日活!ロマンポルノ リブートプロジェクト始動!


日活株式会社が1971年に製作を開始した「日活ロマンポルノ」が、来年2016年に生誕45周年を迎えます。

そして、この45周年をスタートとして、2021年の50周年へ向け、新作製作と旧作の活性化をあわせた横断的なロマンポルノリブートプロジェクトを開始するそうです。

今回、若い世代へ、そして女性層へ!

ROMAN PORNO REBOOT PROJECTの始動にあたって日活さんからのメッセージです

2012年、日活創立100周年記念と銘うったロマンポルノ特集上映は、映画作品として新しい価値を訴求し、古いイメージを払拭することを目指し実施しました。

そして、これをきっかけに、若い世代や女性層 など、これまでロマンポルノに触れる機会がなかった新しい観客を開拓できました。最近では、俳優・女優をはじめとして、若い世代の方々が、ロマンポルノ作品に対する興奮と興味を公言し、伝えてくれています。

製作開始当時、ロマンポルノは男性向けのエンターテインメントでした。

「an・an」が最初にSEX特集を行ったのが1989年。ロマンポルノが終焉 したのが1988年。女性誌が性を堂々と語ることが解禁されるのには、ロマンポルノ閉幕の翌年までまたなければなりませんでした。

2015年の現在では、an・anだけでなく、さまざまな女性誌において、性に関する特集が組まれています。読者からの赤裸々な悩み相談などをみても、現代社会において、SEXは恋愛とともに日常的に語られる話題のひとつとなっています。

いま、ロマンポルノが再評価される理由として、人間の本質を描くためには性を描くことが不可欠であること、男女の葛藤や喜びを赤裸々に表現し、さらにその時代の風俗やファッションや文化の流行を敏感に作品に取り込んでいたこと、社会性が強いテーマも扱っていたことなどがあげられます。

その再評価の機運にのり、

1.まず新作製作プロジェクトにおいて、第一線の映画監督たちへ、現代の性と男と女のドラマを描く表現の場を提供します。

2.さらに、旧作ロマンポルノのマスターピース作品群の上映を行い、ロマンポルノの”早すぎた映像表現”を 鑑賞する土壌を世代、地域ともに広げていきます。

この2つが、ロマンポルノリブートプロジェクトの主な目的となります。

プロジェクト第一弾として、2016年一般劇場での公開を目指し、これまでロマン ポルノ作品を監督していない、第一線の監督たちによる完全オリジナルの新作ロマンポルノを、BSスカパー!をパートナーとして2015年初夏より製作開始。

同じ条件を課された監督たちが、どのような性愛の表現に挑戦するのか、そこからどんな女優・俳優たち が生まれてくるのか。

新たな映像表現を獲得するための“挑戦と遊戯”の場として、日活はロマンポルノをリブートされます。

新作に関する続報は、2015年末に発表予定!

********************************************************************



関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ