日本を代表するプリンシパルからコメント到着『バレエボーイズ』


ノルウェーの首都、オスロで一流のバレエダンサーを目指す3人の少年たちの、夢と友情の4年間を追った青春ドキュメンタリー『バレエボーイズ』が8月29日(土)よりヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンほかにて公開となります。

本作を一足先にご覧いただきました日本を代表するプリンシパル(国内外のバレエ団で主役を踊る最上位クラスのダンサー)の方々よりコメントが到着しました!!

balletboys_015_s
<プリンシバル コメント>

米沢唯さん (新国立劇場プリンシパル)

私もバレエ以外の道は考えたことがなかった。
何かを諦めたり、犠牲にしたりすることは当たり前だし、必要なことだと思っていた。
彼ら3人は、自分がどう生きたいのか悩みながら今日も踊っている。
ルーカスの顔とからだがどんどん変わっていくのが、微笑ましくも、なんだか切ない。


湯川麻美子さん(元新国立劇場プリンシパル)

ひとつの道を極めるということは苦しいことの方が多いかも知れない…。
プロのバレエダンサーになれるのはほんの一握り。そのほとんどは生まれ持った才能で決まってしまう厳しい世界。でも、どんなに才能に恵まれていても努力なしには一流にはなれない。
葛藤し、迷いながらもバレエに打ち込む若者たちの姿は、昔の自分を見ているようでした。

上野水香さん(東京バレエ団プリンシパル)

オスロのバレエ学校で学ぶ彼らを見て、私もモナコのバレエ学校で過ごした日々を思い出して懐かしくなりました。バレエ学校の仲間というのは友達でもあり、ライバルでもある難しい関係だけど、彼らは“バレエ愛”というもので繋がっていて、そこはきっといつまでも変わらないと思います。
少年たちを追い続けたカメラは、少年たちのバレエに対するまっすぐな心、バレエに没頭する彼らの顔つきの変化までをとらえ、私も彼らの成長を追うことが出来て嬉しかったです。映画を観て、彼らのこれから歩む道も応援したいと思いました。


柄本弾さん (東京バレエ団プリンシパル)

少年時代の自分と3人を重ね合わせながらこの映画を見ていました。はじめて女性をサポートしたときの照れくささ。オスロからロンドンに出て行くルーカスの姿には、生まれ育った京都から東京に出てきたときの不安感と、それを上回る“バレエが上手くなりたい”という強い想いが蘇ってきました。3人のダンサーたちがたどる道のりをぜひ皆さんにも体感していただきたいです。



バレエボーイズ』 

2015年8月29日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷アップリンク、名古屋名演小劇場ほか全国順次公開です。



公式サイト:http://www.uplink.co.jp/balletboys/
公式Twitter:https://twitter.com/balletboys_jp
公式Facebook:https://www.facebook.com/balletboys.jp/

作品紹介
北欧版『リトル・ダンサー』、バレエに打ち込む3人の少年の成長物語

北欧・ノルウェーでプロのバレエダンサーを目指す3人の少年――ルーカス、トルゲール、シーヴェルト。男子はめずらしいバレエの世界で、ひたむきにレッスンに打ち込む。時にはふざけ合いながらも厳しい練習に耐え、お互い切磋琢磨していたが、ある日、ルーカス1人だけが、名門ロンドン・ロイヤル・バレエスクールから招待を受けて…、3人は人生の分かれ道の選択を余儀なくされる。12歳から16歳というもっとも多感な4年間に、危うくもしっかり未来を見据えひたむきに夢に向かって踊り続けるバレエボーイズ。躍動感溢れる映像に、彼らのきらめく一瞬一瞬が刻まれていく。観たら必ず応援したくなる、夢、葛藤、挫折、挑戦、すべてが詰まった青春ドキュメンタリー。

********************************************************************

監督:ケネス・エルヴェバック
出演:ルーカス・ビヨルンボー・ブレンツロド、シーヴェルト・ロレンツ・ガルシア、トルゲール・ルンド、他 
配給・宣伝:アップリンク
2014年/ノルウェー/75分/カラー
原題:BALLETGUTENE
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ