バレエの神に選ばれたプリンシパルの≪もっとも美しい≫ドキュメンタリー

世界最高峰マリインスキー・バレエのプリンシパルウリヤーナ・ロパートキナの素顔に迫るドキュメンタリー映画『Ulyana Lopatkina:A Russian Star』(原題)の邦題が

ロパートキナ 孤高の白鳥

となり、2016年1月下旬より、渋谷Bunkamuraル・シネマほかにて公開される事が決定致しました。

ロパートキナ 孤高の白鳥

3年に一度の国際的なバレエの祭典「第14回世界バレエフェスティバル2015」(8月1日(土)~16日(日)開催)では、本作の主題でもある、ウリヤーナ・ロパートキナが来日予定。

9月20日(日)からは「ロパートキナ特別講習会」で3日間のオープンクラスを行い、その後、11月26日からはロパートキナの所属するマリインスキー・バレエの公演が予定されていて、ロパートキナの出演する公演はすでに売りきれるなど日本での高い人気が伺えます。

INTORDUCTION
世界最高峰のバレエ団マリインスキー・バレエ。ロシア帝国の宮廷バレエを起源とし、200年以上の伝統と誇りを持つ世界でも最も格調の高いバレエ団である。そのマリインスキー・バレエの栄光と品格を体現する伝説のプリンシパル、ウリヤーナ・ロパートキナ。彼女の踊る“白鳥”は世界一と評される。なぜ彼女は踊り始めたのか。母校ワガノワ・バレエ・アカデミーを訪問し少女だった自分と向き合い語り出す。パリ・オペラ座のかつてのエトワール アニエス・ルテステュやジャン=ギョーム・バール、彼女を取り巻く人々の声で紐解かれる孤高のプリンシパルの素顔とは?彼女の代表作『瀕死の白鳥』、『愛の伝説』他、『カルメン』『病めるバラ』などの貴重な舞台映像や最愛の娘とのプライベートショット、マリインスキーの稽古場でのリハーサル風景で見せる迫力の表情など、“白鳥”の真実に肉迫する珠玉のドキュメンタリー。

ロパートキナ 孤高の白鳥

2016年1月下旬、渋谷Bunkamuraル・シネマほか全国公開です。

********************************************************************

監督:マレーネ・イヨネスコ(『至高のエトワール~パリ・オペラ座に生きて~』 『バレエに生きる~パリ・オペ座のふたり~』)
出演:ウリヤーナ・ロパートキナ、アニエス・ルテステュ、ジャン=ギョーム・バール

(C)2014 DELANGE PRODUCTION

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ