『天空の蜂』天空から江口洋介・本木雅弘がヘリコプターで登場!


クライシス・サスペンス超大作、映画『天空の蜂』が9月12日(土)より全国公開となります。

この度、本作の主演・江口洋介さん、本木雅弘さん、堤幸彦監督が神戸を訪れ、ヒラタ学園神戸エアセンターにてイベントを実施!劇中、同様に迫力あるヘリの登場にレッドカーペットで待ち構えたヒラタ学園に集まった100人から歓声があがり、江口さん、本木さんがヘリから颯爽と登場!

レッドカーペットで大歓迎を受けた後、格納庫へと移動。そして、堤監督も加わり、格納庫内にて記者会見を実施しました。

0823『天空の蜂』ヘリイベント①
映画『天空の蜂』ヒラタ学園神戸エアセンターイベント
日程:8月23日(日)
場所:ヒラタ学園神戸エアセンター
登壇者:江口洋介、本木雅弘、堤幸彦監督

0823『天空の蜂』ヘリイベント④ 0823『天空の蜂』ヘリイベント⑤ MC:それでは、江口洋介さん、本木雅弘さん、そして堤監督にご登場いただきます。
暑い中、スーツでご登場いただきまして、ありがとうございます(笑)。

江口:今日は本当に暑い中、ありがとうございます。ヒラタ学園の皆さんに協力していただきまして。ありがとうございます。本当にヘリに乗ってね、ちょっと今撮影を思い出しました。ずっと乗ってました。『もっと上がってくれ』って監督が言うんで…400mくらい上空で。今日はドアがあったんです、ヘリに。本来ヘリにはドアがあるもんなんですね。


本木:このような派手なセッティングをしていただいて光栄です。ありがとうございます。実は、神戸にヘリで降り立ったのは31年ぶりになりまして。誰もご存じないかと思いますが、実は私は3人のグループをしていた頃にですね(会場 笑)

困難が目の前に現れた時に、いったい自分は何を守り抜けるのかと。そういうことを問いかけている映画です。一見、重たいテーマに感じるかもしれませんが、小さなお子様から幅広い世代で楽しめるエンターテイメントに、熟練の技で堤監督が仕上げてくださいました。

堤監督:お2人が大体のところ言っちゃったので、ほとんど何も言うことないですが…この映画は東野圭吾先生が20年前にお書きになった大変な問題作でございます。2年くらいの期間をかけて、作品と向き合い、皆さまにお届けできるようになりました。2時間強、絶対に飽きさせることのないエンターテイメントの作品になっていると思いますので、是非、映画館でご覧いただきたいと思っております。


<ヒラタ学園の学生さんより花束贈呈>

MC:実は学生の皆さんにも、何かご質問があれば、是非お願いします。

学生①:アクションも色々あったりして、原発のことも、『見て見ぬふりしてはいけない』と思いました。江口さんに質問なんですが、ヘリコプターに乗っているシーンなどが印象的だったのですが、怖い思いなどはされなかったのですか?

江口:意外と『高い所は大丈夫だな』と思っていたんですよ。ところがやっぱり実際上がると…いやぁ、ちょっとドアが無い状態のヘリってのはこんなに怖いのかと思いましたね。


Q:学生②:
本木さんに質問なのですが、原発などを色々映画で扱われていたので色々と考えさせられることがあったのですが、他にもどんな世代の人たちにこの映画を観てもらいたいですか?

本木:まさに皆さんのような若い人たち、そしてもっと小さい方たちも、これからの未来を担っていく人たちに、この映画を観てほしいですね。ただ、大人向けのテーマを真正面から受け止めることもできますが、小さいお子さんたちにはある意味“怪獣映画”として観てもらってもいいのかと。かつて『ゴジラ』という映画がありましたが、あれは人間の欲望が生み出した産物。それがゴジラという怪物、そういうオチがありますよね。それと同じように、本作『天空の蜂』の巨大ヘリも、そして原発も、ある意味人間が生み出した怪物なのではないかと。そのような“怪獣映画”として、まずはお父さん、お母さんと観ていただいて。それが数十年後、もしくは数年後に成長した時、映画の背景に隠れていた大きなテーマに気づいて理解してもらえれば何よりだと、脚本を担当された楠野さんも仰っておりました。


MC:監督は、20年以上前に発刊されて『映像化不可能』と言われ続けた作品で、いざ映像化となったときに、これはかなり覚悟の要るお仕事だったのではないかなと思うんですが、どのように思われましたか?

堤監督:私1人の力量では到底、太刀打ちできる原作ではございません。
非常に緻密に科学的に解析されている部分も沢山ありますし。それから人間ドラマとして
深い部分もあります。20年一緒に、同じくらいの時間をかけて作り上げたチームがあります。
そのチームで原子力発電所とはいかなるものか、あるいはヘリコプターってどうやって飛ぶのかと。私『ヘリコプターが前進するのはローターが少し前に傾くから』ってことを初めて知りましてですね。そのことがわかってないと映画の一番最後に、大胆な下りがあるんですけど、そこには行き着かないわけです。本当にゼロから学んで、膨大な資料と向き合い、そして長い時間をかけてロケ場所を探し、またロケ場所を探しながら台本に反映し、ということを延々としました。撮り終わってからもコンピューターグラフィックスの作業があり、中空に浮いている金属の質感を出すのがこんなに大変だとは…リアリティを出すのに非常に苦労しました。

0823『天空の蜂』ヘリイベント③
本木:最新のVFX技術を駆使したってところも見どころだと思います。
          
『天空の蜂』

9月12日(土) 全国ロードショー 

公式サイト:www.tenkunohachi.jp
@tenku_bee #天空の蜂


********************************************************************


江口洋介 本木雅弘 仲間由紀恵 綾野剛 國村隼 柄本明 

光石研 佐藤二朗 やべきょうすけ 手塚とおる 落合モトキ 松島花 向井理 竹中直人 石橋蓮司 他

監督:堤幸彦
原作:東野圭吾「天空の蜂」(講談社文庫)  
脚本:楠野一郎  
音楽:リチャード・プリン
主題歌:秦 基博「Q & A」(オーガスタレコード/アリオラジャパン)
制作:オフィスクレッシェンド
企画/配給:松竹
(C)2015「天空の蜂」製作委員会
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ