江戸の心意気を!杏さん登壇「百日紅」初日舞台挨拶


ついに公開!『百日紅~Miss HOKUSAI~』

初日舞台挨拶。劇場に杏さん、松重豊さん、濱田岳さん、立川談春さん、清水詩音さん、原恵一監督が結集!

百日紅_初日舞台挨拶2
葛飾北斎の娘である浮世絵師・お栄と父、北斎とその仲間たちが江戸の街で姿が江戸の四季をとおして描かれる<爽快>浮世エンターテインメント『百日紅~Miss HOKUSAI~』が遂に5月9日(土)よりTOHOシネマズ日本橋、テアトル新宿他全国公開となり、初日舞台挨拶が行われました。

日時:5月9日(土) 
登壇者:杏、松重豊、濱田岳、立川談春、清水詩音、原 恵一監督
会場: テアトル新宿

MC:ご挨拶と初日を迎えて

杏さん:お早うございます。朝からご足労いただきありがとうございます。
お仕事の話は1年ほど前にいただいたのですが、大好きな杉浦日向子さんの作品ですし憧れていたアニメ映画ということで即諾しました。光栄でした。1年間製作のご苦労などあったかと思いますが、今日のこの日を待ちどおしく思っていました。できれば、今日も観たいなとおもうくらい、何度でも観たくなる作品になっています。
百日紅_初日舞台挨拶_杏3
原恵一監督原監督:これだけのお客さんに集まっていただき光栄です。原作者の杉浦日向子さんに対して誠実に。そして自分にも誠実に創った作品です。だからと言って堅苦しくなくエンターテインメント作品です。ここから先はお客さんが頼りです。宜しくお願いします。

松重さん:子供が観ていたクレヨンしんちゃんをみて、凄い監督さんだなと思っていたので、光栄で。でも、まさかアニメの仕事を、しかも葛飾北斎というやりごたえのある役で。本当に気合入れて準備して、2日あると聞いていたのですが・・・3時間で終わってしまったんです。3時間ではありましたが、そこに込めた僕の愛情は並大抵低のものではありません。楽しんでいってください。
百日紅_初日舞台挨拶_松重豊
百日紅_初日舞台挨拶_濱田岳濱田:原監督の作品だったので、即やります!とお答えして。

でもアニメだと後で聞いて・・初めての声優さんで緊張していたところ、先に声入れした松重さんから、こんな感じだったよと。3時間で終わったけどね。

と、自慢だかプレッシャーだかかけられました。で、頑張るぞと思いました。
  
百日紅_初日舞台挨拶_立川談春館川さん:原監督から電話ですって言われて何事って思ったわけです。普通原監督って言ったらジャイアンツですよ。(笑)びっくりしました。声優が落語と違うのは、後ろに、みなさんいるわけです。落語にはないでしょ客が後ろにいるのって。妙なプレッシャーで。・・・OKです。・・間が長い。・妥協してるのかなと。

作品は、華も月も雪も水も美しいですが風にも色が見えるような素晴らしいんで!

百日紅_初日舞台挨拶_清水詩音 清水さん:役は目が見えないので、感情が見て話す言葉にならないように、監督にアドバイスいただきながら演じました。自然に表現するのが難しかったです。今日初日を迎えて皆さんに観ていただけると思うと緊張しますが、嬉しい気持ちでいっぱいです。

館川さん:大人で立派だね。

MC:主題歌が椎名さんの「最果てが見たい」ですが

杏さん:杉浦さん作品に出させていただけるだけでも光栄ですが、曲も大好きな椎名林檎さん。小躍りするぐらい嬉しかったです。北斎は90位まで生きて、でも、あと5年、10年いきていたら本当の絵描きになれたかもって死んでいったと。クリエイターの業を感じる存在で、お栄もですが。最果てをみたい。その最果てを見たいのか、追い続けるのが作り手の業なのか。そんなクリエータの業がリンクしていると感じました。

百日紅_初日舞台挨拶_杏2
MC:10か国での公開ですが
原監督:北斎と言う名は欧州の人には親しみのある人物なので。興味を持っていただけるのでないかと思います。今までの経験から日本人とあまり感覚は変わらないと思います。でも、今回は時代劇なので、江戸時代って女性が虐げられていたイメージがあるようで・・でも、杉浦さんが描く町人の女性は大切にされていて。独身男だらけだったんでね。女性は大切にされていた世界だったらしいので。認識のギャップがありますね。

今回は、現場スタッフを含め兎に角、女性が強かったです。男はダメですね。(杏さん苦笑)


最後に一言

館川さん:お楽しみください。
濱田さん:早く観てもらいたい気持ちでいっぱいです。

清水さん:百日紅はとても新鮮な映画です。日本でも世界でも、大人から私くらいの子供にも観てもらいたいです。

松重さん:お手持ちのSNSなどで発信していただけると幸いです

杏さん:実は私の生まれた年が、江戸時代生まれの方がなくなった最後の年でした。江戸が途切れないように、私達が見て感じて。つなげていくことが使命でもあり楽しみでもあると思います。江戸の景色や心意気がいっぱい詰まっています。それを皆さんで感じていただいて共有していただければと思います。

原監督:多くの方たちに支えられて自信をもって出来上がりました。ワクワクします。かなり凝縮感のある作品い出来上がったとおもいます。この作品を末永く愛してください。今日はありがとうございました

フォトセッションでは、お客席さんがもった百日紅の花うちわが咲き乱れた初日舞台挨拶となりました。

百日紅_初日舞台挨拶
第39回アヌシー国際アニメーション映画祭
長編コンペ部門正式出品決定!!

『百日紅(さるすべり)』

5月9日(土)本日より全国ロードショー!

sarusuberi-movie.com


********************************************************************


監督:原 恵一
(『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』、『河童のクゥと夏休み』、『カラフル』)
原作:杉浦日向子「百日紅」
出演:杏、松重豊、濱田岳、高良健吾、美保純、清水詩音、麻生久美子、筒井道隆、立川談春
入野自由、矢島晶子、藤原啓治

制作:Production I.G 配給:東京テアトル
(c)2014-2015杉浦日向子・MS.HS/「百日紅」製作委員会
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ