岩松了×光石研トークショー『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』大ヒット記念イベント



11月もロングラン上映を続ける、演劇史に名を残す偉大な演出家、ピーター・ブルックの稽古場を初めて映像化したドキュメンタリー映画

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

は、大ヒット御礼を記念し、劇作家・演出家・俳優の岩松了さん、俳優の光石研さんによるスペシャルトークショーが開催されました!

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古トーク2
開場前から待機列が出来るほどの期待感に包まれた今回のトークショーでは、芝居を始めた時に先生にピーター・ブルック著「なにもない空間」を渡されたという演出家の岩松了さんと、現在公演中の岩松了さん演出の舞台「水の戯れ」に出演している俳優の光石研さんが登壇。

岩松さんは、本作を観た感想を尋ねられると

岩松さん:稽古風景で、しかも映像で撮っているから、すごい距離がある。映像は基本的に過去じゃないので、時間的にも距離がある。この映画を見ながら自分の稽古を客観的に見るとこんな感じかなと思った。芝居の稽古は客観的にみると“何この人たち”と感じると思う。ピーター・ブルック自身も映画の冒頭で「(撮られることに対して)違和感がある」と言っている。自分の稽古場にも関係ない人が見に来たらそう思うのかなと思いながら観ました。

と演出家ならではの視点から感想を語りました。

続いて、ピーター・ブルックが映画の中で語っている「役者とは非日常を日常にする作業だ」という言葉から、舞台の稽古という非日常をどのように日常にしていっているかと問われた光石研さんは次のように語りました。

光石さん:(舞台は)映画のセットと同じように演技をしてみると、お客さんがいることで全然違う。映画などの映像の場合は演じる際に見られているという意識がない。舞台の場合は、まず皆が観るという大前提がある。お客さんが観に来ていることを意識しつつも、舞台を360度使えるような意識で演じている。

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古トーク
次に岩松さんは演出家から見たピーター・ブルックの稽古のアプローチについて問われると、

岩松さん:芝居で役者のやるべきことはなんだろうと考えた時に、なにか表現することを方法論的に考えるという考え方もあれば、一方で“なにもしない”という考え方もある。なにもしないというのは、リアクションの問題だと思う。表現するというより、リアクションすると表現した方がいい。ピーター・ブルックはリアクションというよりは、何らかの仮想されたものに対してのアクションを考えてるような気がする。

ピーターはよくシェイクスピアを引き合いに出しますが、シェイクスピアの芝居は人を殺そうとする人は「私は人を殺す」というセリフで説明する。一方でチェーホフは、人はホントのことは言わないという前提に立っている。それはひとは見られるからだという立場に立っており、見られているから「殺す」とは言わない。

ピーター・ブルックにすごく共感するのは、「はじめに戻そう」としていること。最初の一歩目はどうなの、というところに注目してやっている。二十歳ぐらいの時に「なにもない空間」を読んで、未だに覚えているのは「主婦が料理をするレシピはすごくドラマチックなものなんだ」という表現。我々が生活をしている上で、なにを大切にするべきか、疎かににしてはいけないこと、演劇の始まりはどこなのかということ。演劇そのものは無条件にあるものではなく、生活の中で抽出したものだと気づかせてくれる。

ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古
最後にピーター・ブルックも語る演じていて“なにかが降りてきた”瞬間について、

岩松さん:5年ぶりの舞台(水の戯れ)で、まだ3日しかやっておらず、まだなにも降りてきていない。ただ夢中にやっている。ただお客さんの目をぐっと感じると僕が突き動かされると感じる。今やっている舞台のラストは僕というよりも皆さん力で感情が動くことをすごく感じている。是非観て欲しい。

と語りました。

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

公式HP: http://www.peterbrook.jp/index.html



********************************************************************


岩松了プロフィール
(劇作家・演出家・俳優)
1952年3月26日生まれ 長崎県出身自由劇場、東京乾電池を経て、劇作家・演出家・俳優として幅広く活躍。東京乾電池在籍中に「蒲団と達磨』(89)で第33回岸田国士戯曲賞、「こわれゆく男」「鳩を飼う姉妹」(94)で第28回紀伊國屋演劇賞個人賞、「テレビ・デイズ」(98)で第49回読売文学賞を受賞するなど、演劇界の鬼才として名を馳せる。
97年には映画「東京日和」で第21回日本アカデミー賞優秀脚本賞を受賞。
俳優としてもドラマ・映画・舞台で活躍。近年は映画監督としても活動している。
*今後の予定*
11月1日~『水の戯れ』(本多劇場他)
2015年3月~『結びの庭』(本多劇場他)

光石研プロフィール
(俳優)
1961年9月26日生まれ、福岡県出身。『博多っ子純情』(78/曽根中生監督)で主役に抜擢されて俳優デビュー。以後、数多くの映画に出演し、今や日本映画界において欠かせない存在。
*今後の出演作品*
11月1日~『水の戯れ』(本多劇場他)
12月20日~『バンクーバーの朝日』(石井裕也監督)

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

フランス・イタリア/86分/英語・フランス語/日本語字幕付/2012
配給:ピクチャーズデプト 提供:鈍牛倶楽部
特別協賛:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団
 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ