吉永x二宮の『母と暮せば』で、新たなキャスティング発表!


山田洋次監督の83作目となる最新作

母と暮せば

やさしく泣けるファンタジーは2015年12月12日(土)より公開となります。

終戦70年となる今年、その井上さんの想いに捧げ映画化!!

母・伸子役に吉永小百合さん、息子の浩二役に二宮和也さん、浩二の恋人・町子役に黒木華さんという豪華キャスティングで描かれます。

吉永小百合さんからのコメント

ニノと腕を組んで撮影して、サユユは幸せです。優しい夢のようなポスターが出来ました。ポスターに負けないような作品の完成をめざして、これから頑張ります!(サユユ…去年12月、二宮さんが嵐のコンサートの舞台で、私のことを「今度サユユと共演します」と言っていらしたので)

クリエイティブ・ディレクター 高崎卓馬さんからのコメント

死んだはずの息子とその母の物語。この台本を読んで、泣いてしまいました。山田監督と何度もお話をして、この映画の後の世界を一枚の絵にするようにしました。母と息子のなかにある永遠の物語を表現しました。
現場に突然現れた山田監督の演技指導がはじまって、どんどん吉永さんと二宮さんが本物の親子にしか見えなくなって本当に驚きました。

そして、今朝、既に発表されていた出演者に加え追加キャスト2名が解禁。

加藤健一×浅野忠信
キャスト情報は一人で暮らす伸子(吉永)を心配し何かと世話を焼く“上海のおじさん”役に、舞台を中心に活躍し日本演劇界を代表する俳優、加藤健一さん。

そして、黒木華演じる町子に心惹かれていく青年・黒田役に、山田組には吉永小百合主演の『母べえ』(07)以来の出演となる浅野忠信さんです。

気になる物語は・・・
1948年8月9日。長崎で助産婦をして暮らす伸子の前に、3年前に原爆で亡くしたはずの息子・浩二がひょっこり現れる。「母さんは諦めが悪いからなかなか出てこられなかったんだよ」。その日から、浩二は時々伸子の前に現れるようになる。二人はたくさんの話をするが、一番の関心は浩二の恋人・町子のことだった。「いつかあの子の幸せも考えなきゃね」。そんなふたりの時間は、奇妙だったけれど、楽しかった。その幸せは永遠に続くようにみえた―。

なお、特報が完成していて、5月2日(土)より全国の劇場にて上映開始予定となっております。オフィシャルHP(http://hahatokuraseba.jp/)上では既にみられます。

松竹120周年記念映画『母と暮せば

12月12日(土)は全国ロードショーです。

********************************************************************

吉永小百合 二宮和也
黒木華 浅野忠信 加藤健一

監督/山田洋次
脚本/山田洋次・平松恵美子
企画/井上麻矢(こまつ座) プロデューサー/榎望
撮影/近森眞史 美術/出川三男 照明/渡邊孝一 編集/石井巌 録音/岸田和美
製作/「母と暮せば」製作委員会 制作・配給/松竹株式会社
(C)2015「母と暮せば」製作委員会
  
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ