映画情報どっとこむ ralph イギリスで最も美しいと称えられる湖水地方を舞台に、世界で一番愛されているウサギを主人公にした、ビアトリクス・ポター原作の絵本「ピーターラビット」。シリーズ累計発行部数全世界2億5000万部を超え、2018年に初めてハリウッドで実写映画化されると全世界興行収入が約386億円を超える大ヒットとなりました。

その続編となる映画『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』が2021年2月5日(金)に公開決定、合わせてポスターも先日解禁しました。

このポスターにはFSC認証紙が使用され、その証である緑色のFSCマークが掲載されています(ライセンス番号FSC®N003390)。

FSC認証紙とは 世界の森林の保全と持続可能な利用を実現するために、責任ある管理をされた森林や、林産物の責任ある調達に対して与えられるFSCの認証を受けたエコロジー用紙のこと。

※FSC(Forest Stewardship Council®、森林管理協議会)とは責任ある森林管理を世界に普及させることを目的に設立された国際的な非営利団体。

2017年に世界遺産に登録された、ビアトリクス・ポターが 自分の全資産を投じて守り抜こうとした湖水地方の緑豊かで美しい大自然の中で 人間と動物たちが共に生きていく――この作品メッセージを受け、本作から<地球環境を考えたサステナビリティ(持続可能性)の活動>に本格的に取り組むべく、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント映画部門としては初めてポスター、チラシにFSC認証紙を使用。
今後配給する映画すべてにFSC認証紙を使用する予定です。

「先日、米国Wall Street Journal紙の“The Most Sustainably Managed Company in the World(持続可能な経営を行っている企業)”ランキングにおいてソニーが第一位に選ばれました。
ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントも今回のFSC認証紙の使用をはじめ、今後も持続可能な社会をつくる活動に貢献していきたいと考えます。」
(映画部門日本代表 /仲澤直美)

映画情報どっとこむ ralph 『ピーターラビット2/バーナバスの誘惑』
原題:Peter Rabbit 2: The Runaway

公式サイト:
https://www.peterrabbit-movie.jp/
公式Twitter:
@PeterRabbit_JP
#ピーターラビット

全米公開:2021年1月15日

<story>
因縁深きマグレガーがピーターの父親に!?
“うさグレた”ピーター、湖水地方を捨てて大都会へ!

前作から3年――ついに、ビアとマグレガーが結婚することに!ここ湖水地方で、ピーターはビアとマグレガーと“家族”として仲良く暮らすはずが、父親気取りのマグレガーに叱られ続け、イライラの毎日。元々マグレガーとは犬猿の仲で、ピーターの父親をパイにして食べた因縁の一族のひとりという遺恨もある。「あんなヤツ、父親じゃない!こんな生活ウンザリだ!」我慢の限界を超えたピーターは、湖水地方を飛び出し大都会へ家出してしまう−−。

そこで出会ったのは、ピーターの父親の親友だったと語るバーナバス。
都会でタフに生き抜くバーナバスに父親のような頼もしさを感じるピーター。

しかし、人間に恨みを抱くバーナバスは、人家の冷蔵庫から野菜や果物を盗み、都会の動物たちを組織して、人間への復讐の機会をうかがっていた。

ある日、バーナバスはイギリス中から市場に集まった最高級ドライフルーツの強奪作戦を計画。認めてもらいたいピーターは、湖水地方の妹や動物の仲間たちをメンバーに加えて作戦に参加する。作戦が成功したかに見えたその時、人間に捕まってしまう妹や仲間たち。
最大の危機にピーターの前に現れたのは…まさかのマグレガー!?

***********************************

監督:ウィル・グラック(『ピーターラビット』『ANNIE/アニー』)
声の出演:ジェームズ・コーデン(『オーシャンズ8』CBSトーク番組「レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン」司会)、
マーゴット・ロビー(『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)、
エリザベス・デビッキ(『TENET テネット』)
◆出演:ドーナル・グリーソン(『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』『アバウト・タイム ~愛おしい時間について~』)、
ローズ・バーン(『ANNIE/アニー』)
日本語吹替版:千葉雄大(ピーター役)、哀川翔(バーナバス役)
関連記事:



良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ