LiLiCo&よしひろまさみちのぶっちゃけトーク。映画『しあわせはどこにある』


迷える大人たちのための物語をフランス人精神科医が執筆し、日本でも翻訳されベストセラーとなった小説をもとにした、

映画『しあわせはどこにある

は6月13日よりシネマライズ、新宿シネマカリテ、品川プリンスシネマ他全国順次公開されます!

満たされた生活を送っているはずなのに、ふと人生に「幸せ」を感じなくなってしまった主人公、精神科医のヘクターを演じるのは、数々の話題作に出演している個性派俳優サイモン・ペッグ。

今回は映画の内容に沿って“しあわせ”を貪欲に求め続けている大人の代表LiLiCoさんとよしひろまさみちさんがトークを繰り広げました!

日 時:6月5日(金)
登壇者:LiLiCo(映画コメンテーター/タレント) / よしひろまさみち(映画ライター)
会 場:ユーロライブ

しあわせはどこにある舞台挨拶
LiLiCo:元気ですか!?雨の中ありがとうございます!今日は男性の方もいらっしゃいますね。男性主人公の人生再生物語なので、男性に観てもらいたかったので良かったです!

よっしーさん:自分探しをする女性の映画は腐るほどあるじゃない。

LiLiCoさん:皆さんはサイモンペック好きで?応募した?・・・人気ですからね。
彼が、とてもじゃないけど絶対に起きないようなことが起こっても、全部が面白いから見れちゃう作品です。

で、日記を持って旅をするんですけど、こっちもメモしたくなっちゃう感じ。

しあわせはどこにある舞台挨拶_
よっしーさん:自分にもそういう感じあるなと思うところはありますか?

LiLiCoさん:全部を知りすぎないのが幸せって言うのがあって、そういうことありますよね。見ちゃうとね。突然ね。NETは危ないですね。よっしーはどう?

よっしーさん:男の自分新しかったのと。精神科医なのに自分に迷ってるんですけど。。こんな先生に診てもらいたくないなと。

LiLiCoさん:カウンセラーなら私の方がうまいね。

よっしーさん:いいえ!カウンセリングにならない。笑いとっちゃうもの。

よっしーさん:この先生は、自分の迷いにきづいて・・自分にとって幸せって?って世界旅行に出て、それがいきなり上海に行くってどうなんでしょう?

LiLiCoさん:そう、いろんなところに行ってね。出会う人が面白いんです。

よっしーさん:(出会う人)みんな一人で1本映画撮れるような人達ですからね。嫁さんロザムンド・パイクですけど途中からスカイプでの登場になって・・心の距離が離れていって・・ゴーンガールになるかと思った。

LiLiCoさん:私も思った!観るポイントいっぱいあるね。

LiLiCoさん:ステラン・スカルスガルドのエドワードの遊びなれててスマート。そのためにも頑張ってるんでね。

よっしーさん:後元カノのトニ・コレットとの関係。いいなと思った!元彼とか思い出す?

LiLiCoさん:私は思い出さない。降られたら泣くじゃない。でも今じゃ名前も思い出せない。

よっしーさん:その時の幸せはうそなのよ。

LiLiCoさん:幸せは・・・どこにあるの?

しあわせはどこにあるLiLico2
MC:しあわせのヒントは?

LiLiCoさん:知りすぎないこと。そして、人とつながること。つながろうとするからこそ助かるんですよね。縁でね。

よっしーさん:出会いが人生の肥やしになっていくんですよね。

LiLiCoさん:出会いとコミュニケーションが重要。 

よっしーさん:SNSだけじゃなくて、彼が旅に出るのは人に合うこと、皆さんもリアルしましょうね!

よっしーさん:現状不満ある?私はないんです。不満の怒りは自分せいだから・・不満じゃなくなる。

LiLiCoさん:私も同じ考えだから友達なんだろうね。

よっしーさん:しあわせのヒントは・・勿論、姉さんは幸せを探していますが、実は幸せを周りに振りまいてる感じですから。

LiLiCoさん:も~  サイコ~の友達。

よっしーさん:今日は自分の幸せは何たるかと振り返っていただきたいなと思います。

LiLiCoさん:今日は映画日和。こもって観ましょう!今日はありがとうございました。映画楽しんでください。

しあわせはどこにあるLiLico LiLiCoさん26周年!ボディービルダーへ!


映画『しあわせはどこにある』

6月13日よりシネマライズ、新宿シネマカリテ、品川プリンスシネマ他全国順次公開

公式サイト:http://shiawase-movie.com/


********************************************************************

しっかり者の恋人クララを、『ゴーン・ガール』でアカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、世界中から注目されているロザムンド・パイクが演じます。その他、アカデミー賞助演男優賞を最高齢受賞した名優、クリストファー・プラマーや、日本でも人気のジャン・レノ、トニ・コレットなど脇を固める豪華な俳優陣が揃い、見事なアンサンブルを奏でています。監督・脚本を手がけるのは『マイ・フレンド・メモリー』『Shall we Dance?』など、人情味あふれるヒューマンドラマに定評のあるイギリス人監督、ピーター・チェルソムがユーモアと感動をたっぷりと詰め込んだ最高のエンターテイメントに仕上げました!

サイモン・ペッグ『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』/ロザムンド・パイク『ゴーン・ガール』/トニ・コレット『リトル・ミス・サンシャイン』/ステラン・スカルスガルド『ニンフォマニアック』/ジャン・レノ『レオン』/クリストファー・プラマー『人生はビギナーズ』

原作:フランソワ・ルロール「幸福はどこにある―精神科医ヘクトールの旅」(NHK出版・刊)
監督:ピーター・チェルソム
脚本:マリア・フォン・ヘランド/ピーター・チェルソム/ティンカー・リンジー
2014年/イギリス、ドイツ、カナダ、南アフリカ合作/DCP/5.1ch/カラー/シネスコ/119分/日本語字幕:石田泰子
配給:トランスフォーマー
(c) 2014 Egoli Tossell Film/ Co-Produktionsgesellschaft “Hector 1” GmbH & Co. KG/Happiness Productions Inc./ Wild Bunch Germany/ Construction Film. 2014 All Rights Reserved.

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ