映画情報どっとこむ ralph 交通事故で男性機能が不能になった男・ジンを主人公として、心のSOS を周りに出せない孤独と、寄り添うことをテーマにした人間ドラマ、映画「クローゼット」が10 月30 日(金)よりテアトル新宿にて公開スタート。

本作の公開を記念して、三濃川陽介、栗林藍希、尾関伸次、新井郁、青柳尊哉、渡辺いっけい、進藤丈広監督が登壇して公開記念舞台挨拶が行なわれました。

「クローゼット」公開記念舞台挨拶
日時:2020 年10月31日(土)
場所:テアトル新宿
登壇:三濃川陽介、栗林藍希、新井郁 、尾関伸次、青柳尊哉、渡辺いっけい、進藤丈広監督

映画情報どっとこむ ralph MC:皆さん、この作品の台本をお読みになってどのような準備をされましたか?まずは渡辺いっけいさんから。
渡辺:準備ったって僕の役はほんとに…ねぇ(笑)僕ほんとにこの映画好きなんですけど、自分のシーンだけは本当に分からない、客観的に。進藤監督が繊細な演出だったから信じてやりましたけど。照れちゃって自分のところはしっかり見れない。でも良い映画だと思うんだ。

MC:監督、いっけいさんそう仰っていますが演出にあたっては?
監督:いっけいさんが僕が思ったよりももっとすごい表現をしてもらえたので、堂々とやってもらって、僕は助かったという印象が強いです。

渡辺:結婚式のシーンが青柳さんとは初対面だったんだけど、”こんなイケメン君と俺は付き合ってるんだ”って思った(笑)

青柳:僕は映画の中で初めて男性とキスをするという経験、初めてがいっけいさんで光栄でした(笑)

MC:新井さんはいかがでしたか?
新井:私は30 代OL の役で、自分がリアルに30 代なので等身大で演じました。進藤監督が「新井さんはどう思う?」と聞いて下さって、監督が寄り添ってくれる現場でした。
監督:僕が30 代の気持ちが分からないっていうのが主にあったんですけどね(笑)

MC:栗林さんはいかがでしょうか?
栗林:私の役は、悩みがあるけど隠して気丈に振る舞う、というのが一番苦戦したところでもあり大切にしたところです。監督が気丈に振る舞うって事を何回も言ってきて、撮影当時は苦しいなら苦しいのを出せば良いのにって役に対して思ってたんですけど、撮影から1 年半くらい経って気丈に振る舞うのがどういう事かよく分かりました。
監督:それは大人になったという事ですかね?
栗林:そうですね(笑)
監督:栗林さんは撮影当時まだ高校生だったんですよ。でも役は女子大生の役だったんで、年上の役というのは確かに難しかったかも知れない。女子高生が女子大生の役やるってあんまり無いと思うので。
栗林:そうですね、怒られながらやってました。
監督:え、僕怒ってました?
栗林:私は戦いながらやった記憶があります(笑)

MC:皆さん監督と色々ディスカッションしながらやられていたようですが、店長役の尾関さんはいかがでしたか?
尾関:僕は添い寝屋という存在を知らなかったので、調べたりとかしましたね。この作品の登場人物は皆孤独なんですけど、自分の役は家族もいる設定だし最初は孤独じゃないんじゃないかなって思ってました。ただ監督と話していく中で、店の従業員が辞めていく描写とかあるので、人を雇うという立場での孤独もあるなというのを意識して演じました。

MC:実際に三濃川さんは添い寝屋に研修に行かれたとか?
三濃川:僕は実際のお店でそこの従業員と一緒に研修を受けまして、劇中にも出てくるような研修を体験していました。なので、劇中では尾関さんにレクチャーしてもらう役だったんですけど、裏では僕の方が尾関さんにレクチャーしていました。
尾関:ただ”当店の技術は門外不出”という部分もあるらしくて、共演者なんだからそういうの教えてくれるかなと思って聞いても、”守秘義務があるんで”って教えてくれなかった。
三濃川:そうですよ!守秘義務の書類にサインしましたから(笑)

MC:三濃川さんに腕枕された出演者が多いと思いますが、秘伝の技?その辺はいかがだったんでしょうか?
渡辺:私は、彼の役が仕事を始めたばかりの頃と慣れてきた頃のシーン両方撮っているけど、(三濃川)陽介くんがやり方を変えてるんだろうなというのは実際に感じたよ。
三濃川:撮影前に研修を受けていたので、リハーサルの時に進藤監督から”スムーズに出来過ぎている”と指摘されました。その指摘を受けて調整して臨みました。
監督:この台本のジン(三濃川)の役はそうじゃないでしょって位、女の扱いに慣れている感じだったからね(笑)

MC:進藤監督は長編2 作目という事で、1 作目とはまたテイストの違う作品だったと思いますが、今回は何を一番大切にされましたでしょうか?
監督:1 作目はティーンの若い子の映画だったので、それ以降くる仕事が若い子達との作品が多かったんですよね。今回はこの企画をもらって、大人の世界に挑戦したいという気持ちで臨みました。僕自身が結構子供っぽいので、若い子は良いんですけど上の世代と一緒に仕事するのは大変だなと思っていて。いっけいさんとも役の事で色々話をさせてもらったんですけど、いっけいさんが不満じゃなかったなら良かったなと思います。

MC:個性豊かな出演者たちですが、どのように決められたのですか?
監督:今回はオーディションと面接で決めたキャストが多かったんですが、映画を作る上でオーディションでキャストを決められるってすごく贅沢な環境だと思うんですよ。脚本にいた登場人物たちが、オーディションで演じてもらって初めて”この人ってこういう人なんだ”って、僕の想像を超えるものと触れられて、それがやっていて楽しかったです。

映画情報どっとこむ ralph MC:最後に皆さんから一言ずつ頂きたいと思います。
監督:沢山の人に見てもらいたい映画だと思っています。今日観て頂いて面白いと思った方は是非周りに広めて頂きたいと思います。宜しくお願いします。
いっけい:この映画は観た人に想像させる終わり方になってますけど、成長したジンはまた立ち上がって歩いていくんだろうなと思っていて、本当に素敵な映画です。観て何か感じて頂けましたら他の方にお伝え下さい。今日は本当にありがとうございました。

青柳:本日はご来場頂きありがとうございました。コロナでの公開延期とか色々ありまして、それでもこうやって公開を迎えまして、一人でも多くの人にこの作品が届いていく事を、すごく、すごく願っています。僕は三濃川陽介という俳優がすごく好きで、この作品で彼と出会ってくれる人が多くいるといいなと思っています。映画「クローゼット」の応援をこれから宜しくお願いします。本日はありがとうございました。

尾関:先ほど上映終わりで拍手が自然と起こっていて。それが聞こえた時、この映画を監督や出演者の皆さんと一生懸命作って良かったなと思いました。すごく僕も愛している素敵な作品です。感想ありましたらSNSなどのツールで紹介してくれると嬉しいです。本日はどうもありがとうございました。

新井:映画「クローゼット」がようやく公開を迎えて、先ほど拍手が起こった瞬間にすごく嬉しくなりました。まだまだスタート切ったばかりですので、これから大阪での公開もありますが、もっともっと多くの方に観て頂けるよう頑張りたいと思います。宜しくお願いします。

栗林:普段ならこの後皆さんに直接感想をお聞きしたいんですけど、この状況だとなかなかそういうのも難しいので、よかったらSNS などで感想を聞かせて頂けたら嬉しいです。本日はありがとうございました。
三濃川:本日は数ある作品の中から映画「クローゼット」にお越し頂きまして誠にありがとうございました。僕は映画がやりたくて8 年前に名古屋から東京に出てきました。そして、今回演じたジンと同じように、東京で沢山の方に出会いました。そしてその中でいくつものかけがいのない出会いがあり、今こうしてここに立てている事に感謝しています。こんなに沢山の方に来て頂けた事を本当に嬉しく思っております。この作品を通して、”人に寄り添う事”、そして人との出会いにより人生は成り立っているんだという事を改めて感じました。皆様にとってこの作品が何か一つでも心に残るものがあれば嬉しく思います。本日は誠にありがとうございました。

映画情報どっとこむ ralph 映画「クローゼット」

10月30日(金)テアトル新宿ほか全国順次公開

若い女性が歌舞伎町のビルで飛び降り自殺した実話をもとに、「日本駆け込み寺」や毎日新聞記者等に綿密な取材を重ね、本当に私達にとって必要なものは何か?と観客に問いかける作品です。人気漫画家・イラストレーターの浅田弘幸氏描き下ろしのポスタービジュアルも評判を呼んでおります。

***********************************

三濃川陽介 栗林藍希 新井郁 尾関伸次 青柳尊哉、篠田諒 永嶋柊吾
草村礼子 渡辺いっけい
監督:進藤丈広
エグゼクティブプロデューサー:美斉津明子 アソシエイトプロデューサー:岩本勤 ラインプロデューサー:高瀬博行 脚本:澤田文
音楽:桃井聖司 撮影:田島茂 照明:古橋孝映 録音:伊藤裕規 編集:田巻源太
装飾:市村優 音響効果:野崎博樹 助監督:田口桂 キャスティング:吉川威史 ヘアメイク:井川成子・小山徳美 衣装:岩田友裕・奥村祐香 予告編編集:中村和樹・目見田健 スチール:梁瀬玉実 メイキング:赤松桜・川上春奈
イラスト:浅田弘幸 デザイン:倉持美紀 制作プロダクション:アルファセレクション 制作協力:日活スタジオセンター 配給:アークフィルムズ
製作:2020「クローゼット」製作委員会 (株式会社アルファセレクション 株式会社Six point THREE 株式会社コクーン)
日本 / 5.1ch / カラー / 95 分 © 2020「クローゼット」製作委員会 公式サイト: https://www.closet-movie.com/ 公式SNS: Twitter(@Closet_eiga) Instagram(@ movie_closet_official)
関連記事:



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ