映画情報どっとこむ ralph 『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』は中国のアニメ監督・アニメーターのMTJJ及び寒木春華(HMCH)スタジオが制作したアニメ作品。2011年3月17日からWEBアニメシリーズが動画サイトで公開された後人気が上昇し続け、中国アニメを代表する作品まで成長。その後劇場版が制作され、中国国内での興行収入は3.15億 人民元(約49億円)を記録し異例の大ヒットとなった。2019年9月には、小規模ながら日本国内でも字幕版が公開され、上映直後からアニメファンやアニメ関係者たちは、その想像以上のクオリティに圧倒され「今後、これを作った人達と競っていかないといけないのか」「痺れるほどかっこいい!もう感心を通り越し、嫉妬を覚えてしまう」と称賛の声が多く寄せられた。そして日本語吹替版がアニプレックス制作、チームジョイの共同配給となり11月7日(土)より全国公開が決定した。
映画情報どっとこむ ralph この度、本作からシャオヘイ、ムゲン、フーシーの主要3キャラクターと細部まで描きこまれた設定資料が一挙公開となりました。

キャラクター設定画では目、鼻、眉など顔のパーツ一つ一つがそれぞれのキャラクターによって細かく書き分けられており、衣装も袖のたるみや肩口のシワなど細やかなポイントまで描きこまれ、美術の設定画では本作の世界観を表す壮大な建造物の設定画や荘厳な雰囲気を感じさせる自然の風景を見ることができます。

なんといっても本作の魅力の一つに細部まで描きこまれた圧倒的なクオリティの作画がある。字幕版(‘19年9月公開)が公開されるやいなや、最初から最後まで一切の妥協が感じられない作画や背景の冴えがSNSを中心に反響を呼び、公開後約1年に渡る異例のロングランヒットを記録した。原作・監督のMTJJはそんな作画を生み出した自身の手描きのスタイルについて「自分が好きで、得意だから手描きのスタイルで制作しているんです」と語っています。
映画情報どっとこむ ralph 魅力溢れるキャラクターたちが素晴らしい景色を背に駆け巡る姿を是非劇場の大きなスクリーンでご覧ください!

『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』

11月7日(土)全国公開

個性豊かなキャラクターたちに命を吹き込むのは、人間に住む場所を追われた黒猫の妖精シャオヘイを花澤香菜、そこに手を差し伸べる植物を自在に操る妖精:フーシーを櫻井孝宏、人間でありながら最強の執行人であるムゲンを宮野真守ら豪華キャスト。音響監督には『劇場版 ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-』『スパイダーマン:スパイダーバース』の岩浪美和が担当する。さらに、シューファイ役に斉藤壮馬、ロジュ役に松岡禎丞、テンフー役に杉田智和、シュイ役に豊崎愛生、ナタ役水瀬いのり、キュウ爺役にチョー、館長役に大塚芳忠、花の妖精役に宇垣美里ら日本を代表する豪華声優陣が出演する。

<STORY>
人間たちの自然破壊により、多くの妖精たちが居場所を失っていた。森が開発され、居場所を失った黒猫の妖精シャオヘイ。そこに手を差し伸べたのは同じ妖精のフーシーだった。フーシーはシャオヘイを仲間に加え、住処である人里から遠く離れた島へと案内する。その島に、人間でありながら最強の執行人ムゲンが現れる。フーシーたちの不穏な動きを察知し、捕えにきたのだ。戦いの中、シャオヘイはムゲンに捕まってしまう。
なんとか逃れたフーシーたちはシャオヘイの奪還を誓い、かねてから計画していた「ある作戦」を始める。一方、ムゲンはシャオヘイとともに、人と共存する妖精たちが暮らす会館を目指す。シャオヘイは、新たな居場所を見つけることができるのか。そして、人と妖精の未来は、果たして――

***********************************

原作/監督:MTJJ
プロデューサー:叢芳氷、馬文卓
副監督:顧傑
脚本:MTJJ、彭可欣、風息神涙
作画監督:馮志爽、李根、周達炜、程暁榕、鄭立剛 美術監督:潘婧 撮影監督:梁爽 3D監督:周冠旭
音響監督:皇貞季 音楽:孫玉鏡 制作会社:北京寒木春華動画技術有限公司

<日本語吹替版>音響監督:岩浪美和 音響制作:グロービジョン 
配給:アニプレックス、チームジョイ
シャオヘイ:花澤香菜 ムゲン:宮野真守 フーシー:櫻井孝宏

関連記事:




良かったらランキングUPにご協力ください。
 にほんブログ村 映画ブログ 映画情報へ にほんブログ村 アニメブログ アニメ情報へ