10代の映画監督による作品だけを上映する映画祭「10代の映画祭」が昨年に続き、渋谷アップリンクで本日8月8日(土)に開催。

〈10代による映画を世の中に発信する〉をテーマにしたこの映画祭、企画から運営のすべてを手掛けるのは、現在17歳・高校2年生の安藤勇作さん。

2回目の開催となる今回は2プログラム・計7作品を上映、キーワードは「これは映画ですか?」。「世の中の人が思う『映画っぽさ』というのを考えずに、自分が映画だと思った作品に期待します」と安藤さんは語っています。

10代の映画祭

【開催概要】
日時:2015年8月8日(土)
〈Aプログラム〉
15:50開場 / 16:00上映開始
『白鳥が笑う』『ムツゴロウ物語』『天窓』『己は妖怪!』
http://www.uplink.co.jp/event/2015/38895

〈Bプログラム〉
19:10開場 / 19:20上映開始
『真夏の夢』『夢に向かう』『愛すべき人びと』
http://www.uplink.co.jp/event/2015/38902

料金:1プログラム鑑賞=10代¥1,300/一般¥1,800 2プログラム鑑賞=10代¥2,000/一般¥2,500
会場:渋谷アップリンク・ファクトリー (東京都渋谷区宇田川町37-18 トツネビル1F 03-6825-5503)
オーガナイザー:安藤勇作
運営:濱田貴浩
メインビジュアル:大倉龍司
クリエイティブディレクション:スズキケンタ

「10代の映画祭」公式サイト:http://www.10eiga.com/

【安藤雄作 プロフィール】
10代の映画祭_安藤勇作さん現在17歳。
史上最年少のオーガナイザーとして「10代の映画祭」を主催。2012年に10代のクリエイターを紹介するサイト「ヤンユチュ!!」をオープン。

以後10代のクリエイターを世に周知するため精力的に活動。2013年に「10代の映画祭プロジェクト」を立ち上げる。
 

********************************************************************

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ