チャン・ドンゴン主演『泣く男』試写してきた!


あるたった一つの過ち。。

10月18日公開のチャン・ドンゴン主演
『アジョシ』のイ・ジョンボム監督最新作

『泣く男』

を、試写してきました!

結論から言いますと凄いです。
観る物に迷ったらお勧めです。もちろんチャン・ドンゴン好きははずせない映画です。

泣く男
泣く男ポスター物語は
幼い頃にアメリカの砂漠に捨てられ、殺し屋に育てられたゴン(チャン・ドンゴン)。

ある日彼は任務遂行中に誤って幼い少女を撃ち殺すという、取り返しのつかないミスを犯してしまう。何とか忘れようと酒に溺れるゴン。

しかしその罪から逃れようともがけばもがくほど、葬り去ったはずの過去の哀しい記憶が蘇ってくるのだった。

そんな彼に組織から新たな暗殺命令が出る。これが最後の任務と決め、一度は捨てた故郷の地、ソウルに降りたつゴン。

そこで彼を待ち受けていたのは、哀しい因縁で結ばれた最後のターゲット。
そして、硝煙と薬莢の嵐のような壮絶な死闘だった―。

泣く男_sub2ナンなんでしょう。

結構無茶なストーリーですが、そのスピード感と観客を飽きさせない展開。

明らかに海外で売ることを考えたうえでの物語、配役、映像のクオリティな感じがします。凄いです。

泣く男_sub3 戦闘がリアルをということですが・・・
ゾンビか?あんたは?と思うくらいの銃撃戦は、ちょっとやりすぎなところはありますが、エンターテインメント作品としてはありです。

暗く哀しい感じの全体のストーリーの流れをアクション・銃撃戦とうまくからめて、観客を現場に引きずりこみます。

そして最後の戦いへと・・・


イ・ジョンボム監督は「すぐに忘れられてしまうようなアクション映画にはしたくなった」と語っています。

これは、監督にやられたなと。

孤独な殺し屋の心の葛藤と強烈なアクション
オオカミのようなチャン・ドンゴン

哀しき贖罪の行方は、あなたの目で。

『泣く男』

10月18日(土)新宿バルト9、丸の内TOEIほか全国ロードショー
公式サイト: nakuotoko.jp

注)チャン・ドンゴンの鍛え抜かれた裸のシーン少な目です。



********************************************************************


『泣く男』

監督:イ・ジョンボム 『熱血男児』、『アジョシ』
出演:チャン・ドンゴン 『ブラザーフッド』、『マイウェイ 12,000キロの真実』
キム・ミニ 『火車 HELPLESS』『恋愛の温度』
ブライアン・ティー『スターシップ・トゥルーパーズ2』、 『ウルヴァリン:SAMURAI』
キム・ヒウォン『アジョシ』、『ミスターGO!』
2014年/韓国映画/116分/カラー/シネスコ/5.1chサラウンド
日本語字幕:根本理恵/R15+
配給:CJ Entertainment Japan
 
 
関連記事:


良かったらランキングUPにご協力ください。
にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へにほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ