映画・舞台挨拶・ゲームてんこ盛りイベント『ニコニコ超“零”祭』報告


美しすぎるサスペンスホラー『劇場版 零~ゼロ~』
いよいよ9月26日(金)より公開となります。

そして9月15日(祝・月)より5日間放送している「ニコニコ超“零”祭」。『ニコニコ超“零”祭』第弐夜である、9月22日(月)にゲーム「零 ~zero~」ゲーム実況付き完成披露イベントがおこなわれました。
ニコニコ超“零”祭
映画『劇場版 零~ゼロ~』からは、大ブレイク中の超絶美女 中条あやみさんと小島藤子さん、安里麻里監督が登壇する舞台挨拶を実施。

また、人気カリスマゲーム実況プレイヤーのしゃけとりくまごろうさん、茸(たけ)さんがPS2版「零 ~zero~」を生実況し華麗なプレイでゲームクリアの瞬間を迎えました。 

ニコニコ超“零”祭
公開記念イベント『ニコニコ超“零”祭』イベントレポート
劇場版 零~ゼロ~ 
日程:9月22日(月)
場所:イオンシネマ幕張新都心(千葉県千葉市美浜区)
登壇者:中条あやみ、小島藤子、安里麻里監督、しゃけとりくまごろう、茸(たけ)

今回のイベントは9月26日(金)より公開となる『劇場版 零~ゼロ~』の公開を記念して一足先に映画をご鑑賞いただけるだけでなく、出演者の舞台挨拶、及び人気ゲーム実況プレイヤーによるPS2版「零 ~zero~」の実況プレイ付きと盛りだくさんの内容。

舞台挨拶前には、中条あやみと小島藤子がイオンシネマ幕張が入るイオンモールの中をを練り歩き作品をPR。瞬く間に人だかりができ口々に「可愛い!」「顔がちっちゃい!!」などと声が上がりました。

舞台挨拶内容

中条あやみ:本日はご来場いただきましてありがとうございます。沢山の方に来ていただきいよいよ公開だなともう少しウルウルしています。

小島藤子:皆で一生懸命作ったので、楽しんで観て下さい。

安里麻里監督:今年の4月頃まで撮影して、完成したのが7月末。今まで作り終えた実感があまりなかったですが、いよいよ公開が迫ってきてやっと完成したなと実感しています。

MC:中条さん、小島さんそれぞれが演じられた役柄をお教え下さい。また撮影現場はいかがでしたか?

中条さん:私が演じたアヤはクラスの皆が憧れるようなクールビューティーで謎めいた存在です。笑ったり表情を出せないのでクールビューティーを極めました(笑)。現場は女子校みたいで和気あいあいとしていました。

小島さん:リサは天真爛漫で無邪気。皆が憧れるアヤに対する好意を一番オープンにしている役でした。でも撮影中は中条さんの近くで演じる機会があんまりなかったのが残念です。

安里監督:出演者がこんなに女の子だらけの現場は今まで無かったです。エキストラの方までとことん10代の方にこだわって、美少女耽美ホラーを目指しました。みんな優等生で一生懸命役をやってくれたので、真摯な態度に大人が感化されました。

MC:お二人はホラー映画はお好きですか??

中条さん:嫌いです(キッパリ)。
怖いのは苦手なのですが、今回アヤを演じるにあたって『アナザー』とか『リング』などを観て勉強しました。

小島さん:大好きです。コメディーよりのホラー映画が好きだったんですけど最近はこの作品に感化されてギレルモ・デル・トロ監督の『MAMA』を観ました。

安里監督:皆にホラー映画の作品を例に出してを説明していたのですが、小島さんだけ前のめりでノリが違っていました。「『サスペリア』わかるわかる」とかって(笑)。

MC:これから映画をご覧になる方にゲームとの共通点やここに注目してほしいなどというポイントはありますか?

中条さん:映画とゲームは少し違いますが、射影機というアイテムがリンクしているので注目していただければと思います。

小島さん:ゲームは和風の恐怖ですが、映画は洋風な感じで可愛く、そして怖くなっていると思いますので違いを楽しんでいただければと思います。

安里監督:ゲームでも映画でも共通のテーマ「美少女ホラー」をつきつめて、掘り下げました。劇中にもゲームの色々な要素が散りばめられているので、色々な角度から楽しんでいただければと思います。

MC:ありがとうございます。それでは続きまして第二部とさせていただきます。

※中条さん、小島さん、安里監督の三人が一旦降壇。

かわりに人気カリスマゲーム実況プレイヤーしゃけとりくまごろうさんと茸(たけ)さんが呼びこまれ、「ニコニコ超“零”祭」第壱夜で15時間プレイしラスト目前にせまっているPS2版「零 ~zero~」を実況プレイ!見事20分の制限時間内におさまり、劇場でクリアの瞬間を迎えました!

ニコニコ超“零”祭ゲーム実況
MC:いやー見事20分でクリア。ご覧になっていた皆さんいかがでしたか??

中条さん:ゲームはすごく怖いんですけど、流れてくるコメントが面白すぎるので楽しんで観ることが出来ました。

小島さん:やっぱりすごく上手ですよね。自分がやっても全然進めないですもん。

しゃけとりくまごろうさん&茸(たけ)さん
いやー時間内にクリアできて良かったです。劇場のスクリーンに映し出してゲームをするなんて中々ないですし、音響も良かったので迫力がすごかったです。
応援してくださった皆さんありがとうございます!

********************************************************************


『劇場版 零~ゼロ~』


公式HP:www.zero-movie.jp
公式twitter:https://twitter.com/zero_movieJP
公式facebook:https://www.facebook.com/zero.movieJP

9月26日(金)全国公開

ものがたり
閉塞感漂う山間の町にある学園寮。そこで暮らすアヤ(中条あやみ)が部屋にこもってしばらくが経ったある日、学園内で事件が起こった。生徒たちが、ひとり、またひとり、忽然と姿を消したのだ。後日、生徒たちは水死体となって発見された。失踪した少女たちは皆、一枚の写真を見て以来、アヤの幻に悩まされるようになっていた。幻は耳元で囁く―「お願い、私の呪いを解いて…」。写真にはアヤにそっくりな少女が写っていた…。クラスメイトのミチ(森川葵)はアヤが事件に関係しているのではないかと疑い、部屋を訪ねる。しかし扉は堅く閉ざされたままだった。

学園内で囁かれる噂―この学園に伝わる女の子だけがかかる呪い、午前零時の呪い、アヤが皆に呪いをかけている―。そしてミチもまた幻に悩まされるようになっていたある日、ついに本物のアヤがミチの前に姿を現した…!!深夜零時の呪い、女の子だけにかかる呪いとは何なのか?写真に写るアヤにそっくりな少女は一体?学園に起こる “神隠し”の謎に二人は迫ろうとしていた…。

キャスト:中条あやみ 森川葵
小島藤子 美山加恋 山谷花純 萩原みのり/中村ゆり/浅香航大/中越典子/美保純
原案:「零 ~zero~」(コーエーテクモゲームス)
原作:大塚英志「零 ~ゼロ~ 女の子だけがかかる呪い」(角川ホラー文庫刊) 
監督・脚本:安里麻里

配給:KADOKAWA
(C)2014『劇場版 零~ゼロ~』製作委員会
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ