暴走するパパラッチは・・『ナイトクローラー』日本版予告編解禁


暴走する報道映像パパラッチが行き着く先は…

メディアが取り上げ難いテーマを、センセーショナルかつリアルに描いた

ナイトクローラー

8月22日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿シネマカリテほかで全国公開となります。

アカデミー賞®ノミネート、米国レビューサイトRotten Tomatoesで驚異の満足度95%といった本国での評価。

全編に渡ってスリルと緊張感に満ちた本作の日本オリジナルの予告編が解禁となりました!



深夜のL.A.、傍受した警察無線をスタート合図に、猛スピードで車を走らせ、いち早く事件・事故現場に駆け付けて被害者にカメラを向ける。

そして、手に入れた映像をテレビ局に売り捌き、カネを得る。ジェイク・ギレンホール演じるどこにでもいそうな謙虚で平凡な主人公ルーが、報道スクープ専門の映像パパラッチ“ナイトクローラー”という仕事に出会い、業界に染まっていくと同時に、欲望のままエスカレートしていき、狂気に満ちて、常識を逸脱した行動をとっていく様がおぞましく描かれています。

果たしてこの男が行きつく映画史上かつてない“戦慄のハッピーエンド”とは…。

主演は、『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞®にノミネートされたジェイク・ギレンホール。我々の隣にもいるごく普通の男に潜む底なしの狂気に満ちた怪演により絶賛評。

「デカく当てたいなら、リスクをとれ!!!」

と何度も絶叫を繰り返すギレンホールは目元が窪むほど、約10kgも体重を落とし、本作にへ挑んでいます。

監督は本作が初の監督作品となるダン・ギルロイ。
『ボーン・レガシー』の脚本を手掛けていた方ですね。

ギレンホールが演じるルーについて、

監督:“トラブルを抱えているが、ある種の才能がある”そんなキャラクターに興味をそそられた。ルーは絶望的な状況の中で天職を見つけるんだ。ジェイクにとってこの役柄は変身だったと思う。文字通りの変身だ。彼ほど懸命に自らを駆り立てる役者は稀だね。

と大きな賛辞を送っているそうです。

そして、遂にルーは一線を越える。

ナイトクローラー

は8月22日(土)待望の公開です。

公式サイト:nightcrawler.gaga.ne.jp


********************************************************************

ナイトクローラー_ポスター 監督・脚本:ダン・ギルロイ『ボーン・レガシー』脚本
出演:ジェイク・ギレンホール『ミッション:8ミニッツ』、レネ・ルッソ『マイティ・ソー』シリーズ、ビル・パクストン『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
提供:カルチュア・パブリッシャーズ、ギャガ  
配給:ギャガ
原題:NIGHTCRAWLER/2014年/米映画/言語:英語/118分/カラー/シネスコ/字幕翻訳:風間綾平/映倫<G>

© 2013 BOLD FILMS PRODUCITONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ