坂本龍一氏が国際映画製作者連盟賞を受賞


本日、アジア太平洋スクリーンアワード(Asia Pacific Screen Awards : APSA) および国際映画製作者連盟(International Federation of Film Producers Associations: FIAPF)により、2012年の国際映画製作者連盟賞(以下:FIAPF賞)が国際的に有名な日本の作曲家、俳優、そして音楽家として活躍する坂本龍一氏に授与されることが発表されました。氏のアジア太平洋地域の映画界における優れた業績を評価してのものです。



坂本龍一氏は、映画音楽の作曲において、これまでにアカデミー賞(Oscar®)およびグラミー賞(Grammy®)の受賞、またゴールデン・グローブ賞(Golden Globe®)を2回受賞されており、11月23日にオーストラリアのブリスベンで開催される第6回APSA授賞式に自ら出席される予定です。
今年の授賞式で、坂本氏による2曲の演奏が確定しており、オーストラリアでの特別パフォーマンスは授賞式のハイライトになると思われます。

また長編アニメーション部門に挙げられた5作品のうち4作品が日本からで、各候補作品のプロデューサーには(以下敬称略)、『コクリコ坂から』(鈴木敏夫)、『ももへの手紙』(石川光久 池田宏之、渡辺繁、濱名一哉)、『虹色ほたる』(梅澤淳稔)、『おおかみこどもの雨と雪』(齋藤優一郎、伊藤卓哉、渡邊隆史)が候補に挙がっています。

子ども映画部門の候補に日本から是枝裕和氏の監督作品、『奇跡』(プロデューサー:小池賢太郎 / 田口聖、協力プロデューサー:小竹里美)が挙がりました。ドキュメンタリー映画部門では日・韓・フィンランドの合作『かたつむりの惑星(Planet of Snail)』 (プロデューサー:キム・ミンチュル、ギャリー・カム、協力プロデューサー:ジェン・ニスカラ、今村研一)がノミネートされています。

今年で6回目を迎えるアジア太平洋スクリーンアワードでは、日本から6作品がノミネートされており、トルコと並んでノミネートの本年最多数の国です。日本からの映画は、ドキュメンタリー映画部門、長編アニメーション、および子ども映画部門の3部門で候補入りを果たし、各部門の最優秀賞の受賞者はアジア太平洋スクリーンアカデミー会員により選出されます。

アジア太平洋スクリーンアワードは、イベンツ・クィーンズランドの協賛によるオーストラリアのクィーンズランド州政府の国際的な文化イニシアティブで、ユネスコおよび国際映画製作者連盟の支援を受け、欧州映画アカデミー、オーストラリア映画協会(Australian Film Institute: AFI) 、およびオーストラリア映画テレビジョン芸術アカデミー(Australian Academy of Cinema and Television Arts: AACTA)と提携しています。

関連記事:


コメントを残す

良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ