テーマは「基準を上げる」世界一受けたいお稽古


演劇史に名を残す偉大な演出家ピーター・ブルックの稽古場を初めて映像化したドキュメンタリー映画

『ピーター・ブルックの世界一受けたいお稽古』

が、ついに今週9月20日(土)より公開となります。


本作のテーマは「基準を上げる」。

本作でピーター・ブルックが語る言葉の数々は、単なる演劇論を超え、人生論として深く心に刺さります。



ピーター・ブルックの言葉は、各業界のスター、偉人達が語る言葉とも共通する「基準を上げる」エッセンスがちりばめられています。

予告編URL:

公式HP: http://www.peterbrook.jp/index.html



今回、本作でピーター・ブルックが語る「終わりは、終わりではない」をテーマに一流に共通する”基準を上げる”至言の一部をご紹介します。

終わりは、終わりではない -ピーター・ブルック

あまりに早く終わり方を決めてしまうと、人は「探求」をやめてしまう。
自分自身の可能性が失われてしまうのだ。大事なのは終わりには、終わりがないということ。

どうしたらもっと強くなれますか? -錦織圭

「圭の強さの源は、あの”探究心”です」。かつてチリッチ選手に敗戦したときに、 錦織選手が敵方のコーチであるボブ・ブレッドのところへ来て「どうしたらもっと強くなれますか?」と教えを乞いにきた。


成績は出ているから今の自分でいいんだ -イチロー

成績は出ているから今の自分でいいんだ、という評価を自分でしてしまっていたら、今の自分はない。


********************************************************************


フランス・イタリア/86分/英語・フランス語
日本語字幕付/2012
配給:ピクチャーズデプト 提供:鈍牛倶楽部
特別協賛:公益財団法人埼玉県芸術文化振興財団


関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ