『猫侍』シリーズの映画化第2弾となる

猫侍 南の島へ行く

の台湾プレミアイベントが、台北の人気シネコン・アンバサダーシアターで7月25日(現地時間)に行われ、主演の北村一輝さんが登壇。現地ファンから熱烈な歓迎を受けた。
猫侍_台湾プレミア_レッドカーペット

本イベントは、7月23日に行われた韓国に続き、2度目のアジアでのプレミア。

舞台あいさつが行われる映画館400席のチケットは発売開始からわずか40秒で即完。北村さんが登場すると「(日本語で)北村さ~ん!」のかけ声で場内は興奮と熱狂に包まれました。

猫侍_台湾プレミア舞台挨拶

北村さんは過去に訪台した経験はあるものの、公のイベントに出るのは今回が初。趣味で1年半ほど学んだという中国語で自己紹介をしたほか、

北村さん:ハウカンマ(面白かった?)

と中国語を交えながら挨拶すると、ファンから「おもしろかった!」と日本語で合いの手が入り、

北村さん:チャンダマ?(ほんと?)

と聞き返すと会場から大きな拍手と歓声があがりました。

『猫侍 南の島へ行く』については

猫侍_台湾プレミア_レッドカーペット2北村さん:世の中の映画はCGなどを使ったりどんどん先に進もうとしていますが、なにかを忘れているような気がします。猫のダンスでごまかしたところもありますが(笑)、本来の娯楽映画らしい、分かりやすい、家族揃って観てもらえる映画を作ったつもりなので、少しでも笑って、楽しんでいただければ嬉しいです。先日もニューヨークの映画祭に招待されましたが、怖い顔をした侍と可愛い猫がいて、侍はほとんど喋らないのに、アメリカでも観てくださる方がイスから転げ落ちるくらいウケているんですよね。こういう気楽に楽しめる映画が増えたら面白いなと思うんです。

と。

現地の白猫シャドウちゃん

また、北村さんは台湾でも作品を撮影したいと語り、台湾映画について話が及ぶと

北村さん:ホウ・シャオシェン(侯孝賢)監督が好き」とラブコールを送った。 ホウ監督の作品のような芸術性が高い台湾映画が好きだと語る北村。監督の最新作『黒衣の刺客』(刺客聶隠娘)に出演した友人の妻夫木聡から、監督と仕事をすると連絡をもらっていたエピソードを明かし、「羨ましい」と本音をもらす場面も。台湾には優秀な監督が多く、「熱がある」と話し、現地のスタッフと仕事をしてみたいと希望しました。

最後に、

北村さん:こんなに盛り上がって、逆に気分をよくして頂いてありがとうございました。台湾でこの映画が人気になればまた、台湾に来れるかなと思っております。他の台湾の映画にも出演できるかもしれません(笑)。仲のよい友達や、おじいちゃんおばあちゃんと一緒に映画を観に行く時間を作って頂きたいと思います。なによりこんなに温かく皆さんに迎えて頂いたことを日本のみんなに伝えたいと思います。次回の「猫侍」は台湾と日本の合作で作れるかも知れませんね!

と笑顔を見せ、感謝の気持ちをあらわしました。

猫侍_台湾プレミア2

台湾では昨年公開した前作「猫侍」が7週連続1位を獲得!台湾での『猫侍』人気・北村一輝人気は高く、『猫侍 南の島へ行く』は台湾で7月31日より世界最速公開が決定し、大規模公開も予定。さらに韓国と香港での配給も決定していてます。

物語・・・
斑目久太郎(北村一輝)は、無双一刀流免許皆伝の腕前で、“まだら鬼”の異名を持つ剣豪だったが、江戸での仕官が叶わず、今は故郷・加賀藩で姑・タエ(木野花)の恨み節を背中に浴びながら浪人生活を送る日々。そこへタエが、四国・土佐藩の剣術指南役の話を持ち帰ってくる。

猫侍-南の島へ行く単身赴任に気乗りしないながらも、愛猫・玉之丞を連れて土佐藩へと旅立つ久太郎。だが、船着き場を目前にして謎の忍者(木下ほうか)に荷物を盗まれ、分身の術に惑わされている間に四国行の船が行ってしまう。実はその忍者、久太郎と娘・お静(横山めぐみ)の離縁を目論むタエが、裏で手を引いていたのだった!?

それでも小舟を「れんたる」して土佐を目指す久太郎は、空腹やゲリラ豪雨に耐えて島を発見。「四国だ、土佐だ」と喜んだのも束の間、それは島ではなく巨大なクジラだった!果たして久太郎と玉之丞は、土佐にたどり着けるか?

猫侍 南の島へ行く

2015年9月5日[土]より全国ロードショー!!

公式サイト:http://nekozamurai.info/

********************************************************************

キャスト:
北村一輝   LiLiCo  髙山善廣 木下ほうか 酒井敏也 緋田康人 / 木野花 / 横山めぐみ

監督:渡辺武
原案・脚本:北村一輝
脚本:永森裕二、黒木久勝、池谷雅夫
製作総指揮:吉田尚剛
2015年/日本/約85分/カラー/5.1chステレオ/シネマスコープサイズ
製作:「続・猫侍」製作委員会
(C)2015「続・猫侍」製作委員会
  
 
  

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ