オタクな決めポーズ『ぼんとリンちゃん』初日舞台挨拶



心にいつも妄想です!いよいよ本日9月20日(土)から

『ぼんとリンちゃん』

が新宿シネマカリテ、シネ・リーブル梅田ほか、全国順次公開となりました!

そして、新宿シネマカリテでは、主要キャストの佐倉絵麻さん、高杉真宙さん、比嘉梨乃さんと小林監督が登壇。満員のお客様に温かく迎えられて公開初日舞台挨拶が行われました。

フォトセッション1
『ぼんとリンちゃん』初日舞台挨拶概要

日時:9月20日(土) 
場所:新宿シネマカリテ
登壇者:佐倉絵麻、高杉真宙、比嘉梨乃、小林啓一監督


MC:ご挨拶と自分が演じたキャラクターの印象を。

佐倉絵麻さん:ぼん役を務めさせていただきました佐倉絵麻です。台本読んだときにセリフ量にびっくりしました。一人でずっとしゃべってるなと。。内容も濃いんですよね。めっちゃオタクじゃんと思いました。キャラの濃いい、猪突猛進な子だなと思いました。
佐倉絵麻1
高杉真宙さん:リンちゃん役を務めさせていただきました高杉真宙です。自分ぽいなと思いました。台本読んだときこの役やりたいなと思いました。自分と似ているところは・・・・オタクなところですかね。毒舌で、静かに周りを見ているところもそうですね。
高杉真宙1
比嘉梨乃さん:みゆ役を演じさせていただきました比嘉梨乃です。台本読んで強烈だなと思いました。すごい抱えてるんだろうなと思って。深く掘り下げてみました。
比嘉梨乃1
MC:演出のポイントをお教えください。

小林啓一監督:監督をさせていただきました小林啓一です。真面目な話。役と本人たちの共通点と違う面をみんなで話し合って。役を作り上げていきました。オタクの真似をするのはやめて、もともと持ってるオリジナリティーのある人物をと思ってナチュラルに演じてもらいました。
木林史監督
MC:撮影時の印象に残ったエピソードを。

佐倉さん:思い出に残ってるんですけど。。。

高杉真宙3高杉さん:それじゃ僕から先に。本当に佐倉さんと監督と僕はオタクで。だから休憩中にアニメ見た!って感じになるのイメージが多いですね。カフェのシーンでは実際にセリフを言って皆さんにばれないようナチュラルに演じたのが印象的でした。

監督:ばれなかったね。

佐倉さん:きりっつて言うところは、こわごわでしたね。ばれるとなにあの子みたいになっちゃうんで。

印象的なところは…なんだかんだ言って、カットされちゃっているところもあって。

比嘉梨乃4比嘉さん:15分くらいある喧嘩のシーンが印象に残っています。あとえびちゃんと腕を組むんですけど。そんな大人な方と腕を組むことないので変な気持でした。許可とってたんですけど警官の方が変な目で見られました

監督:撮影は大変でしたが、朝集合して、ロケ地に行くと真宙君がいない。すると眼帯した真宙君が白いマフラーを腕に巻いてお早うございますって走ってきたんですよ。

(どうやら中二病でも恋がしたい の小鳥遊六花のコスプレのようです。。たぶん by記者)

高杉さん:前の日に中二病の話してたんで、監督を元気を出してあげようと思って。

監督:似合っててよかったよ。

佐倉絵麻3MC:おすすめポイントは?

監督:もう一回見てもらう前提で。

佐倉さん:ほぼほぼ私がしゃべってるんですが、ピントが合ってないところで、後ろにベビちゃんがつけてます。あのでかい人がいつからつけてるか気にして観てください。

高杉さん:撮影の時気づいてなかったです。主体を変えた目線で細かいところを見てほしいですね。後、小説を読んでから映画を見ると違って見えると思います。みゆちゃんとかもっと好感度上がると思います。


ぼんとリンちゃんパンフ表紙
ぼんとリンちゃんパンフ表紙60頁
比嘉さん:みゆちゃん目線で見たんですけど、ぼんちゃんの熱い私への思いとか伝わってきて泣きそうになりました。それから、そこにいる人になった気持ちで見ると良いと思います。

監督:比嘉さんお話でもあったように、スペクタクルじゃないものを映画館で見てもらうのに取り入れたのが、隣のテーブルにいて目撃しているような映像。体験してもらえるとと思います。

高杉さん:パンフレットも可愛くって厚くていいんですよね。

佐倉絵麻4高杉真宙6比嘉梨乃3MC:それでは最後に

佐倉さん:楽しんでいただけましたか?(拍手)キャラクターを深く掘り下げている小説を読んでからもう一回見てほしいなと思います。

高杉さん:はい、みなさんありがとうございました。結構長く大切に作っていただいた作品です。出てくるキャラクターみんなを好きになってもらえる映画だと思います。また、皆さんに観ていただけたらと思います。

比嘉さん:こんなにたくさんの方に来ていただいて凄く嬉しいです。ぼんちゃん、りんちゃん、べびちゃん、主要キャスト4人の気持ちで4回は観てください!

監督:ほんとは噛んだら・・って話をしてたんですけど・・噛まなかったね。

木林史監督2今日は皆さんありがとうございました。
脚本書いてから2年半ほど経つんですけど、何度も書き直して、現場でも足し引きして。一生懸命作った作品です。今日ようやくお披露目です。1度ならず2度3度とみていただけると嬉しいです。


『ぼんとリンちゃん』

公式HP: http://bonlin.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/bonlin2014
Twitter:  https://twitter.com/BONLIN2014

ボンとりんちゃん初日舞台挨拶
おまけ 高杉さんの変身?or 六花?ポーズ
 


********************************************************************

ぼんとリンちゃんポスター
『ぼんとリンちゃん』

ここではないどこかの地方都市に住んでいる四谷夏子(通称“ぼん”)は、
16歳と62ヶ月を自称する女子大生。彼女と友田麟太郎(通称“リン”は、ボーイズラブ(BL)やアニメ、ゲームが大好きなオタクの幼なじみ。

ふたりは、同棲中の彼氏から暴力を振るわれているという親友のみゆちゃんを連れ戻しに東京へやってきた。ぼんとリンはネットゲームで知り合った会田直人(通称“べび”)に協力をあおぎ、みゆちゃんの家へと突撃する。

その姿は、ロールプレイングゲームの勇者や魔法使いのパーティを彷彿とさせるものだった。
リン曰く。
「ボス戦」に挑む一同。果たして、予測不能のミッションは成功するのか!?

監督・脚本・撮影:小林啓一 
出演:佐倉絵麻、高杉真宙、比嘉梨乃、桃月庵白酒
主題歌:『迷子のリボン』作詞・作曲40mP/同人誌制作:星野リリィ 
日本/2014/カラー/91分/ビスタサイズ

製作:マイケルギオン、フルモテルモ
配給:フルモテルモ 配給協力:コピアポア・フィルム
 
©ぼんとリンちゃん

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ