映画情報どっとこむ ralph ちるちるBLアワード2018「BESTコミック部門」で1位『このBLがやばい!2018年度版』で4位にランクインした原作コミック「Life 線上の僕ら」が主演・白洲迅(しらすじん)、そして楽駆(らいく)で実写ドラマ化!

2020年6月からRakuten TVとビデオマーケットにて先行配信がスタート、そして8月からはFODでの独占見放題のほかAmazonビデオやdTV、GYAO!ストア、Paraviなどでデジタルレンタル(TVOD)も配信スタートしたドラマ「Life 線上の僕ら」。

下校途中の一人遊び「白線ゲーム」で偶然出会った伊東晃と西夕希が恋に落ち、2人が高校生から社会人になるまでの人生を描く感動作を白洲迅、楽駆ほか、フレッシュな俳優陣で実写ドラマ化!
台湾、タイ、アメリカ、ヨーロッパほか一部東南アジアで同時配信展開し、現在は韓国でも配信され、国内外から「純愛に泣けた」「日本にBLドラマの傑作誕生」など絶賛の声が続出。アメリカを中心とする配信プラットフォームのVikiでは10点満点中「9.5」という驚異の高評価を獲得するなど、世界中で話題をよんでいる。

そんなドラマ版に未公開シーンを加えたディレクターズカット版が、10/30(金)よりシネマート新宿にて公開!これを記念して白洲迅・楽駆・二宮崇監督登壇の公開記念イベントを実施いたしました!
本イベントでは、劇中に登場する「白線ゲーム」にちなみ、白洲と楽駆が糸電話で今だから言える感謝の言葉を伝え合いました。また、11/1(日)に誕生日を迎える白洲に楽駆からサプライズで花束をプレゼント!会場のお客さんと一緒に公開をお祝いしました。

「Life 線上の僕ら」ディレクターズカット版 公開記念イベント
日時:10月30日(金)
場所:シネマート新宿 
登壇:白洲迅、楽駆、二宮崇監督

映画情報どっとこむ ralph BLドラマの傑作として国内外から話題になっている本作。劇場公開を心待ちにしていた観客で会場は満席に。
伊東晃役の白洲迅、西夕希役の楽駆、二宮崇監督が次々に登場すると、会場は大きな拍手に包まれた。

始めに、白洲は「コロナということもあって、舞台挨拶に立つのはすごく久しぶりです。皆さん楽しんで行ってください」と挨拶。次に、楽駆は「本日は足をお運びいただき、ありがとうございます。こんな状況で映画館で上映できるのか不安だったんですが、この日を迎えることができて嬉しいです」と公開の喜びを語った。二宮監督は「先日仙台で先行公開して、今日から新宿で皆さんに見てもらえるということで、ありがたく思っています」とコメントした。

日本のみならず世界中で配信されたドラマは反響も大きかったようで、楽駆は「熱狂的なファンの声を生で聞けたのが良かった」と明かす。先行公開された仙台の宮城は本作のロケ地にもなっており、二宮監督は「実際にドラマの配信を観てくれた人の顔を見るのは初めてだったので、この作品を選んでくれてありがたいですね。盛り上がっていただいたと思います」とゆかりの地での舞台挨拶を振り返った。

ここから話は撮影中のエピソードに。初共演となった楽駆の印象を問われた白洲は「本当に太陽みたいな人で。作品の中で晃は結構悩むんですけど、楽駆が明るく盛り上げてくれて助かった。監督にいじられたりね(笑)」
と貴重な裏話を明かした。白洲と楽駆は撮影が終わった今でも交流があるそうで、よくラーメンを一緒に食べに行くほどの仲の良さは劇中さながら。

また、役作りで意識したことを問われた楽駆は「原作を読んで、夕希の天真爛漫さと、年をとっても変わらないところを意識して演じました。」と語り、それに対し白洲は「楽駆は本当はただ明るいだけの人ではないと思うんです。それでも現場ではいろいろ考えて盛り上げてくれた。」とコメントし、お互いに切磋琢磨して役を作り上げていった様子。

映画情報どっとこむ ralph イベント当日の10月30日は「初恋の日」ということで、白洲と楽駆が初めてのゲームに挑戦。
ここで赤い線でつながった糸電話が登場し、今だから言えるお互いへの感謝の言葉を伝え合うことに。細い線を伝ってお互いの言葉は届くのか!?

まずは、白洲から楽駆へ感謝の言葉を伝える。はじめは何を言っているかわからない様子の楽駆だったが、
「(とあるラーメン屋)を好きでいてくれてありがとう!?」と回答。なんと、たまたま好きなラーメン屋が一緒だったそう。
次は、楽駆から白洲へ。これは、ばっちり白洲に届いたようで「撮影の時に支えてくれてありがとう」と温かなメッセージが贈られた。

映画情報どっとこむ ralph まるで相思相愛な2人だが、ここで11月1日に28歳の誕生日を迎える白洲に、楽駆からサプライズが!

糸電話を使い、白洲に「お誕生日おめでとう」と伝える楽駆。白洲は「え??」と突然のサプライズに戸惑いを隠せない様子。


さらに楽駆から白洲へ28本の赤いバラの花束を贈呈。白洲は「ありがとうございます!全然気付かなかった!」とサプライズは大成功!楽駆は「本当はハグしてお祝いしたいけど、この時期なんで、、来年はきちんとお祝いしましょうね」とコメントし、会場もお祝いムード一色に。
映画情報どっとこむ ralph 最後に、登壇者より会場の皆さんにメッセージ

二宮監督:2人の存在感や相性の良さが大きな世界観を作ってくれた。2人とたくさん話しながら細かく作っていった作品なので、大きなスクリーンで目の動きや表情を見て楽しんでください。

楽駆:この作品が誰かの一部になれば良いなと思います。2人の純愛を楽しんでください。

白洲:今日たくさんの人にお越しいただき感謝しています。是非、観終わった後にSNSなどで、恋愛っていいものだと伝えてもらえたら嬉しいです。

2人の仲の良さが垣間見られる終始大盛り上がりのイベントは幕を閉じた。

映画情報どっとこむ ralph 「Life 線上の僕ら」ディレクターズカット版(約113分)

≪劇場情報≫
10/23~ チネ・ラヴィータ(仙台) 先行ロードショー
10/30~ シネマート新宿   1週間限定レイトショー
11/21〜 シアターセブン(大阪)
12月〜  シネマスコーレ(名古屋)


【あらすじ】
17歳-。下校途中の一人遊び「白線ゲーム」。
そこで偶然出会った、生真面目な高校生・伊東晃(白洲迅)と無邪気な西夕希(楽駆)。
いつしか自分が夕希に恋していることに気づいた晃は、同性への気持ちに戸惑いながらも、「白線の上だけの逢瀬」にもどかしさを覚え咄嗟に夕希へキスしてしまう。キスをしてしまった後悔で夕希を避ける晃だが、夕希は白線の上で待ち続けていた…。

高校生から大学生、そして大人へ。
変わらない想いと、 変わりゆく現実の狭間で誰しもが経験する、人を愛する喜びや苦しみ、葛藤を爽やかに紡ぐ。出会いから死ぬまでの、2人の男の人生を純粋に健気に描いた感動作。

***********************************

キャスト
白洲 迅
楽駆
小島藤子 
土居志央梨 
長田奈麻
廻 飛呂男
シブリ 
奥山佳恵 ウェイン・ソン(宋偉恩)
  ホアン・ジュンジー(黃雋智)
特別出演)  
遠藤大斗(TEAM ZENRYOKU)
小松 笙(TEAM ZENRYOKU)
小松 笙(TEAM ZENRYOKU)
保土原壱成(TEAM ZENRYOKU)
鈴木悠介(TEAM ZENRYOKU)
中川昂星(TEAM ZENRYOKU)
▶スタッフ
原作 : 『Life 線上の僕ら』常倉三矢(芳文社刊)
監督 : 二宮崇(「ゆるキャン△」「運命から始まる恋~You are my Destiny~」)
脚本 : 山本タカ(くちびるの会)
オープニングテーマ:Ryu Matsuyama「Go Through, Grow Through」(バップ)
エンディング主題歌:宮川大聖「ラストアンビエント」(ユニバーサルシグマ)
製作プロダクション : スタジオブルー
製作著作 :「Life 線上の僕ら」製作委員会
©「Life 線上の僕ら」製作委員会 ©常倉三矢/芳文社
関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ