『西遊記~はじまりのはじまり~』したコメ 斎藤工登壇!


11月21日(金)より公開となります

『西遊記~はじまりのはじまり~』

が「第7回したまちコメディ映画祭in台東」【会期9月12日(金)~16日(火)】のオープニング特別招待作品として選出され本日【9月13日(土)】にジャパンプレミア上映、舞台挨拶を実施いたしました。 主人公 玄奘の日本語吹替を担当する斎藤工さんも急遽駆けつけた舞台挨拶となりました。

日程:9月13日(土)
場所:浅草公会堂(台東区浅草1-38-6)
登壇:斎藤工 
MC:いとうせいこう(したコメ総合プロデューサー)
    大場しょう太(したコメチーフディレクター)

西遊記斎藤工
<舞台挨拶の様子>

チャウ・シンチーの最新作というだけでなく「西遊記」生誕の物語、エピソード0とも言うべき『西遊記~はじまりのはじまり~』は、したコメのオープニングにぴったり!舞台挨拶の前に行われたオープニングセレモニーの余韻冷めやらぬなか幅広い世代の観客で満席!
西遊記大場xせいこう したコメ総合プロデューサーいとうせいこうと大場しょう太が登場し

せいこうさん:チャウ・シンチーがとんでもなくスケールのでかいメジャーな作品を撮れるようになったんだと思うと感慨深いですよね。だけど随所にサブカルなネタを散りばめているのが、彼らしい。

と語ると、
大場さん:最近の若い人はチャウ・シンチーと言ってもピンと来ない人もいると思うけど、『少林サッカー』なら知らない人はあんまりいないですよね

と続け場内からは大きな拍手が上がり、シンチー人気の健在!!!

玄奘の日本語吹替を担当する斎藤工さんを呼びこむと、黄色い声援が飛び交い場内の興奮!!

『西遊記』吹替 斎藤工                        ↑この役を吹き替え↑

斎藤さん:昼間に不倫真っ最中です(笑)、役柄でですけどね。
この作品の引力がすごすぎて、自分が玄奘演じるというのを忘れて見入ってしまいました。進化したチャウ・シンチーという感じでカンフーとかを盛り込んでアジアのストロングポイント最大限使っているのが凄いなと思います。

と作品を大絶賛。

西遊記したコメ斎藤工
実はまだ、アフレコしてないそうで、今回共演する貫地谷しおりさんについては

齋藤さん:彼女が中学生の頃から俳優の養成所で一緒でしたが、そこでは彼女の方が先輩だったんです。とてもお芝居も上手で、相手役としての共演は初めてですが、 とても楽しみです。

大場さん:今回は二人とも歌うシーンがあるのでそこにも注目ですよ。

斎藤さん:松たか子さんを意識して歌います!

と場内を沸かせ、。 大場さんがせいこうさんに対し

大場さん:せいこうさんも、妖怪の声とかで出演してくださいよ!あと字幕監修もお願いします!

と語るといとうは

せいこうさん:や、やりますよ!

と断りにくい状況で快諾??。

西遊記したコメ斎藤工2
斎藤さん:さすが大場さん、その強引さが大切ですよね!!

と感心した様子。すかさず、せいこうさんは

せいこうさん:したコメの今後は斎藤くんにも大きくかかわってほしい、私の後は斎藤くんしかいないと思う。

流石に即答は無いものの。。。

斎藤さん:地域密着の映画祭は本当に素晴らしいと思います、世界各国でも成功している映画祭は地域に根付いているしたコメと関わっていきたいです。

斎藤工@したコメ
と語り最後に、

斎藤さん:今回の上映が日本で最初にご覧になる方だと思うので、シンプルなエンターテインメントとして楽しんでほしい、一人でみるより大人数で共有した空間で観るとより一層楽しめると思います。せいこうさんが言っていたように観終わったあと、一杯やりながら感想を言い合ってほしいです。

と締めると会場からは大きな拍手があがり、舞台挨拶が幕を閉じ、。

「第7 回したまちコメディ映画祭in 台東」がオープニング作品『西遊記~はじまりのはじまり~』の上映が始まりました!

********************************************************************


『西遊記~はじまりのはじまり~』(原題:西游降魔篇)
公式サイト:saiyu-movie.com

【ストーリー】
『西遊記~はじまりのはじまり~』ティザーポスター三蔵法師が孫悟空、沙悟浄、猪八戒と天竺を目指すおなじみの「西遊記」には、4 人が出会うまでの「はじまりのはじまり」の物語があった――。
『西遊記~はじまりのはじまり~』は『少林サッカー』『カンフーハッスル』で知られるチャウ・シンチーが、6 年ぶりに監督した最新作だ。『少林サッカー』では少林拳の技を駆使したサッカー試合、『カンフーハッスル』ではギャング団とカンフーの達人たちとの死闘、『ミラクル7号』では貧乏父子と地球外生命体が巻き起こす騒動。シンチーは1 作ごとにユニークな設定と、ありえねー映像で観客を魅了してきた。

新作では「西遊記」を題材にし、4 人が出会う前のオリジナルストーリーを生み出した。

三蔵法師は玄奘(げんじょう)という名前の若き妖怪ハンターとして登場し、妖怪退治に奮闘する姿が描かれる。
武器は「わらべ唄 三百首」。わらべ唄で妖怪の善の心を呼び覚まそうと試みるが、失敗ばかり。師匠には「お前にはほんの少し“何か”が足りなかった。修行に励め」と諭される。
「西遊記」でおなじみの「仏教の悟りを開いた三蔵法師」とは程遠い姿だ。沙悟浄、猪八戒、孫悟空も斬新な姿で登場する。沙悟浄はカッパではなく巨大な魚と獣を合わせた水の妖怪。猪八戒は美男子として現れ、巨大なイノシシに変貌する。孫悟空は外見が青白くはげた老人として現れ、獰猛な猿に変貌する。さらに「西遊記」には登場しない女性妖怪ハンターの“段”がオリジナルキャラクターとして登場し、玄奘とのはかない恋を繰り広げる。


【製作・脚本・監督】チャウ・シンチー
【出演】スー・チー(妖怪ハンター)/ウェン・ジャン(玄奘)/ホアン・ボー(孫悟空)/ショウ・ルオ(空虚王子)

2013 年/中国/110 分/ PG12
(C) 2013 Bingo Movie Development Limited
配給:日活/東宝東和
配給宣伝協力:東京テアトル
 
 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ