佐々木蔵之介x永作博美『夫婦フーフー日記』


今回ご紹介するのは5月30日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショーの
夫婦フーフー日記ポスター
夫婦フーフー日記

原作は、闘病ブログから生まれた「がんフーフー日記」。

夫婦が駆け抜けた493日闘病ブログとして人気となって2011年に小学館刊で籍化されたもの。

「ダンナ」ことライターの清水浩司が、長年友人だった書店員の「ヨメ」と、出会って17年目にして結婚。

1ヵ月後に妊娠発覚。

その5ヵ月後にはヨメに悪性腫瘍が発覚し、怒涛の育児と闘病生活を送る事となってしまいます・・・

主演を務めるのは佐々木蔵之介さん。
作家を目指すも、ヨメを亡くし、残された赤ん坊を抱えて育児と仕事に奔走するダンナ、という役どころ。

同じく主演を務めるのは永作博美さん。
愛情深くダンナを支え、亡くなった後も、ダンナの前に幻影として現れるヨメを演じます。「生前元気な姿のヨメ」とダンナの前に突如現れる「死んだはずのヨメ」という2つの姿を演じ、女優としての真価を見せつけます。

10年ぶりに再共演を果たし、息の合った掛け合いを見せる実力派俳優のふたりが、家族の物語を紡いでいます。
夫婦フーフー日記
物語・・・

夫婦フーフー日記s6出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ)とユーコ(ヨメ)。

入籍直後に妊娠が発覚し、幸せの絶頂のさなか、ヨメの直腸に悪性腫瘍が見つかる。夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。

やがてそのブログは、夫婦の日々を綴るものになっていく。そして、夫婦待望の赤ん坊“ペー”が誕生。家族の未来に希望をもち始めた矢先、ヨメの病状が悪化し始める。死期迫るヨメが最後に食べたいと望んだのは、彼女のソウルフードのハンバーガーだった。その数日後、ヨメは他界してしまう。

夫婦フーフー日記s1そんなおり、ダンナのブログに書籍化の話が持ち上がり、原稿に向き合うことで現実逃避をするダンナ。そんな彼の前に、彼の心が見せる幻影? なのか、死んだはずのヨメが現れ・・・。

原稿をまとめたいのに、ヨメのちゃちゃが入り、いつしかふたりで、夫婦として過ごしてきた日々を振り返っていく。そこから見えてきたのは、あの時伝えられなかったそれぞれの想い。


やがて、ブログには書かれなかった真実が明らかに・・・

夫婦フーフー日記

2015年5月30日(土)より、新宿ピカデリーほか全国ロードショー

公式サイト: fu-fu-nikki.com

********************************************************************

出演:佐々木蔵之介 永作博美 / 佐藤仁美 高橋周平 / 並樹史朗 梅沢昌代 大石吾朗 吉本選江 宇野祥平 小市慢太郎 / 杉本哲太
原作:川崎フーフ「がんフーフー日記」(小学館刊) 
監督:前田弘二 脚本:林民夫・前田弘二 
製作:「夫婦フーフー日記」製作委員会
企画製作プロダクション:ダブ 
配給:ショウゲート 




関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ