『カラスの親指』の感想


東京国際映画祭のときに観させていただいた作品のひとつ。
グリーンカーペットでも華やかに映画祭を彩っていました。
(そのときの模様はこちら: http://eigajoho.com/?p=2204 )

『カラスの親指』
(c)道尾秀介・講談社/
2012「カラスの親指」フィルムパートーナーズ

直木賞作家・道尾秀介さんの代表作の映画化。

どん底人生を送る2人の中年詐欺師タケ(阿部寛)とテツ(村上ショージ)。小さな詐欺で生計を立てている。

そこにひょんなエピソードから、極貧の若者 石原さとみ、能年玲奈、小柳友が転がり込んできて。。。。

一発逆転を狙った計画で一世一代の大勝負をかける。

っていうストーリー。

11月23日(金・祝)全国ロードショーです。

阿部さんの相棒テツを演じる村上ジョージが良い味出してます。
下手な演技と、もごもごした朴訥なしゃべりがテツさんぽいんです。

そして、

ポスタービジュアルは石原さとみさんが前面ですが、実は、
河合まひろ役の能年玲奈さんがKEYになっていて、彼女がとっても素直に良い感じ。
他の作品も見てみたい彼女です。


映画は、コメデイー部分とシリアスが絡み合い、笑わせてくれるし、最後まで見るとタイトルの意味も分り、すっきりしてスクリーンを離れられます。

面白かった!

のですが、

160分長い。
そして、2時間半のTVドラマを観たような感覚。
何なんでしょう。

原作があるのでしょうがないのかもしれませんが、
一発逆転計画の部分は映画的にもう少し工夫しても。。。
って思ってしまいました。

何かもったいない気がします。
でも、面白かったのも事実です。
********************************************************************




『カラスの親指』
出演:阿部寛 石原さとみ 能年玲奈 小柳友/村上ショージ ほか
原作:道尾秀介『カラスの親指 by rule of CROW’s thumb』(講談社文庫) 
監督・脚本:伊藤匡史
配給:20世紀フォックス/ファントム・フィルム
(c)道尾秀介・講談社/2012「カラスの親指」フィルムパートーナーズ
上映時間 160分

公式ホームページ:http://movies.foxjapan.com/crow/index.html/
********************************************************************

観てから読むか。。読んでから見るか。

関連記事:


コメントを残す

良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ