『カバディーン!!!!!!!~激突・怒黒高校篇~』の初日舞台挨拶



映画『カバディーン!!!!!!!』シリーズ第2弾である『カバディーン!!!!!!!~激突・怒黒高校篇~』の初日舞台挨拶が新宿ミラノにて開催され、主演の渡辺大輔ほか、高木万平、斉藤秀翼、山田ジェームス武、中村龍介、田中稔彦、髙﨑俊吾、倉冨尚人、アベユーイチ監督が登壇しました。

【イベント概要】『カバディーン!!!!!!!~激突・怒黒高校篇~』初日舞台挨拶
【日時】 10月11日(土)【場所】 新宿ミラノ2
【登壇者】渡辺大輔/高木万平/斉藤秀翼/山田ジェームス武/中村龍介/田中稔彦/髙﨑俊吾/倉冨尚人/アベユーイチ監督

カバディーン!!!!!!!~激突・怒黒高校篇~
MC:はじめに、撮影から5ヶ月を経ての劇場公開となった今の気持ちは?

渡辺さん:率直に嬉しい限りです。スタッフや関係者、そしてファンの皆さんの力が集まって、こうして劇場公開へと繋がったと思っています。

MC:本作は日本ではまだ知名度が高くないスポーツ“カバディ”を題材とした映画ですが。
渡辺さん:先日行われたアジア大会でも、カバディの特集がされていて、徐々に認知度が上がっていると感じています。この映画も、相乗効果で盛り上がっていけばいいなと願っています。

と、思いを打ち明けました。


MC:映画の中では、カバディの練習に明け暮れる高校生達を描きながらも、その目的は熊と闘うための特訓だった、という形で話しが展開していくのですが、その設定をはじめて知った時の感想について

渡辺さん:斬新すぎる!
高木さん:熊か!?実際の撮影はどうなるのだろうか?
斉藤さん:もちろん熊にも驚きましたが、それ以上に、熱いお話しだなと感じました。このお話しを20代のみんなで集まって演じるということに、とてもワクワクしました。
31歳の渡辺は斉藤をじっと見つめ、その様子に会場からは笑いが起こりました。
更に斉藤が小さな声で「30代・・・」とつぶやき、笑いが!

MC:更に、激しいアクションシーンが見どころですが。
山田さん:普段アクションをすることはあまりなかったので、(田中)稔彦君のアクロバットなシーンや、監督の演出など、とても勉強になりました。
と述べ、続けて
中村さん:カバディを通したアクションが、熊と闘うための手法だったという展開に、さすがアベ監督だなと思いました。
と、ウルトラマンシリーズなどで、アクションに定評のあるアベ監督を称えました。


最後に
渡辺さん:カバディはまだまだマイナーなスポーツですが、アジア大会のニュースなどをきっかけに知っていただいて、更に映画にも足を運んでいただけたら嬉しいです。

とカバディと本作の更なる認知度向上を願う形で挨拶を締めくくり、舞台挨拶は終了となりました。


映画『カバディーン!!!!!!!~激突・怒黒高校篇~』は、新宿ミラノほかにて公開中です。


********************************************************************


売れない萌え系マンガ家の伏見淳(渡辺大輔)が次回作の取材のため怒黒高校の女子カバディ部を訪れるが、すでに廃部となっており、仕方なく高校生に扮し男子カバディ部へと潜入する。

そこには、口数は少ないが男気のある主将の城戸(高木万平)を筆頭に「カバディ」に青春の全てを注ぎ込む超体育会系イケメン部員6名が在籍しており、7人目のメンバーにされた主人公は秘密の練習場がある深い森の中に連れて行かれる。
あまりの過酷な練習に主人公は逃げ出そうとするが、関西からやってきた高校生ミナミ(斉藤秀翼)の登場により、次第にこの地獄の練習に隠された意味があることに気づき始める・・・。

出演:渡辺大輔
山田ジェームス武 中村龍介 小笠原健 田中稔彦 髙﨑俊吾
屋良 学 江口 信 倉富尚人 加藤大騎 
斉藤秀翼 高木万平
監督:アベユーイチ 脚本:大浦光太 
製作:佐伯寛之/長田安正/菅谷英一 企画:村田亮/小原剛 
プロデューサー:村田亮  
製作:「カバディーン!!!!!!!」製作委員会
(サモワール、ユナイテッドエンタテインメント、グループファーストエース)
製作プロダクション:サモワール
 配給・宣伝:ユナイテッドエンタテインメント
(C)2014「カバディーン!!!!!!!」製作委員会 
2014年/日本/カラー/ステレオ/92分


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ