絶賛のコメントじゃないけど・・『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』


有吉弘行さんに続き、みうらじゅんさんからもコメント到着!
まあ共に絶賛コメントじゃないけどね。

『テッド』のセス・マクファーレン監督最新作

『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』

が、10月10日(金)より公開となります。

『テッド』でファンタジー映画の常識を打ち破ったセスが次に選んだのは、歴史上最高レベルにイカれていた(?)であろう西部開拓時代の田舎町。「古き良きワイルド・ウエスト」なんてロマンチックに語り継がれるフロンティア伝説をセスは真っ向否定し、地味で冴えない羊飼いの“西部劇らしからぬ”生きざまを、斬新な視点で描きます。

荒野はつらいよ
前回ご紹介した、テッドの日本語吹替えを担当した有吉弘行さんが「テッドとは違うんだろう。下ネタやマニアックなギャグはないきんちょう感のある西部劇だと思った自分が恥ずかしい。下品な映画じゃねえかよ(笑)!!」とコメントしていた本作。

そんな有吉さんに引き続きイラストレーターのみうらじゅんさんからも絶賛ならぬ絶妙なコメントが到着いたしました。

セス・マクファーレンの映画がただの西部劇で終わるわけがない!と、公開を心待ちにしている方も多いかと思いますが、実際問題どんな展開が待っているのか?そんなみなさんの疑問に答えるように、みうらさんは絶妙な一言で本作の魅力を表現しています。

オレもかねがね荒野はつらいと思っていたので 愛あるウ○コチ○チ○・ウェスタンに感動!

by みうらじゅん(イラストレーターなど)

どうでしょう?いろんな意味で映画に興味がわく、前代未聞の素晴らしいコメントではないでしょうか?

この一言に本作の魅力が凝縮されています!

有吉さん、みうらさんのコメントの意味は、ぜひあなたの目でお確かめください。
ある有名アナウンサーもシャーリーズ・セロンにあんなことをさせるなんて下品すぎる!って言ってました。


『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
公式サイト: http://kouya-tsuraiyo.jp/

試写いけなかったんだよね・・・残念。

********************************************************************


『荒野はつらいよ ~アリゾナより愛をこめて~』
(原題:『A MILLION WAYS TO DIE IN THE WEST』)

『テッド』の監督×豪華キャストが仕掛けるルール無用のエンターテインメント!!
あなたの西部劇のイメージが打ち砕かれる!!

1882年、西部開拓時代のアリゾナ。そこは、タフさ自慢の無法者と低モラルな民衆が町に溢れる、
まさに“生活するには最悪な土地”だった。そんなアリゾナの田舎町で暮らす地味でオタクな
羊飼い・アルバートは、危険で暴力的な町に生まれてしまった自分の運命を嘆き、同じくオタクな
友人に「オレはこの町にハマってない。都会に行きたい…」と愚痴をこぼす冴えない日々を送っていた。
そんなある日、超一流の射撃の腕を持つミステリアスな美女・アナが町に現れ、アルバートは
ある事をきっかけに彼女と急接近。やがて二人は恋に落ちる…。しかし、時を同じくして西部最悪の
大悪党・クリンチが町に乗り込んできて、アナに近づいたアルバートをなぜかぶっ殺そうとするのであった…。

監督:セス・マクファーレン 
脚本:アレック・サルキン&セス・マクファーレン&ウェズリー・ワイルド 
製作:スコット・スチューバー、セス・マクファーレン、ジェイソン・クラーク
出演:セス・マクファーレン (『テッド』監督) 
    シャーリーズ・セロン (『スノーホワイト』、『プロメテウス』、『ハンコック』)
  アマンダ・セイフライド (『レ・ミゼラブル』、『マンマ・ミーア!』)
  ジョヴァンニ・リビシ (『テッド』、『アバター』)
  リーアム・ニーソン (『96時間』、『バットマン ビギンズ』、『タイタンの戦い』)


配給:シンカ/パルコ 
コピーライト:(c)Universal Pictures
10月10日(金)TOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショー

 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ