ブライアンに似すぎ!?『ラブ&マーシー 終わらないメロディー』


ザ・ビーチ・ボーイズの中心的存在であるブライアン・ウィルソンの知られざる半生を、本人公認のもと初めて描く

ラブ&マーシー 終わらないメロディー

が、8月1日(土)より角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショーとなります。

ラブ&マーシー_メイン
バンドの絶頂期にあった60年代と、長い闇の中から再び希望をもたらす80年代というブライアンの異なる時期を2人1役で演じ分けるという大胆な手法で描く本作で、60年代のパートを担うのは、アメリカ人若手演技派俳優の代表格といえるポール・ダノ。

『リトル・ミス・サンシャイン』や『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』で注目され、『ルビー・スパークス』、本作の監督であるビル・ポーラッドがプロデューサーを務めた『それでも夜は明ける』など、クセのあるキャラクターは観る者に強烈な印象を与える。今後も今年のカンヌ国際映画祭コンペティション部門に正式出品された「Youth」(原題)の公開が控えるなど、アート系の監督から引っ張りだこの活躍。

その彼が、本作で初めて実在する人物を演じ、新境地に挑んでいます。

ラブ&マーシー_サブ6
今回、ダノが31歳の誕生日を迎えた本日6月19日、ブライアン本人とのそっくり振りが分かる比較画像を解禁!14キロ増量という容姿面でのアプローチにとどまらず、ブライアンとして劇中歌うシーンでの生声、ちょっとした表情などに至るまで「なりきり演技」です。

Wブライアン
度々登場するブライアンとして歌うシーンでは、代役なしで本人の歌声そっくりな“生声”を披露。さらに、本作でもその制作過程を丹念に描くポピュラー・ミュージック史上不朽の名盤「ペット・サウンズ」制作に関わったミュージシャンからベースやピアノの弾き方の特訓まで受けたという。ダノは、本作について「この役に取り組むことにヤバイぐらいに夢中になって楽しんだ。心を奪われたよ。」と語っている。演技派が徹底した役作りで魅せる “なりきり演技”にぜひ注目してほしい。つきましては、本
ニュースをご掲載いただきますよう、ご検討をよろしくお願いいたします。

物語・・・
1960年代、カリフォルニア。ザ・ビーチ・ボーイズは人気の頂点にいた。だが、新たな音を求めてスタジオで曲作りに専念するブライアン(ポール・ダノ)は、新作へのプレッシャーから心が完全に折れてしまう。それから20余年、ブライアン(ジョン・キューザック)に再び希望の光をもたらしたのは、美しく聡明な女性メリンダとの出会いだった。


ラブ&マーシー 終わらないメロディー
原題『LOVE & MERCY

8/1(土)、角川シネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ

公式サイト:loveandmercy-movie.jp


********************************************************************

出演:ジョン・キューザック、ポール・ダノ、エリザベス・バンクス、ポール・ジアマッティ
監督・製作:ビル・ポーラッド
脚本:オーレン・ムーヴァーマン、マイケル・アラン・ラーナー
製作:クレア・ラドニック・ポルスタイン、ジョン・ウェルズ
製作総指揮 :アン・ルアーク、ジム・レフコウィッツ、オーレン・ムーヴァーマン
音楽:アッティカス・ロス

2015年/アメリカ/英語/カラー/ビスタ/デジタル5.1ch/122分/
PG12/監修:萩原健太 翻訳:栗原とみ子

配給:KADOKAWA
(c) 2015 Malibu Road, LLC. All rights reserved.
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ