第7回沖縄国際映画祭クロージング レポート


島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭

3月29日(日)、那覇市の国際通りにて「那覇国際通りレッドカーペット」が開催されました。

晴天の中、国際通りに敷かれた全長170mのレッドカーペットの周りには、人気の俳優やお笑い芸人をひと目見ようと、多くの人が訪れました。

沖縄国際映画祭レッドカーペット1
沖縄国際映画祭レッドカーペット4 『鏡の中の笑顔たち』白石隼也さん 夏菜さん

沖縄国際映画祭レッドカーペット8 『原宿デニール』 武田梨奈さん

沖縄国際映画祭レッドカーペット3 『任侠野郎』で、レッドカーペットに初めて登場したトリンドル玲奈さん

沖縄国際映画祭レッドカーペット2 沖縄国際映画祭レッドカーペットZアイランド 『Zアイランド』の作品を携えて登場した哀川翔さん、木村祐一さん、宮川大輔さん、川島邦裕さん(野性爆弾)、品川ヒロシ監督。ゾンビの宮川さんが怖い。

沖縄国際映画祭レッドカーペット5 沖縄国際映画祭レッドカーペット6 映画『虎影』で主演の斎藤工さん

同日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターでは、ビーチステージで「島ぜんぶでおーきな祭 第7回沖縄国際映画祭」のクロージングセレモニーが行われました。

沖縄国際映画祭クロージング セレモニーでは、沖縄を除く46都道府県が地元に来たくなるようなCM作りを競い合う「JIMOT CM CONPETITION」の表彰、同じく沖縄版の「沖縄県41市町村JIMOT CM CONPETITION」の表彰、カテゴリーや上映時間にとらわれず、次代を担う映像作家を発掘する「CREATOR’S FACTORY」の表彰が行われました。

「JIMOT CM CONPETITION」の46都道府県のグランプリには鳥取県の「鳥取しゃんしゃん祭り」、沖縄県41市町村のグランプリには座間味村の「海の幸祭り」。


「CREATOR’S FACTORY」の頂点には本吉聡子監督の『傷人形』が選ばれました。

受賞した本吉さんは、

「この度はこのような賞を頂き、本当にありがとうございました。
初めて制作した映画で、初めて出品した映画祭の皆様に評価して頂けたことを、とても嬉しく、光栄に思っております。

クリエイターズファクトリーの審査会ではたくさんの良い刺激をもらい、様々な意見を聞くことができて幸せな時間を過ごさせて頂きました。この場をお借りして、滞在期間中お世話になった沖縄国際映画祭の皆様に改めてお礼申し上げます。「傷人形」はわたしが大学3回生の頃から卒業を経て3年間制作してきた作品です。
作品のテーマにもなっている〝自分の内面〟と向き合うのに疲れ、何度も何度も頓挫しそうになりました。

しかし、わたしが行き詰るたびに励まし一緒に考えてくれる制作スタッフや、叱咤激励してくださる先生方、見守ってくれる家族や話を聞いてくれる友人たち、わたしと関わってくださった全ての方の力をお借りして完成することができました。審査会で観客の皆様に見て頂き、様々な感想を頂く中で、少しずつ「傷人形」を誇りに思えてきたのを覚えています。完成当初は良いも悪いも判断できないものでしたが、この映画祭を通して監督であるわたしも気付いていなかった新たな発見や、改めて思い知った未熟な点、成功したと思えた点、たくさんのことを教えていただきました。この喜びをかみしめつつ、「傷人形」をもっと多くの人に見ていただけるよう努め、そして次の制作に心を傾けていきたいと思います。よりおもしろい作品をつくって、またここ沖縄に来られるよう頑張ります!
この度は本当に、ありがとうございました。」

沖縄国際映画祭クロージング3
クロージングセレモニーは幕を閉じました。
********************************************************************

     
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ