9月5日遂に公開『猫侍 南の島へ行く』ですが、この度、まるごと一冊漫画猫侍『猫侍ぱんち ~白猫騒動~』が9/1(月)に少年画報社より発売決定しました。

漫画『猫侍ぱんち』は、ほしのなつみ先生ら人気作家たち5名が描き下ろしたもの。「猫侍」の世界を再現するとともに、コワモテの剣豪・斑目久太郎と、ツンデレ白猫・玉之丞(読み:たまのじょう)の日常を描くアナザーストーリーも展開しています。

また、玉之丞の激萌え写真も多数掲載!感動に浸りたいファンも、これからシリーズを観始めたい人も楽しむことができる内容になっている!

「猫侍ぱんち」表紙

★猫侍ぱんち ~白猫騒動~

総ページ330ページ/580円+税/全国のコンビニ書店で販売/発行:少年画報社

「猫侍ぱんち」付録ポスターほしのなつみ 
「猫侍SEASON2 ~斑目と玉之丞~」
『ねこぱんち』連載時より大反響!ドラマでは描かれていない魅力たっぷりのエピソードを一気読み!

山野りんりん 
特別描き下ろし「玉之丞が行く」は必見!「君の名は」「正義の刀」「福ひょうたん」もお見逃しなく!

きっか
「猫侍~試写会へ行く~」「久太郎、就活する」。映画の見所を大爆笑レポート!

高村しづ
「猫侍と眠れる武士~久太郎、助太刀致す!~」。久太郎が道場を再建する!?

柿生みのり
「以心伝猫」。一人と一匹は相思相愛。

2015年9月5日[sat]より全国ロードショー!!

猫侍 南の島へ行く

の物語はというと・・・
猫侍-南の島へ行く斑目久太郎(北村一輝)は、無双一刀流免許皆伝の腕前で、“まだら鬼”の異名を持つ剣豪だったが、江戸での仕官が叶わず、今は故郷・加賀藩で姑・タエ(木野花)の恨み節を背中に浴びながら浪人生活を送る日々。そこへタエが、四国・土佐藩の剣術指南役の話を持ち帰ってくる。単身赴任に気乗りしないながらも、愛猫・玉之丞を連れて土佐藩へと旅立つ久太郎。だが、船着き場を目前にして謎の忍者(木下ほうか)に荷物を盗まれ、分身の術に惑わされている間に四国行の船が行ってしまう。実はその忍者、久太郎と娘・お静(横山めぐみ)の離縁を目論むタエが、裏で手を引いていたのだった!?
それでも小舟を「れんたる」して土佐を目指す久太郎は、空腹やゲリラ豪雨に耐えて島を発見。「四国だ、土佐だ」と喜んだのも束の間、それは島ではなく巨大なクジラだった!果たして久太郎と玉之丞は、土佐にたどり着けるか?

http://nekozamurai.info/ 

********************************************************************

監督:渡辺武
原案・脚本:北村一輝
脚本:永森裕二、黒木久勝、池谷雅夫
製作総指揮:吉田尚剛
2015年/日本/約85分/カラー/5.1chステレオ/シネマスコープサイズ
製作:「続・猫侍」製作委員会
(C)2015「続・猫侍」製作委員会 
【配給】AMGエンタテインメント
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ