ゲキ×シネ『蒼の乱』台湾上映&主演・天海祐希舞台挨拶決定!


天海祐希x松山ケンイチで話題のゲキ×シネ最新作『蒼の乱』が、初の台湾上映決定!

ゲキ×シネは、日本を代表する人気劇団の一つ、[作]中島かずき[演出]いのうえひでのり劇団☆新感線の話題の舞台を映画館のスクリーンで体感する今注目の映像エンターテイメント。

ゲキ×シネ『蒼の乱』2
ストーリー
男は名を捨てた── 国を守るために。

女は剣を取った── 男の魂を救うために。
国を追われ孤独に生きながらも、
優しく強い海のような女─蒼真(天海祐希)。
不器用ながらも、真っ直ぐに生きる
風のような男─将門小次郎(松山ケンイチ)。

二人は出会い、やがて結ばれる。
だが、迫り来る戦火が二人の運命を大きく揺り動かす!


台湾上映・天海祐希による舞台挨拶&プレミア上映が決定!

ゲキ×シネ『蒼の乱』台湾上映に先立ち、6月5日(金)、VieShow Cinema Taipei Qsquareにて、主演:天海祐希さんによる舞台挨拶とプレミア上映が決定致しました!
天海さんにとって初の台湾訪問となるため、ご自身も今回の訪問を非常に楽しみにされているとのこと。天海さんは、映画・ドラマ・舞台など女優としての幅広い活躍から、日本のみならずアジアでも多くのファンを獲得しており、今回のプレミア上映のチケットも即日完売するなど、その注目の高さが伺えます。
台湾にいる多くのファンが期待している天海祐希さんの台湾訪問、そしてゲキ×シネ『蒼の乱』の公開を是非お楽しみに!

ゲキ×シネ『蒼の乱』
ゲキ×シネ 『蒼の乱』(あおのらん)
出演者他 [作] 中島かずき[演出] いのうえひでのり

[出演] 天海祐希/松山ケンイチ/早乙女太一梶原善森奈みはる粟根まこと高田聖子橋本じゅん/平幹二朗

公開日 2015年5月9日(土)絶賛上映中!
舞台記録 2014年3月-4月◎東急シアターオーブ(東京)5月◎梅田芸術劇場メインホール(大阪)
日本/カラー/168分/シネスコ/5.1chサラウンド
(C)2015ゲキ×シネ『蒼の乱』/ヴィレッヂ劇団☆新感線

公式サイト:http://www.aonoran.com/

ゲキ×シネ『蒼の乱』台湾上映

公開日: 2015年6月25日(木)より「2015 autoaiD映画祭(autoaiDIntegrated Design主催)」での
オープニング作品として上映
会場:VieShow Cinema Taipei Xinyi(台湾/台北市)
情報:[字幕]中国語[配給] autoaiD Integrated Design

ゲキ×シネ『蒼の乱』台湾上映・天海祐希舞台挨拶

※台湾上映に先立ち、主演・天海祐希さんによる舞台挨拶付きのプレミア上映が決定!
日時:6月5日(金)18:40より
会場:VieShow Cinema Taipei QSquare(台湾/台北市)
詳細:プレミア上映の詳細は、下記サイトをご確認下さい。
autoaiD Integrated Design Fan Page :https://www.facebook.com/autoaidesign?fref=ts

■ゲキ×シネとは
生の感動が売りの演劇を映像化して、より多くの人に見てほしい、長く残したい。そんな思いが生んだ新しいエンターテインメントスタイルが「ゲキ×シネ」。従来の劇場中継では舞台の面白さになかなか追いつけなかったところを、10数台のHD カメラを用いることで、舞台上のあらゆる瞬間をおさめることに成功した。舞台俳優の細やかな目線や仕草、汗や涙のクローズアップは舞台では味わえないゲキ×シネならではの魅力のひとつ。2014年にプロジェクト10周年を迎えた。

■劇団☆新感線とは
1980年11月、大阪芸術大学舞台芸術学科の四回生を中心にしたメンバーで旗揚げ。劇団名は当時のメンバーが実家に帰省する際、新幹線を使っていたというだけのいい加減な理由だった。つかこうへい作品のコピー劇団として人気爆発、関西学生演劇ブームの中心的存在となる。オリジナル路線に変更後は、お笑い、ロック、活劇がふんだんに詰まったエンターテインメントを極めていく。現在では「いのうえ歌舞伎」「新感線R」「ネタもの」シリーズに細分化されており、その独特の個性は“新感線イズム”として確立、劇団☆新感線はエンターテインメントの中のジャンルのひとつとして語られるようになった。俳優が出演したい劇団として定評があることから、毎作における豪華な客演の俳優陣も見どころである。これまでの劇団最多動員数は、2012年越冬公演『ZIPANG PUNK.五右衛門ロックⅢ』にて、約13万人を突破した。今年、劇団☆新感線は35周年を迎える。

********************************************************************


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ