涙をふくミニタオル付きムビチケ『ベイブルース- 25歳と364日-』


25歳と364日という短くも熱い人生を生き抜いた、伝説の漫才師・「ベイブルース」河本栄得の壮絶なる実話を相方である高山トモヒロが映画化
『ベイブルース -25歳と364日-』ポスター
『ベイブルース- 25歳と364日-』

の公開日は10月31日(金)。

これは河本さんの20回目の命日。

11月1日生まれの河本さんの誕生日前日でもあります。


そして!本日9月13日(土)より、涙をふくミニタオル付きムビチケカードが発売されます。

『ベイブルース- 25歳と364日-』涙をふくミニタオル付きムビチケカード

価格:1,400円(税込)
特典:涙をふくミニタオル(ブルー、イエロー2種)
※ ムビチケカード1枚につきミニタオル1枚がつきます。
(ブルー、イエローよりお選びいただけます)
※ 特典はなくなり次第終了となります。
※販売劇場は公式HP・劇場情報でご確認下さい。
※ムビチケカードのご利用方法につきましては、ムビチケHPにてご確認下さい。 http://www.movieticket.jp

販売劇場(9/13現在):角川シネマ新宿、TOHOシネマズなんば
通販サイトメイジャー 作品特設ページ(メイジャーHP内)
https://www.major-j.com/info.php?f=bayblues

物語は
漫才師を目指す河本栄得(趙珉和)は、高校時代の同級生である相方の高山知浩(波岡一喜)と共にNSC(吉本総合芸能学院)の門を叩き、7期生として雨上がり決死隊、トゥナイトのなるみ、矢部美幸(ナインティナインの矢部浩之の兄)と机を並べる。

卒業後はコンビ名をそれまでの『河本・高山』から『ベイブルース』と改め、上方お笑い大賞最優秀新人賞やABCお笑い新人グランプリなどの新人賞を次々と獲得。当時の若手有望株の筆頭に躍り出た。歌手としてCDリリースも決まり、ベイブルースは将来を嘱望される漫才コンビとなっていった。

しかし、何もかもが絶好調だった1994年秋、河本はテレビのロケ中に体調不良を訴え、入院。それからわずか2週間後の10月31日、劇症肝炎による脳出血の為、25年と364日の生涯を閉じた。

『ベイブルース -25歳と364日-』Sub1
映画『ベイブルース- 25歳と364日-』

10月31日(金)より角川シネマ新宿、TOHOシネマズなんばほか全国公開です!

公式HP: http://bayblues.jp/
公式twitter: http://twitter.com/bayblues_movie
公式facebook: http://www.facebook.com/bayblues.movie

********************************************************************


キャスト:
波岡一喜、趙珉和、小川菜摘、石田えり、安田美沙子、柳憂怜、申相祐、オール巨人、仁科貴、山口馬木也、かつみ♥
監督:高山トモヒロ
製作国:日本製作
(C)2013「ベイブルース~25歳と364日~」製作委員会

波岡一喜,趙珉和,小川菜摘,石田えり,安田美沙子、柳憂怜、申相祐、オール巨人、仁科貴、山口馬木也、かつみ♥

関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ