J・C・チャンダー監督最新作である緊迫の社会派ヒューマンドラマ『A MOST VIOLENT YEAR』の邦題が

アメリカン・ドリーマー 理想の代償

と決定!10月1日(木)よりTOHO シネマズ シャンテ他にて全国順次公開となります。

ビジネスの現場で経営者が強いられる壮絶な危機を、圧倒的クオリティと息もつかせぬ緊迫感で描き、24の映画賞の40部門にノミネートされ、ナショナルボードオブレビューで作品賞、主演男優賞、助演女優賞をはじめ、ゴールデングローブ賞で助演女優賞ノミネート、ほか6部門に輝いた作品です。

1981年のまだ危険な香りが残っていたNYのビジネスの現場で、緊迫の駆け引きと主人公のリアルな葛藤が、観る者に「本当の成功とは何か?」を突きつけます。

主人公の経営者アベルには『インサイド・ウーィン・ディヴィス 名もなき男の歌』、『スターウォーズ/フォースの覚醒』他、目下人気急上昇中の実力派俳優オスカー・アイザック。夫の成功を支えつつも家族を守りたい妻アナにはアカデミー賞に2度ノミネートされた『ゼロ・ダーク・サーティ』ジェシカ・チャステイン。

解禁されたポスタービジュアルには暗闇に浮かび上がる主人公アベル(オスカー・アイザック)と妻アナ(ジェシカ・チャステイン)の表情を消し、影が深く差す横顔がフィーチャーされています。

アメリカンドリーマーアメリカン・ドリーマーという、ともすれば明るいサクセスストーリーを想起しがちなタイトルとは大きくかけ離れたシリアスなビジュアルに一筋縄では行かない苦悩や葛藤に満ちたドラマを想起させます。

果たして彼らの理想の代償とはいったい何なのか?キャッチコピーにある、成功こそが正義なのか?1981年、まだ荒々しかったNYを舞台に、彼らの成功をかけた30日間が描かれます。

物語・・・

成功こそが正義なのか?信じた夢を追う先に、男が手にし、失ったものとは…?

1981年、NY。犯罪と暴力が氾濫するこの年に生き馬の目を抜くオイル業界で、クリーンなビジネスを信条にオイルカンパニーを築きあげた移民のアベルとその妻アナ。事業拡大のために土地購入の頭金として全財産を投入した直後、彼の成功を阻止しようとする何者かの手によって、積荷のオイルの強奪、脱税による嫌疑、家族への脅威…次々にトラブルがのしかかる。悪い噂は一気に広まり、ついに銀行から融資を断られ、信頼していた妻との間にも亀裂が。刻一刻と破産が迫るなか、孤立無援のアベルはトラブル解決のために奔走するー。期限はわずか30日―。

アメリカン・ドリーマー 理想の代償

原題:“A MOST VIOLENT YEAR”

10月1日(木)TOHO シネマズ シャンテ 他全国ロードショーです。

公式サイト:American-dreamer.gaga.ne.jp

********************************************************************

製作・監督・脚本:J・C・チャンダー『オール・イズ・ロスト~最後の手紙~』

主演:オスカー・アイザック『インサイド・ルーウィンデイヴィス 名もなき男の歌』
ジェシカ・チャスティン『ゼロ・ダーク・サーティ』、『インターステラー』
デヴィッド・オイェロウォ『グローリー/明日への行進』

配給:ギャガ
(C)2014 PM/IN Finance.LLC.

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ