クラウゼ、瀬々敬久監督…

などなどの傑作揃ってます。

初日には、石坂健治さん、市山尚三さんを迎えての無料トークショーもあります。

特集の目玉となる特別上映作品のご紹介:

幻の傑作ドキュメンタリー!『スティーヴィー』(02)国内最終上映!
大ヒット作『フープ・ドリームス』で知られるスティーヴ・ジェイムス監督の隠れた傑作。
かつて知り合った少年スティーヴィーの、青年となった今を撮ろうとする監督。
しかし、スティーヴィーはその途中で重大な犯罪の容疑に問われる。
撮り続けるか、止めるべきか。監督自身の葛藤が生々しくフィルムに刻まれている。
今回の上映が国内最終上映。ソフト化もされていない貴重な作品です。

来年公開作の特別先行上映①伝説のマレーシア映画『タレンタイム』(09/原題)
多くのファンを持つヤスミン・アフマド伝説の遺作。
高校生の音楽コンクール「タレンタイム」をめぐる瑞々しい青春映画であり、
涙なくして見られない号泣映画であり、その奥には、多民族国家マレーシアのみならず
世界が直面する不寛容を超えようとする強いビジョンが息づく。
アフマド監督作品は、これが初めての劇場公開です。

来年公開作の特別先行上映②アピチャッポンの『世紀の光』(06)
タイの人気監督アピチャッポン・ウィーラセタクンの『世紀の光』は、
これまで日本で上映が困難だった幻の傑作。
今年のカンヌで上映された新作「CEMETARY OF SPLENDOUR」公開に併せて来年公開いたします。

驚きのワン・ビン特集!全9時間『鉄西区』(99-03)&『名前のない男』(09)特別上映
世界映画の最先端にいるワン・ビン監督。
今回は、9時間を越える記念碑的大作『鉄西区』三部作一挙上映、
また配給作ではないですが、フランスのギャラリーの好意で
ファンの間でも人気の高い『名前のない男』も特別上映します。

配給会社ムヴィオラさんより15周年に寄せて:

会社も小さく、収益も小さい。けれど、映画の大きさや豊かさには収益は関係ないと思います。
映画のおかげで、小さな会社が、とてつもなく大きく豊かな世界に出会えてきました。
暗闇の中で、大きく豊かな映像や音に包まれていると、どの場所にもどの時代にも触ることができる。
雲南省でもペルーでもテヘランでも。はしっこにいても、世界に触ることができる。
そうして、映画は窓になり、同時に鏡になる。——–そんな思いで。
*権利の関係で上映できない映画もありますが、今回、2005年以降のほぼすべての配給作を上映します。

*全上映作品の情報&タイムテーブルはムヴィオラHPで。 
www.moviola.jp

2015年11/7(土)~11/20(金) 新宿K’s cinemaへ是非!

********************************************************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ