ドイツ国家が封印した真実に迫る衝撃の実話!
あと13分早ければ、世界は変わるはずだった。

ヒトラー暗殺、13分の誤算

10月16日(金)よりTOHOシネマズ シャンテ、シネマライズにて公開が決定致しました。

【ヒトラー暗殺、13分の誤算】ポスター

アドルフ・ヒトラーは、悪天候のためにいつもより早く切り上げた。その後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発──ヒトラーが退席して13分後のことだった。
ヒトラー

ドイツで長らく封印されてきた、ヒトラー暗殺をたった一人で企てた平凡な家具職人ゲオルク・エルザーを描いた衝撃の実話。

あの時、目を開けていたのは僕だけだった。

1939年という、まだ多くのドイツ国民がヒトラーに心酔していた時代に、周りに流されることなく、自分の眼で、頭で、心で考えた男。ヒトラーが最も恐れた“平凡な男”の驚愕の信念とは?

ヒトラー暗殺、13分の誤算s1

戦後70年を経て、世界はそして日本はこれからどう変わっていくのか。また私たちができることは何なのか。

目を開けるべきは今かもしれない!

ヒトラー暗殺、13分の誤算

原題:Elser(13minutes)

10月16日(金) TOHOシネマズ シャンテ、シネマライズ他全国順次公開です。
http://13minutes.gaga.ne.jp/

********************************************************************

監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル『es [エス]』、『ヒトラー ~最期の12日間~』、『インベーション』、『ダイアナ』 

製作ボリス・アウサラー、オリヴァー・シュンドラー、フレート・ブライナースドファー

脚本レオニー=クレア・ブライナースドファー
撮影ユーディット・カウフマン 
音楽デヴィッド・ホームズ 
出演:クリスティアン・フリーデル『白いリボン』、カタリーナ・シュットラー『コーヒーをめぐる冒険』、ブルクハルト・クラウスナー『白いリボン』、ヨハン・フォン・ビュロー

配給:ギャガ
【2015年/ドイツ映画/言語:ドイツ/114分/カラー】

(c)2015 LUCKY BIRD PICTURES GMBH,DELPHIMEDIEN GMBH,PHILIPP FILMPRODUCTION GMBH & CO.KG 
(c)Bernd Schuller 

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ